テニス メンタル

リターン

センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。

ダブルスでもシングルスでも、センターへのサーブが厳しくなる。

これには、しっかり踏み込んだリターンで対応しないと難しい。

前に出るのが怖い、という人は、どこかで壁を破らないと。

今回は、その理由についても考えてみましょう。

 

センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

 

1.なぜ、リターン側が前に出ないと難しいのか?

答えは、シンプルです。

センターへのサーブが、サーブとしては最短距離でのサーブ、になるから。

ネットの中心は高さも低いので、フラット系のサーブも入りやすい。

そのうえ、最短距離で自分の横を通過してくサーブ、ですからね。

下がって触ること、もレベルが高くなってくると難しい。

対戦相手のレベルが上がると、コントロールも良いですしね、サーブの。

それに、しっかりセンターに入るとサーブ側の作戦も立てやすいんです。

 

2.コートの中心奥からは、攻撃出来ないのがテニス

これが一番、でしょう。

センターへのサーブが重宝されるのは、次の展開が進めやすいから。

コートの真ん中、奥からはテニスは攻撃が難しいですから。

シングルスでもダブルスでも、打てるリターンのコースが限られてしまう、だからみんなセンターに打つのが基本になる。

「うん、今日の相手はセンターに打っておけば問題無いな」と思われたら、終わりです。

リラックスしてどんどんサーブも良くなる。

そうなる前に、しっかり前に踏み込んで対抗していかないと。

前に入れば、相手サーバーだってプレッシャーがかかってくるはずです。

 

3.ライジングショットの感覚で、高い打点で

出来るだけ、これを意識しましょう。

バックハンドでも、しっかり前に入って高い打点で打つ。

ライジングショット、をしっかりイメージしながら。

相手のサーブの持っているボールの力、を使うイメージでいきましょう。

アナタ自身は、力む必要はありません。

それこそ、ボレーのようにラケット面をシンプルに作る。

これだけで、かなり返球確率が上がるはずです。

最悪、入らなくても良い。

とにかく、前に入るだけで相手のサーブ側は絶対に嫌なはずですから。

 

4.サーブの後の守備、を相手に考えさせよう

私がサーブ側なら、嫌です。

だって、前に入って来るということはリターンのタイミングが速くなってくるということ。

サーブを打った後、早く構え直してステップも早く止まらないといけない。

サーブ&ボレーだって、あまり前には行けなくなりますよね。

後ろでリターンしてくれている分には、すごく楽なんですけど・・・。

多少ミスがあっても、リターンでどんどんプレッシャーをかけていくこと。

これが、センターへのサーブへの最高の対抗策になるはずです。

 

踏み込んで、前でリターン・・・難しい!

そうです、実際には難しいです。

でも、繰り返しますが、アナタなりに工夫していくことが大事。

対抗していくことで、相手が必ず乱れてくれますから。

ぜひ、格上相手に試してみて下さいね!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  2. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  3. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  4. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  5. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

    テニスの試合で厄介なモノ・・・たくさんありますが、右利きの方で左利きの…

  6. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です
  3. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
PAGE TOP