テニス ダブルス

ボレー

テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。

皆さんも経験があるんじゃないでしょうか?

ネットスレスレ、で飛んで来るボールって、ネットの白い部分と重なってしまう。

だから一瞬視界から消えるように見えて、ミスしてしまう・・・ことが増えるのが試合。

「でもそれって、防ぎようあるの?」と思う方も多いですよね。

はい、あります。

あると信じて、まとめてみたいと思います。

 

テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

 

1.なぜ視界から消えるように見えるのか?

特に相手がスライス、で打ってきたときには覚悟が必要です。

スライスはボールの高さが変わらないままに、低い弾道で伸びるようにして迫ってくる。

スライスが上手い相手だと、ネットプレーではこの「ネットの白い部分に重なる」という覚悟が大事。

相手が打ったショットで、自分の打点を瞬時に見極める。

難しいですが、この精度が求められると思っておいて損は無い。

特に試合が強い相手は、スライスも浮いては来ないですからね。

 

2.自分の手元に近付いて反応、では遅い!

ネットの白い部分に重なって慌てる人って、手元にボールが来てから反応している。

相手が打って、その後に行動して構える、打点を決める・・・から遅いんです。

ちょっと視界からボールが消える、だけで大慌て。

そうじゃなくて、相手が打った瞬間に打点をイメージしないと。

多少ずれても、大体のイメージが出来ていれば、低く滑るようなボールでもしっかりボレー出来るはず。

自分の手元に近付いて反応、という悪い癖を直すこと、が第一です。

 

3.相手のネットミス、期待してない?

もっと大きな問題は、これです。

皆さん、どこかで期待してはいないですか・・・?

低く、ネットスレスレを飛んで来るボールを、「ネットにかかって!」と思って期待してしまう。

人は、何かを期待すると身体の動きが止まる。

止まったが最後、ネットを越えても反応出来ない。

「見えなかった・・・ネットかと思った・・・」という悲しい言い訳だけが後に残る。

そんな選手は、試合で勝てる訳無いんです。

 

4.スライスで沈められるのが嫌なら・・・

もう、前に詰める。

ロブが来たら、そこは仕方ない。

自分で走って追いかけるか、後衛にカバーしてもらうしかないでしょう。

ダブルスの試合、ベテランやシニアの上手い選手はスライスで相手の足元、に沈めて来ますからね。

どこかで、「低いスライス、打たせないぞ!」という意志を見せておかないと、どんどん沈められる。

それも、強い選手は知ってるんです。

ネットの白い部分近くを通せば、相手はミスしやすいということを・・・。

 

5.アナタ自身に出来ることは?

まず、ネットを期待しない!

それから、相手が打った瞬間に自分の打点をイメージする癖を付けること、要所で前に詰めてスライスの沈めるショットを潰すこと。

文章で書けば簡単ですが、結構難しいですよね。

でも、こういう小さい「難しいこと」を知っておいた方が、試合で楽。

本当にネットスレスレのスライスをボレーする、なんて試合では数回あるか無いか、でしょう。

でも、その為の準備は決して無駄じゃないはずです。

 

試合巧者の人って、いやらしい。

こういう相手が嫌がることを、小さく小さく、積み重ねて来るんですよね。

「見えにくかったから、仕方ない・・・」と思うのか、「準備不足だったな・・・」と感じるのか。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変えて短期決戦に持ち込み…

    ストロークでガンガン押していくのは得意だけど、ネットプレー、ボレーに苦…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  3. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  4. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安定します!

    ボレーの基本はラケットと顔の距離を近くにすること。ですが、身体…

  6. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打…
  2. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  3. フットワーク

    腰を落とせば、大股で足が出る
  4. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けか…
  5. その他

    テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる
PAGE TOP