テニス ダブルス

ボレー

テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。

皆さんも経験があるんじゃないでしょうか?

ネットスレスレ、で飛んで来るボールって、ネットの白い部分と重なってしまう。

だから一瞬視界から消えるように見えて、ミスしてしまう・・・ことが増えるのが試合。

「でもそれって、防ぎようあるの?」と思う方も多いですよね。

はい、あります。

あると信じて、まとめてみたいと思います。

 

テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

 

1.なぜ視界から消えるように見えるのか?

特に相手がスライス、で打ってきたときには覚悟が必要です。

スライスはボールの高さが変わらないままに、低い弾道で伸びるようにして迫ってくる。

スライスが上手い相手だと、ネットプレーではこの「ネットの白い部分に重なる」という覚悟が大事。

相手が打ったショットで、自分の打点を瞬時に見極める。

難しいですが、この精度が求められると思っておいて損は無い。

特に試合が強い相手は、スライスも浮いては来ないですからね。

 

2.自分の手元に近付いて反応、では遅い!

ネットの白い部分に重なって慌てる人って、手元にボールが来てから反応している。

相手が打って、その後に行動して構える、打点を決める・・・から遅いんです。

ちょっと視界からボールが消える、だけで大慌て。

そうじゃなくて、相手が打った瞬間に打点をイメージしないと。

多少ずれても、大体のイメージが出来ていれば、低く滑るようなボールでもしっかりボレー出来るはず。

自分の手元に近付いて反応、という悪い癖を直すこと、が第一です。

 

3.相手のネットミス、期待してない?

もっと大きな問題は、これです。

皆さん、どこかで期待してはいないですか・・・?

低く、ネットスレスレを飛んで来るボールを、「ネットにかかって!」と思って期待してしまう。

人は、何かを期待すると身体の動きが止まる。

止まったが最後、ネットを越えても反応出来ない。

「見えなかった・・・ネットかと思った・・・」という悲しい言い訳だけが後に残る。

そんな選手は、試合で勝てる訳無いんです。

 

4.スライスで沈められるのが嫌なら・・・

もう、前に詰める。

ロブが来たら、そこは仕方ない。

自分で走って追いかけるか、後衛にカバーしてもらうしかないでしょう。

ダブルスの試合、ベテランやシニアの上手い選手はスライスで相手の足元、に沈めて来ますからね。

どこかで、「低いスライス、打たせないぞ!」という意志を見せておかないと、どんどん沈められる。

それも、強い選手は知ってるんです。

ネットの白い部分近くを通せば、相手はミスしやすいということを・・・。

 

5.アナタ自身に出来ることは?

まず、ネットを期待しない!

それから、相手が打った瞬間に自分の打点をイメージする癖を付けること、要所で前に詰めてスライスの沈めるショットを潰すこと。

文章で書けば簡単ですが、結構難しいですよね。

でも、こういう小さい「難しいこと」を知っておいた方が、試合で楽。

本当にネットスレスレのスライスをボレーする、なんて試合では数回あるか無いか、でしょう。

でも、その為の準備は決して無駄じゃないはずです。

 

試合巧者の人って、いやらしい。

こういう相手が嫌がることを、小さく小さく、積み重ねて来るんですよね。

「見えにくかったから、仕方ない・・・」と思うのか、「準備不足だったな・・・」と感じるのか。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  4. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  5. ボレー

    「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

    ダブルスの試合の前衛、でなかなかポーチに出ることが出来ない人。…

  6. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・

    ボレーを練習していても、試合で使えない人。もしくは、ミスしてし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない
  2. 戦術

    絶不調だったときにどれ位良かったか
  3. テニス イベント

    練習メニュー

    技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス
  4. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込める…
  5. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます
PAGE TOP