リターン

リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケースが多い。

これは、前に入ってリターンするときにも、よくある現象なんです。

なぜ、それは起きるのか。

どうやれば、抑えられるのかを考えておきましょう。

きっと、リターンの安定感はかなり改善されるはずですよ。

 

リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

1.やっぱりサーブは、怖いもの

特に男性のサーブは、やはりスピードもあるし、怖い。

自分に向かって来るようなサーブ、を前に踏み込んでリターンしていくので、恐怖心が身体に出てしまうことは、あります。

ですので、いざサーブのボールが自分に向かって来ると、伸び上がってしまう。

アゴが上がって打点と顔の距離も離れて、リターンがぶれる、安定しない。

まず、この恐怖心から克服していかないといけないんです。

どっしり、沈み込むようなリターン、にしたい。

そのためには、意識して重心を低くする必要があるでしょう。

 

2.前に入っても、重心は低く保つ

つい、前に入っていくと上体が高くなりがち。

まずリターンの時には、少し重心を低めにキープする。

打点と顔の位置を少し近めに取って、頭の位置がぶれないように。

男性でリターンダッシュを武器にする人は、しっかりインパクトしてから前、を徹底しましょう。

流れの中で前にいくのは良いけど、しっかりまず良いリターンを重心低く返す。

この基本、試合で大事ですよ。

 

3.身体が浮き上がらないように、スピンはインパクトでかける

リターンでのスピン回転は、インパクトで。

少しだけ縦回転を与えるように、グッと上にラケットを動かす。

私もやりがちなんですが、身体全体で伸び上がるようにスピンを打とうとすると、大抵上手くいかない。

打点がぶれて、良いリターンにならないんです。

しっかりと目線を低く、身体が浮き上がらないように。

強力なサーブでも、恐怖心を持たずに落ち着いて引き付ける、くらいの感覚で良いでしょう。

 

4.高く弾むサーブは、弾む前に抑え込もう

でも、強い相手は強力なキックサーブを準備している。

こういう高く弾むサーブは、伸び上がらないでリターンするの、かなり難しいですよ。

しっかりライジングで、バウンド後に頂点に達する前に打つイメージ、が大事です。

高く弾ませてしまうと、もう苦しくなる。

しっかりボールのバウンド地点を見極めて、踏み込んでいくこと。

この時も、重心を低く保ちたいですね。

しっかり良いリターン、そこからの攻撃につなげていきましょう。

 

何となく、でリターンしていると、こうなります。

気が付けば、基本が出来ていない、どこか雑になっているはず。

試合で最初のリターンゲームから、集中して入りましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. リターン

    リターンのストレートアタック、アウトはOK

    ダブルスの試合で、最初のポイント。以前にも書きましたが、私は…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  4. リターン

    ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本

    試合で、相手がスライスサーブを打って来る。その時に、どういうリ…

  5. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう
  2. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで
  3. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている
  5. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
PAGE TOP