テニス メンタル

その他

日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法

日常生活の中で、テニスに強くなる。

こういう発想は、すごく大事です。

テニスコートで練習出来る時間は限られているけど、実はちょっとした意識でテニス脳は鍛えられる。

今回は、ちょっとした隙間時間に楽しみながらトレーニング出来るアイデアをまとめてみました。

 

日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法

 


 

1.車のナンバープレートで暗算

テニスは、常に数字を組み合わせながら試合を進める競技。

暗算力って、大事だと思いますよ。

数字を足したり引いたりしながら、車のナンバープレートの数字を見てみましょう。

4つ並んだ数字を足したり引いたり、かけたり割ったりしながら「10」になるように計算してみる。

頭のトレーニングだと思って、やってみて下さい。

試合での何気ない数字のカウント、もスムーズになるはずです。

 

2.見かけた人の、性格予想

テニスの試合は、ほとんど初対面の人との試合が多い。

「この人は、どんな人だろう?」と考えながら試合を始めて、テニスをする。

普段の日常生活の中で、「この人は何を考えてる、どんな人だろう」ということに、興味関心を持つことは大事です。

もちろん結果は分かりませんが、自分の身の回りの人に興味を持つこと。

そして、予測してみること、はすごく大事なトレーニング。

普段から意識出来ていれば、実際の試合でも、小さい特徴やヒントに気付きやすくなるはずです。

 

3.違う道を通ってみる

いつもの自宅への帰り道、毎回基本は同じですよね。

でも、これを少し変えてみると、新しい発見がある。

試合の中でも、少し違う道でチャレンジするような場面、あるはずです。

未知との遭遇、と言えば大げさですが、非日常を自分から求めていく姿勢が大事なんですよね。

ちょっとしたことには、驚かなくなりますし。

毎回同じ道、で帰るよりも少し外れてみる。

これも、私はテニス選手に必要なバイタリティだと思います。

 

4.しっかり掃除をしてみる

「掃除」なんて、何がテニスに関係あるのかと思いますよね。

普段、家の中を掃除してる方も、少し時間をかけてじっくりやってみて下さい。

きっと、新しい気付きが生まれるはずなんですよね。

そして、「なぜ?」という想いも湧き上がって来るはず。

「なぜ、ここはこんなに汚れるのか」

「こんなところに、こんなものが落ちているのか・・・」と。

小さい気付きが、自分を知るきっかけになる。

強いテニス選手って、身の回りもキレイですからね。

ちょっとして意識で、掃除だって大事なトレーニングになります。

 

5.自分の意見を持つ、ハッキリさせておく

普段の仕事でもプレイベートでも、しっかり自分の意見を持っておくこと。

これは、テニスの試合で非常に大事な部分です。

自分自身の意見、考えがあるから、それを相手にぶつけていける。

自分自身の主体性があるから、練習にも積極的になれる。

普段の生活って、意識しないとどうしても受動的になってしまうじゃないですか。

小さいことですが、社会問題や会社の会議、家庭の中での決め事に、自分の意見を持っておく。

そして、「それはなぜなのか?」をハッキリさせておく。

小さいことですが、これは全てテニスにつながる良いトレーニングになるはずです。

 

日常の中で、全てをテニスにつなげていく。

「そこまで、熱くなれないんですが・・・」という方も、騙されたと思ってやってみて下さい。

テニスにつながる、ということは仕事やプレイベート、人生にも確実につながるということ。

ちょっとした日常も、良い刺激やトレーニングになるはず。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはまだまだ上達していく

    「今年はもっとボレーを上手くなりたかったのに・・・あまり上達しなかった…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  4. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  5. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  6. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち

    テニス選手の活動をしていると、いろんな体験をする。それはキツイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
  2. 戦術

    4ポイントのシナリオ、を意識してみよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある
  4. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか
  5. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる
PAGE TOP