テニス ダブルス

リターン

リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみなさんへ。

前に踏み込んで、そこからストレートってなかなか難しいですよね。

でも、ちょっとしたコツを掴めば大丈夫。

ラケット面だけで、ストレート方向へコントロール出来るようになりますよ!

 

リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

 


 

1.リターン改革、でいこう!

思い切って、変えることが大事だと思います。

リターンのコースを打ち分ける、ということ。

今まで、どこかストロークの延長線上で考えてはいませんでしたか?

私は、それでは難しいと思っています。

リターンはストロークとは分けて、ボレーの感覚でラケット面で打ち分けて良い。

なぜなら、ベースラインよりも内側、前に入って打つショットだから。

前に入って壁を作る、ことを意識出来ればリターンは確実に打ち分けられるようになります。

 

2.ストレートにボールを飛ばす、ラケット面は出来てる?

リターンの時には、そんなにスウィングは出来ません。

それこそ、速いサーブは当てるだけ、が精いっぱいでしょう。

ですから、ストレートにしっかり打つ為には、ラケット面が出来ているかどうか、が鍵になります。

当てるだけで、まずストレートに飛んでいくようなラケット面、が出来ているかどうか。

ここの意識、が強く持てているかが大事です。

ラケットの振り、スウィングでコントロールしようとしている人は、まだまだたくさんいます。

遅いサーブならそれでも打てますが、速く正確なサーブは難しいでしょう。

自分でどういうラケット面を作っているのか、を再度意識してみましょう。

 

3.壁を作って、引き付ける

ラケット面さえ出来ていれば、何も心配ありません。

あとは自分自身が、壁になるようなイメージ。

その壁に、ボールを引き付けていく。

予めポジションを前にしておいて、壁ですからあまり動き過ぎる必要はありません。

しっかり、ボールを跳ね返していく。

相手前衛に向かって、ボールを飛ばす。

強打する必要は全くありません、相手に触られてもOK。

しっかりと自分が壁になって、思ったところにはね返すこと、がリターンでは大事です。

 

4.ストレートに打つ、のは最初に決めておこう!

いつ決めるの?と言えば、ポイント前です。

ダブルスなら、しっかりパートナーに伝えておかないとダメですからね。

ストレートに打つと決めるのは、いつだってかなり前、です。

「次ストレートに打つね」と伝えたら、もうラケット面を準備にかかる。

相手がサーブを打つ構えをする頃には、「こういう角度で、ここで当てていこう」という具体的なイメージまで持てるように。

ストレートに打つ、壁になってはね返していく。

試合では、これでいきましょう!

 

ストレートへのリターンは、打つというより運ぶという感じ。

強打して決まるのも、運んで決まるのも、テニスでは同じポイントですからね。

小さい動作で運べた方が、その次のボールまでしっかり対応出来ます。

ぜひ、意識してダブルスのリターンに使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  2. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  4. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  5. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!

    少し前までは、異端なショットだったかもしれません。でも、現代…

  6. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています
  3. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト
  4. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる
PAGE TOP