テニス 部活

戦術

相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

試合をたくさんこなしていると、皆さんも気付くことがあると思います。

相手も自分も、調子が良い。

なんて試合は、意外と少ないんじゃないかということ。

大事なのは、どちらかが調子が悪い、乱している状態で、どういうプレーが出来るのか。

こういう部分、普通はあまり考えないと思います。

でも、考えておくと色々なことが見えてきますよ。

 

相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

 

1.試合前の感覚を、大事にしよう

「何だか今日は、調子が良さそう・・・」と思うこと、ありますか?

逆に、「調子悪いかもな・・・」と、不安になることもあるでしょう。

試合前って、誰でも自分の調子について、考えますよね。

この感覚、が合っているのか間違っているのか、自分の感覚で良いので大事にしたい。

調子が悪そう、だったら何が出来るのか。

調子が良さそう、でも油断は出来ない。

その調子が最初から最後まで続く、なんてことはテニスの試合では少ないですからね。

自分の感覚の精度が増すと、不思議と試合前も落ち着いて過ごせる。

「調子が悪いなら、こう戦おう」というのが明確になりますからね。

 

2.相手の調子が悪い・・・のって、やり辛い!

でも、「相手の調子が悪いこと」は、ラッキー!だと思いますか?

確かにそういう試合もありますが、結構テニスって、調子が悪い相手も戦い辛い。

ミスが早い相手って、自分もつられてミスが早くなってしまうこともある。

サーブやリターンをミスしてくれるのはありがたいけど、ラリーのポイントが少ないとどこか「乗っていけない」のがテニスですよね。

こういうときに、いかに自分で安定したプレーが出来るのか。

たまにしか入らない相手のファーストサーブ、を、入ったときにビシッと返球出来るかどうか。

これって、強い選手は絶対に大事にしている部分。

調子が悪い相手に、どう対応するのか。

ちょっと考えておく必要があると思いませんか?

 

3.調子が悪い選手には、どんどん打たせよう

私は、これを意識します。

自分から攻撃を急がない、相手が不安定なら、どんどん打たせる。

だって、セカンドサーブを打って来るときなんて、もう相手は「入れる事で精一杯」な訳じゃないですか。

だからリターンはゆっくりでも深く返球して、触らせる。

次で仕留めれば、それで良い。

調子が悪い相手を一気に仕留めたい、と思うとそれはもう黄色信号。

自分の調子も乱していく一番の要因、になりますよ。

 

4.「自分の調子が良い!」ときには、幅を広げておこう!

自分の調子が良い、と感じた時はどうするか。

私なら、自分のプレーの幅を拡げておきます。

サーブの調子が良いなら、ストロークの調子も上げておきたい。

サーブが崩れてきたときにはストロークが良い!という状態にしておきたいので、調子が良いショットは中くらいの威力を維持して、次、次を考えておく。

調子が良いショットだけにこだわっていると、それが入らなくなった時にはもうしんどい、じゃないですか。

自分のテニスを拡げておくのは、試合の中で相手にプレーを見せておく意味でも重要な作戦。

「サーブも良いのに、ストロークも色々やってくるな・・・ネットにも出て来るし・・・」と、相手に思わせれば勝ち。

そんなに上手くいくとは思えない?

調子が良いときって、誰でも訪れるタイミング。

やらないと損、ですよ。

 

試合の中で、調子を見極める。

自分だけでなく相手も、2人セットでテニスの試合は考えましょう。

良いとき、悪いとき、はどんどん試合の中で動いていく。

両方の選手が良い!なんて試合は少ないですからね。

しっかり準備して、テニスの試合に臨みましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さないことが大事!

    テニスの試合で洞察力が鋭い選手は、どこをまず見ているのか。相手…

  2. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる

    そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

    テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という…

  4. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

    どうも最近、自分の成長が止まっている気がする。今いるカテゴリ、…

  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  6. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと…
  3. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習と…
  5. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い
PAGE TOP