テニス メンタル

その他

日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法

目次

日常生活の中で、テニスに強くなる。

こういう発想は、すごく大事です。

テニスコートで練習出来る時間は限られているけど、実はちょっとした意識でテニス脳は鍛えられる。

今回は、ちょっとした隙間時間に楽しみながらトレーニング出来るアイデアをまとめてみました。

 

日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法

 


 

1.車のナンバープレートで暗算

テニスは、常に数字を組み合わせながら試合を進める競技。

暗算力って、大事だと思いますよ。

数字を足したり引いたりしながら、車のナンバープレートの数字を見てみましょう。

4つ並んだ数字を足したり引いたり、かけたり割ったりしながら「10」になるように計算してみる。

頭のトレーニングだと思って、やってみて下さい。

試合での何気ない数字のカウント、もスムーズになるはずです。

 

2.見かけた人の、性格予想

テニスの試合は、ほとんど初対面の人との試合が多い。

「この人は、どんな人だろう?」と考えながら試合を始めて、テニスをする。

普段の日常生活の中で、「この人は何を考えてる、どんな人だろう」ということに、興味関心を持つことは大事です。

もちろん結果は分かりませんが、自分の身の回りの人に興味を持つこと。

そして、予測してみること、はすごく大事なトレーニング。

普段から意識出来ていれば、実際の試合でも、小さい特徴やヒントに気付きやすくなるはずです。

 

3.違う道を通ってみる

いつもの自宅への帰り道、毎回基本は同じですよね。

でも、これを少し変えてみると、新しい発見がある。

試合の中でも、少し違う道でチャレンジするような場面、あるはずです。

未知との遭遇、と言えば大げさですが、非日常を自分から求めていく姿勢が大事なんですよね。

ちょっとしたことには、驚かなくなりますし。

毎回同じ道、で帰るよりも少し外れてみる。

これも、私はテニス選手に必要なバイタリティだと思います。

 

4.しっかり掃除をしてみる

「掃除」なんて、何がテニスに関係あるのかと思いますよね。

普段、家の中を掃除してる方も、少し時間をかけてじっくりやってみて下さい。

きっと、新しい気付きが生まれるはずなんですよね。

そして、「なぜ?」という想いも湧き上がって来るはず。

「なぜ、ここはこんなに汚れるのか」

「こんなところに、こんなものが落ちているのか・・・」と。

小さい気付きが、自分を知るきっかけになる。

強いテニス選手って、身の回りもキレイですからね。

ちょっとして意識で、掃除だって大事なトレーニングになります。

 

5.自分の意見を持つ、ハッキリさせておく

普段の仕事でもプレイベートでも、しっかり自分の意見を持っておくこと。

これは、テニスの試合で非常に大事な部分です。

自分自身の意見、考えがあるから、それを相手にぶつけていける。

自分自身の主体性があるから、練習にも積極的になれる。

普段の生活って、意識しないとどうしても受動的になってしまうじゃないですか。

小さいことですが、社会問題や会社の会議、家庭の中での決め事に、自分の意見を持っておく。

そして、「それはなぜなのか?」をハッキリさせておく。

小さいことですが、これは全てテニスにつながる良いトレーニングになるはずです。

 

日常の中で、全てをテニスにつなげていく。

「そこまで、熱くなれないんですが・・・」という方も、騙されたと思ってやってみて下さい。

テニスにつながる、ということは仕事やプレイベート、人生にも確実につながるということ。

ちょっとした日常も、良い刺激やトレーニングになるはず。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

    試合中に、どういうスタンスで自分と向き合うのか。この問題につい…

  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

  3. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いアドバイスはありますか…

    今回は、男性中学生の方から頂いた質問です。よく「テニスは性格が…

  4. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

  5. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  6. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  2. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう…
  3. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ
  4. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事
  5. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
PAGE TOP