テニス メンタル

サーブ

サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」必要があるかも知れません

サーブを安定させたい、という想いは、皆さん持っていると思います。

それでも何をしたら良いのか分からない・・・という方、まずはフォルトの種類を確認してみましょう。

オーバーフォルトして飛び過ぎている方は、やはり回転をしっかりかけたい。

その為には、ラケットの当たり方を根本的に見直して変えていく必要があるかも知れません。

 

サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」必要があるかも知れません

 


 

■「当たりが厚い」と、セカンドサーブには向かない

ボールにフラットに当たる形だと、回転はかけ辛い。

サーブを打つ時に、力加減だけで調整するので肝心な場面で調整が難しい

試合で緊張した場面では、入れにいこうとして入らないのが想像できますよね。

しっかり「薄い」当たりにして、サーブを振り切れるように、アナタ自身今が変えていく時なのかも知れません。

 

■思い切ったグリップ改革で、アナタのサーブは生まれ変わる!

「薄い」グリップは、硬式テニス独特の技術。

ソフトテニス出身の方は、かなり違和感があると思います。

コンチネンタルグリップ、とGoogleで調べるとたくさん参考画像が出てきますので、観てみて下さい。

このグリップで手首を返していくようにして、回転をかける工夫をしてみて下さい。

まずは、何事も自分で考えて練習からスタートです!

 

■ラケットを振り切る安定感が増すと、サーブから次のボールに集中できる

しっかり「薄い当たり」振り切るサーブを身に付ければ、試合でかなり楽になります

サーブから次の展開に集中できますので、ラリーからのポイント奪取率も上がるはず!

ボールに対して当たるラケットの表面積は狭くなりますので、最初はかなり不安な打ち方かも知れません。

でもこれが打てて初めて、硬式テニスのサーブになる、くらいの意識を持って取り組んでみましょう。

 

女性では、こういった薄い当たりの回転サーブをしっかり打てる人、実はすごく少ないです。

正直、プロ選手でも怪しい、ごまかしている人がいるくらい。

だからこそ、学生の皆さんや若い方は早い時期からトライしていってもらいたいのです。

また別な記事でも、細かいコツなども紹介できればと思います。

それまで、練習頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

  2. サーブ

    サーブとリターン、両方入ると信じ抜くことが大事

    サーブとリターン、テニスはこのショットから始まる。どんなに良…

  3. サーブ

    今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について

    身長が低い女性の方でも、威力のあるサーブを打つ選手はいます。し…

  4. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも

    サーブ練習、皆さんどんな感じでやってますか?部活でもテニススク…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

特集記事

  1. テニス ミス

    ボレー

    試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!
  2. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます
  5. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる
PAGE TOP