テニス テイクバック

ストローク

バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識していこう!

全米オープンも佳境に入り、錦織選手の活躍も光ってますね。

改めて、ハードコートでの戦い方を考えるときにこの「バックハンド側に高く弾むボール」への対応は、大事だなと実感。

特に錦織選手のように上背が無い選手は、当然相手からも攻撃されやすい。

皆さんも試合の中で、苦労しているポイントじゃないでしょうか?

バックハンド側に高く弾むボールを下がって打つ、そこに未来は無いのです。

 

バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識していこう!

 


 

■下がれば下がるほど、テニスコートは守れない

後ろに下がって返球、というのは一見効率的な守備に見えます。

ですが、テニスというスポーツでは後ろに下がるほど、相手が打てるコースは拡がるばかり。

前のドロップショットはもちろん、ワイドへのショートクロス、全てのコースが下がることによって守りにくくなるのです。

相手が打つ地点から離れすぎると、守備が出来る範囲は狭くなる。

だからこそ、バックハンドの高い軌道のストロークは、下がって打っても未来がない。

コートの後ろ、にポジションを下げられることへの危機感をしっかり持つことが大事です。

 

■ベースラインの1歩後ろ、からライジングショットが基本

ライジングショットを基本とする。

これには、かなりの覚悟と練習が必要です。

技術的な練習や判断力も大事ですが、まず大事なのはアナタの決断力。

「これからは、バックハンドの深いボールは下がらない、ライジングで打っていく」というスタイルに、変えていけるかどうか。

錦織選手という最高のお手本がいるわけですから、たくさん動画を観て盗みましょう。

身近にも良いお手本はたくさんいるはず。

バックハンドを攻撃されても、うろたえないように練習していきましょう。

 

■下半身から決めて、ボールがバウンドする前にラケットを振り出す

以前にもライジングショットについて書きましたが、大事なのが速く打点に入ること。

しっかりスタンスを決めて、ボールがバウンドする前にラケットのスウィングを初めていく意識が大事です。

打点は腰から胸、の高さが一番打ちやすいはず。

ハードコートはバウンド後のボールに力がある、その力を利用して向きを変えてあげるイメージでいきましょう!

そんなに激しく振っていく、打っていく必要は無いと思います。

コチラの動画では、後ろに下がらないで打つ、錦織選手の意識がはっきり分かるストロークが観られますね。

 

 

 

最初はタイミングを合わせる、ことが難しいでしょう。

ですが、下がって相手に決められて失点するよりは、前でさばいて失敗する、方が未来があります。

コンパクトな振りで、速い準備、だけまずは意識しましょう。

相手にバックハンドを攻められてズルズル負けてしまう、のはもう終わりにしましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

  2. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?…

    試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテ…

  3. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

    バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。…

  5. ストローク

    勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?

    試合に強い人は、最後までしぶとい。本当に粘り強い人って、トーナ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる

    みなさんの試合の中で、ストロークのミスが増える時それはどんな時…

特集記事

  1. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
  2. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  3. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう
  4. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  5. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントと…
PAGE TOP