リターン

リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケースが多い。

これは、前に入ってリターンするときにも、よくある現象なんです。

なぜ、それは起きるのか。

どうやれば、抑えられるのかを考えておきましょう。

きっと、リターンの安定感はかなり改善されるはずですよ。

 

リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

1.やっぱりサーブは、怖いもの

特に男性のサーブは、やはりスピードもあるし、怖い。

自分に向かって来るようなサーブ、を前に踏み込んでリターンしていくので、恐怖心が身体に出てしまうことは、あります。

ですので、いざサーブのボールが自分に向かって来ると、伸び上がってしまう。

アゴが上がって打点と顔の距離も離れて、リターンがぶれる、安定しない。

まず、この恐怖心から克服していかないといけないんです。

どっしり、沈み込むようなリターン、にしたい。

そのためには、意識して重心を低くする必要があるでしょう。

 

2.前に入っても、重心は低く保つ

つい、前に入っていくと上体が高くなりがち。

まずリターンの時には、少し重心を低めにキープする。

打点と顔の位置を少し近めに取って、頭の位置がぶれないように。

男性でリターンダッシュを武器にする人は、しっかりインパクトしてから前、を徹底しましょう。

流れの中で前にいくのは良いけど、しっかりまず良いリターンを重心低く返す。

この基本、試合で大事ですよ。

 

3.身体が浮き上がらないように、スピンはインパクトでかける

リターンでのスピン回転は、インパクトで。

少しだけ縦回転を与えるように、グッと上にラケットを動かす。

私もやりがちなんですが、身体全体で伸び上がるようにスピンを打とうとすると、大抵上手くいかない。

打点がぶれて、良いリターンにならないんです。

しっかりと目線を低く、身体が浮き上がらないように。

強力なサーブでも、恐怖心を持たずに落ち着いて引き付ける、くらいの感覚で良いでしょう。

 

4.高く弾むサーブは、弾む前に抑え込もう

でも、強い相手は強力なキックサーブを準備している。

こういう高く弾むサーブは、伸び上がらないでリターンするの、かなり難しいですよ。

しっかりライジングで、バウンド後に頂点に達する前に打つイメージ、が大事です。

高く弾ませてしまうと、もう苦しくなる。

しっかりボールのバウンド地点を見極めて、踏み込んでいくこと。

この時も、重心を低く保ちたいですね。

しっかり良いリターン、そこからの攻撃につなげていきましょう。

 

何となく、でリターンしていると、こうなります。

気が付けば、基本が出来ていない、どこか雑になっているはず。

試合で最初のリターンゲームから、集中して入りましょう!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  2. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

  4. テニス ボレー

    リターン

    シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

    シングルスの試合、サーブよりリターンを改善したい。もちろんサー…

  5. リターン

    相手に差を見せる、ことがリターンゲームでは大事

    差を作って、相手に意識させること。これが、リターンゲームでは…

  6. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?
  4. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?
PAGE TOP