リターン

リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。

前に入ること、予測すること、の重要性を書いて来ましたが、今回は腕と足の使い方について。

男性でも女性でも、ジュニアでもシニアでも。

現代テニスに必要な、コンパクトなリターンを磨いていきましょう。

 

リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

 


 

1.フォロースルーと踏み込み足を揃える

やり方はシンプルです。

フォロースルーと、踏み込んでいく足のタイミングを合わせる。

これだけ、です。

まず、踏み込んでいく足、をしっかり作ることが大事。

リターンは止まって打つもの、と無意識に考えていると攻撃力は身に付きません。

まず、踏み込みながら打つこと。

これが出来るようになれば、あとはラケットを前に出すタイミングを合わせるだけです。

 

2.例えば、フォアハンドリターンなら・・・

私は右利きですが、出すのは左足を右腕。

右腕でラケットを持って、前にフォロースルー、ここで左足も同時に踏み込む。

このステップ、をぜひ素振りで練習してみて下さい。

足と腕を合わせる、のはリターンで必須。

リターンの時って、そこまで動く時間はありませんよね。

だからこそ、タ・ターンという感じで2歩くらい動いて終わる。

その2歩目と、ラケットが前に出ていく瞬間を合わせる。

これだけ、で必ずリターンの攻撃力は上がります!

 

3.前に踏み込む、以外にも使える!

でも、相手のサーブが厳しい場面もある。

ですが、やることは一緒です。

フォアハンドリターンで、大きな歩幅で横に動いて打つ場合でも、ラケットを出すのと左足、は一緒のタイミング。

それが前か横か、の問題でしょう。

セカンドサーブでは、前に踏み込みたいですけどファーストは無理しない。

外側に踏み込みながら、ラケットを出す。

こういうリターンも、覚えると攻撃に使える。

最後のラケット面だけでストレートに展開したり、も出来るようになりますよ。

バックハンドも、一緒です。

錦織選手のリターンの踏み込み足、に注目してみましょう。

 

4.足で攻撃していく、意識で

リターンの攻撃力、アップの源は下半身。

足を使って、パワーをアップさせていく。

上半身は、フォロースルーのタイミングを合わせるだけ。

この意識、で試合に入るとすごく楽になります。

コースを読んで、踏み込んでいく、ラケットを同じタイミングで出していく。

セカンドサーブをアタックして、その流れで前に出るのも良いですね!

ダブルスでも、非常に使えるテクニックです。

 

止まって打つと、リターンは難しいですよ。

かといって、動きながらは・・・という方は、フォロースルーを合わせるだけ。

これで良いでしょう、試合でも。

リターンの調子が悪い時は、このタイミングが合っていないだけ。

ぜひ、ヒントにしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  4. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  5. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

    テニスの試合で厄介なモノ・・・たくさんありますが、右利きの方で左利きの…

  6. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない
  2. テニス 準備

    リターン

    テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターン…
  3. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い
  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
PAGE TOP