リターン

リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。

前に入ること、予測すること、の重要性を書いて来ましたが、今回は腕と足の使い方について。

男性でも女性でも、ジュニアでもシニアでも。

現代テニスに必要な、コンパクトなリターンを磨いていきましょう。

 

リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

 


 

1.フォロースルーと踏み込み足を揃える

やり方はシンプルです。

フォロースルーと、踏み込んでいく足のタイミングを合わせる。

これだけ、です。

まず、踏み込んでいく足、をしっかり作ることが大事。

リターンは止まって打つもの、と無意識に考えていると攻撃力は身に付きません。

まず、踏み込みながら打つこと。

これが出来るようになれば、あとはラケットを前に出すタイミングを合わせるだけです。

 

2.例えば、フォアハンドリターンなら・・・

私は右利きですが、出すのは左足を右腕。

右腕でラケットを持って、前にフォロースルー、ここで左足も同時に踏み込む。

このステップ、をぜひ素振りで練習してみて下さい。

足と腕を合わせる、のはリターンで必須。

リターンの時って、そこまで動く時間はありませんよね。

だからこそ、タ・ターンという感じで2歩くらい動いて終わる。

その2歩目と、ラケットが前に出ていく瞬間を合わせる。

これだけ、で必ずリターンの攻撃力は上がります!

 

3.前に踏み込む、以外にも使える!

でも、相手のサーブが厳しい場面もある。

ですが、やることは一緒です。

フォアハンドリターンで、大きな歩幅で横に動いて打つ場合でも、ラケットを出すのと左足、は一緒のタイミング。

それが前か横か、の問題でしょう。

セカンドサーブでは、前に踏み込みたいですけどファーストは無理しない。

外側に踏み込みながら、ラケットを出す。

こういうリターンも、覚えると攻撃に使える。

最後のラケット面だけでストレートに展開したり、も出来るようになりますよ。

バックハンドも、一緒です。

錦織選手のリターンの踏み込み足、に注目してみましょう。

 

4.足で攻撃していく、意識で

リターンの攻撃力、アップの源は下半身。

足を使って、パワーをアップさせていく。

上半身は、フォロースルーのタイミングを合わせるだけ。

この意識、で試合に入るとすごく楽になります。

コースを読んで、踏み込んでいく、ラケットを同じタイミングで出していく。

セカンドサーブをアタックして、その流れで前に出るのも良いですね!

ダブルスでも、非常に使えるテクニックです。

 

止まって打つと、リターンは難しいですよ。

かといって、動きながらは・・・という方は、フォロースルーを合わせるだけ。

これで良いでしょう、試合でも。

リターンの調子が悪い時は、このタイミングが合っていないだけ。

ぜひ、ヒントにしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  2. リターン

    みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

    テニスの試合で、あるあるな話。私たちは練習で相手とラリーする、…

  3. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  4. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

    ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみな…

  6. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解
  2. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる
  4. サーブ

    セカンドサーブで行き詰まったら、この作戦
  5. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない
PAGE TOP