テニス サーブ

サーブ

テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲームを守るとき。

相手からしたら、大きなチャンスを逃した・・・という気持ちを引きずってしまいますよね。

プロの世界ではサーブのギアを上げて一気にキープできるというような雰囲気もありますが、一般の皆さんや学生の皆さんは一工夫が必要。

今回はその考え方についてまとめてみます!

 

テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

 


 

■それまでに、「どういうポイントの落とし方」をしているのかを考える

0-40のカウントに至るまでに、どういうポイントの攻防があったのかを冷静に考える必要があります。

イージーミスなのか、または不運なポイントが重なったのか、相手の術中にはまってしまってはいないか・・・。

変えるべきところは、大胆に変えていきましょう

吹っ切れるという言葉が適切かどうか分かりませんが、3連続でポイントを失っている限りは、何かがおかしいと自覚するのが第一です。

 

■テニスにおいて、サービスゲームはサービス側が有利という原則は変わらない

男女、シングルス・ダブルスに関わらず、サービス側が有利という意識は持つようにしましょう。

その優位性を保てば、そのままポイントに繋げることができる。

だからこそ、最初の優位性を保つ意味でもファーストサーブが持つ意味合いは重要になってきます。

0-40になってセカンドサーブを打つ場面は、なるべく作りたくないですよね。

しっかり確率を上げたファーストサーブを、ここぞという場面で打てるように準備しましょう。

 

■「成功体験」を、しっかり自分の中で記しておこう

0-40からのキープに必要なのは、ある種の成功体験です。

過去に苦しい場面でキープできたときの経験、作戦や自信が、アナタ自身の財産であり助けになるはずです。

こういった体験は、意識して自分の中にストックしておく習慣が大切。

テニスノートに書き留めておくと、試合中に思い出すこともできます。

心を込めて書いた言葉や経験は、しっかり記憶されるのです。

 

0-40から挽回してキープするのに、近道はありません。

苦しいからこそ、そこでキープしたゲームは試合の流れを変える。

とすれば、逆にチャンスに活かせるかも・・・と思いませんか?

それくらいのメンタル、切り替えの意識を持てると、テニスの試合でも強くなれます。

あらゆるシチュエーションに対して、事前に出来る限りの準備をしてみて、あとは自信を持ってコート上で表現するだけです。

一つ一つ、積み重ねていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  2. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ

    スピンサーブは、屈強な男性しか打てない。なんて話は、もう昔の話…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ

    サーブが得意!と、自信を持って言える方。女性のみなさんには特に…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

    テニススクールでは、中級以上で並行陣を習うケースが多い。ストロ…

特集記事

  1. サーブ

    シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  4. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK
  5. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値
PAGE TOP