テニス メンタル

サーブ

サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」必要があるかも知れません

サーブを安定させたい、という想いは、皆さん持っていると思います。

それでも何をしたら良いのか分からない・・・という方、まずはフォルトの種類を確認してみましょう。

オーバーフォルトして飛び過ぎている方は、やはり回転をしっかりかけたい。

その為には、ラケットの当たり方を根本的に見直して変えていく必要があるかも知れません。

 

サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」必要があるかも知れません

 


 

■「当たりが厚い」と、セカンドサーブには向かない

ボールにフラットに当たる形だと、回転はかけ辛い。

サーブを打つ時に、力加減だけで調整するので肝心な場面で調整が難しい

試合で緊張した場面では、入れにいこうとして入らないのが想像できますよね。

しっかり「薄い」当たりにして、サーブを振り切れるように、アナタ自身今が変えていく時なのかも知れません。

 

■思い切ったグリップ改革で、アナタのサーブは生まれ変わる!

「薄い」グリップは、硬式テニス独特の技術。

ソフトテニス出身の方は、かなり違和感があると思います。

コンチネンタルグリップ、とGoogleで調べるとたくさん参考画像が出てきますので、観てみて下さい。

このグリップで手首を返していくようにして、回転をかける工夫をしてみて下さい。

まずは、何事も自分で考えて練習からスタートです!

 

■ラケットを振り切る安定感が増すと、サーブから次のボールに集中できる

しっかり「薄い当たり」振り切るサーブを身に付ければ、試合でかなり楽になります

サーブから次の展開に集中できますので、ラリーからのポイント奪取率も上がるはず!

ボールに対して当たるラケットの表面積は狭くなりますので、最初はかなり不安な打ち方かも知れません。

でもこれが打てて初めて、硬式テニスのサーブになる、くらいの意識を持って取り組んでみましょう。

 

女性では、こういった薄い当たりの回転サーブをしっかり打てる人、実はすごく少ないです。

正直、プロ選手でも怪しい、ごまかしている人がいるくらい。

だからこそ、学生の皆さんや若い方は早い時期からトライしていってもらいたいのです。

また別な記事でも、細かいコツなども紹介できればと思います。

それまで、練習頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  3. サーブ

    サーブとリターン、両方入ると信じ抜くことが大事

    サーブとリターン、テニスはこのショットから始まる。どんなに良…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く握ってみよう

    サーブのトスアップ、皆さん安定して出来ていますか?トスが安定し…

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合で、「スライス回転がしっかりかかったボレー」を返球する為に、必要なス…
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  3. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
  4. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?
PAGE TOP