テニス 準備

サーブ

回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?

多少は考えるけど、あまり深くは考えない・・・という方がほとんどだと思います。

アナタがもし200km/h近いサーブとコントロール、を持って入れば何も考えないで打ってもキープ出来ると思いますが、現実は厳しい。

いかに相手の苦手な部分を突いて、自分はリスクを冒さないでサーブをキープ出来るか・・・が大事なポイントだと思います。

今回は、回転系のサーブに焦点を当ててみましょう。

これに弱い人は、確実に存在します。

 

回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

 

1.回転系サーブは女性に有効、という事実

多少の個人差はあると思いますが、私はミックスダブルスの試合をしていても感じます。

女性の方が、回転系のサーブは効く。

なぜなら、リターンからフラット気味にボールを打って来る選手が多いから、です。

回転系のサーブは、回転系のリターンと相性が良い。

スライスサーブはスライスで、スピンサーブは高い打点からスピンで打っていく形が、リターンでも合わせやすい。

でも、回転系のサーブをフラット気味のリターンで返球するのは難しいんです。

女性の方でフラット気味、のリターンを見たときには、積極的にスライスやスピン系でサーブを打ってみる。

ちょっと打点がずれて、良い感じでミスを誘えると思いますよ。

 

2.フォアハンドを大きく空けている選手には、スライスサーブが有効

これも、よくあるケースですね。

皆さんバックハンドリターンが苦手なので、どうしてもフォアハンド側を空けて待っている。

でも、これだと厳しいコースにスライスサーブを打たれると、物理的に触れないんですよ。

相手のリターン位置を確認して、しっかり打てるかどうか。

右利きの方であれば、相手が右利きのケースで必須の考え方です。

特に、デュースサイドですね。

こういう相手の対戦に備えて、スライスサーブは必要だと私は思います。

 

3.足が止まるのが速い、フットワークが重いタイプの選手にも!

回転系のショットって、サーブだけじゃなくて足が止まるのが速いと対応が出来ない。

曲がるボール、バウンド後の変化に柔軟に対応するには、速く足を固定してしまうと難しいですよね。

フットワークが重い、選手こそ回転系のショットが有効なんです。

バウンド後の変化をイメージ出来ない、出来なそうな選手だと感じたら、サーブも速度を落としてどんどん回転系で変化させていきましょう。

スライス、スピンに慣れていない選手はすぐに分かりますよね。

 

4.前に踏み込んで来るタイプのリターンの選手にも有効

試合のレベルが上がってくると、リターンは必ず踏み込んで前で捕らえる選手が増える。

そんなときに、フラット系でサーブを打っていても上手く合わされて良いリターン、になってしまうでしょう。

しっかり回転をかけておけば、ボールがバウンドしてからも失速しない、力を持ったサーブになる。

スピン系のサーブも、高い打点で打たせることで、力が入りにくい場所でリターンを打たせることで優位性を保てるでしょう。

前に入ってくるリターンに、速さで対抗してもダメ。

しっかり良い回転をかけるサーブを磨いて、バウンド後でも重たいサーブを意識してみて下さい。

 

回転系のサーブは、打てるか打てないか、よりも必要性を感じるかどうか。

しっかり打てれば、間違いなく試合で「勝てる相手が増える」でしょう。

回転系に弱い人は、サーブで確実に崩す。

この意識、が試合では大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  2. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

  6. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる
  3. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来
  4. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  5. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
PAGE TOP