サーブ

強敵相手に、セカンドサーブになったら…?

目次

試合の中で、相手が強敵だと感じたら。

そして、その相手にセカンドサーブになったら…どうしましょう?

普通に打っていけば、かなり厳しい。

ここは、思い切った作戦、考え方が必要かもしれませんね。

あくまで、試合向けな考え方のヒントとして。

やってみるかどうか、はアナタ次第です。

 
 

そもそも、セカンドになったら辛い

リターン優位、になってしまう

格上相手に、セカンドサーブになってしまったら。

もうこの時点で、辛いですよね。

実際、リターン側が優位になっていくでしょう。

私の感覚では、セカンドサーブが入ってもポイント獲得率は30%くらい。

だったら、何かを変えていかないと、と思うんです。

セカンドサーブ、フォルトを恐れない

私が格上相手、と試合をするときにはこれを心がけています。

とにかく、セカンドサーブを入れにいくことはしない。

オーバーフォルト、は恐れないことが大事。

ネットだけはしない、出来るだけ深いサーブを意識する。

セカンドサーブを普通に打っても、入れるだけなら叩かれて劣勢、失点になりますからね。

発想の転換、が大事だと思います。

大事なのは、相手のプレッシャーになること

「この相手なら、セカンドになれば大丈夫だな」

こう思われたら、もう辛いんです。

セカンドサーブでも、相手にどうプレッシャーを与えていくのか。

大事なのは、工夫です。

セカンドサーブの実力、すぐに向上させるのは難しいですから。

思い切って、フォルトを恐れない姿勢、が私は大事だと思いますよ。



試合の序盤にこそ、見せていこう!

セカンドサーブを、しっかり振り切る

軌道を高く、強度を保つ。

ファーストサーブを弱くしたセカンドサーブ、という感じでは絶対に勝てない。

格上相手ですから、普通にセカンドサーブを打ってはダメ。

試合の序盤に、「セカンドも油断出来ないぞ…」と思わせるように。

試合前から、決めて入りましょう。

試合の序盤なら、ダブルフォルトもOK

試合の序盤なら、大丈夫。

ダブルフォルトも、そこまで怖く無いでしょう。

もっと嫌なのは、リターンで強打されて自信を持たせてしまうこと。

ダブルフォルトでの失点を恐れて、こうなることが試合では一番怖い。

ダブルフォルトも、考え方次第、です。

リスクを冒して、勝ちにいこう

強い相手なら、多少のリスクは覚悟しないと。

ましてや、セカンドサーブになった段階ですから、切り替えることが大事。

「このポイントは、あえて勝負に出てプレッシャーをかけよう」と。

試合の序盤では、セカンドサーブも強気でいきましょう。

それが、アナタ自身の強さになるはずですよ。

   

1.5サーブ、を磨いておこう

ファーストとセカンド、の間のサーブ

これを持っておけば、怖くありません。

ファーストサーブとセカンドサーブの間、1.5サーブ。

格上相手で、プレッシャーをかけたいならセカンドサーブは使わない。

あくまで私の作戦ですが、これで結構勝てた試合もありあす。

みなさんも、試してみる価値はあるはずですよ。

「相手が嫌なこと」を考えよう

みなさんも、リターンの立場になって考えてみて下さい。

弱いセカンドサーブが、毎回同じように来ると、楽じゃないですか。

セカンドサーブでも、しっかり打って来る相手は嫌なモノです。

前に踏み込めないし、少し振り遅れてミスになる。

相手が嫌なこと、という発想を持てれば、格上相手でもまだまだやれることはあるはずです。

「勝つんだ」という想いは、サーブに宿る

これは、実際の試合の現場で大事。

勝ちたい、と思う気持ちは、必ずサーブに宿ります。

この気持ちがあると、ダブルフォルトは怖く無いんですよね。

だって、勝てば良い訳ですから。

セカンドサーブを入れても、試合に勝てないと意味がない。

勝つんだ、と本気で想いながら強度のあるセカンドサーブを打つ。

これだけで、格上相手の試合は変わります。



攻撃的なサーブ、今のアナタ自身のサーブでまだまだ繰り出せる。

きっと、アナタ自身がどこかで、セカンドサーブになって弱気になっている節があると思います。

良いじゃないですか、強気であえて見せるダブルフォルト。

それくらいの強気の発想、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある

    サービス力、つまりはサーブの力、ですね。これについて、考えてし…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

    サーブを打つ時のステップってどうなってる?俺の場合は、右足を左…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思ってお…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ
  3. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?
  4. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?
  5. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
PAGE TOP