テニス 目

戦術

テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

試合が強い選手は、まず目が鋭い。

すごく何かを狙っている雰囲気、ありませんか?

これは、技術の在り無し、は関係無いと思います。

試合の中で何かを狙う、仕掛けるという意識、は誰にでも持てるもの、です。

 

テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

 

1.相手の「自信を折る」ことは、何出来るだろう?

私は、これをイメージしながら、狙うようにしています。

ただ、ポイントを獲るだけじゃない。

どこかで、相手の「自信を砕く」ような仕掛けをしていかないと、テニスの試合は実力差を埋められない。

サーブがすごく強力なら、思い切って予測したり、リターンダッシュしたり。

そうすることで、相手から自信を奪って打てなくさせる。

試合を止めたい、くらいに思わせるつもりでやっています。

狙わないと、こういうきっかけは作れないですからね。

 

2.狙いが上手くなるにも、全ては狙うことから始まる

最初から、そんなに上手くはいきません。

でも、試合の中で何かを狙っていくのって、まず狙い始めないと話にならない。

狙っては逃し、失敗しながら自分で嗅覚を鍛えていくしかないんです。

獲物を狩るような気持ち、アナタにはありますか?

試合の中で、飢えているような気持ち。

本当に試合に勝ちたいなら、それくらいの飢餓感があって良いと思います。

 

3.やらないとやられる、のが競争の世界

だって、やらないと逆に仕掛けられる。

狙いを絞って行動出来ない人は、いつまで経っても後手に回って狩られる立場。

試合前から、自分がどういう狙いで試合に入るのか。

これは、実力に関係なく考えておきましょう。

男性ならサーブ、女性ならストロークを、どこかで攻略して自信を折らないと試合では厳しい。

それくらいの覚悟が欲しいですね。

 

狙うって、楽しいですよ。

自分の目を養っていけば、逆に生存力も身に付く。

相手からの狙い、にも気付くようになるでしょう。

そうなると、テニスの試合は本当に強くなれる。

まぁ、大変ですけどね。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. テニス サーブ

    戦術

    連続ポイント、は意図的に

    テニスの試合は、1ポイントずつ。プレーしては止まり、また結果が…

  3. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

  5. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

  6. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

    「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。こういう人に限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「追い込まれそうなとき」こそ相手のポジションを確認しよう!
  2. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
  3. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?
  4. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
PAGE TOP