テニス メンタル

テニス知識

テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落とすための洗濯術とは?

高校時代、私はいつもクレーコートでの練習ばかり。

そこで問題になるのが、ソックスの汚れ。

普通に洗濯しているだけだと、白いソックスはどんどん汚れていくだけ。

新しいソックスを買うのもお金がかかるし、でも試合ではキレイなソックスで戦いたいし・・・と考えて、結構試行錯誤してました。

大学で一人暮らしを初めてから、色々試してみて一番効果的だった方法、お教えします!

 

テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落とすための洗濯術とは?

 


 

■ソックスが汚いと・・・テンションが上がらない

最初は、仕方ないと思って諦めてました。

ソックスは汚れるもの、練習だし仕方ない・・・と。

でも実際は、汚れてきたソックスを履いていると気持ちが乗らないですよね。

決して汚いわけじゃないんだけど、白いソックスがだんだん茶色くなっていくのは気持ち悪い。

一緒に洗濯するのも何だか嫌になってくる。

ここは、簡単な洗濯術を身に付けて、なるべく白さが保てるようにしていきましょう!

 

■土や泥の汚れは、家庭用洗剤では落ちない

そもそも、クレーコートの汚れは土や泥に近い。

泥汚れが通常の家庭用洗剤で落とし辛いのには、理由があります。

家庭用洗剤では、水に溶かして落とすか、油汚れのように浮かして落とすのか・・・大きくはこの2つの方法でしか、汚れを落とすことが出来ないので、どちらにも当てはまらない泥汚れは落とせないのです。

じゃあ、どうするか・・・と考えると、事前に少し特別な対応をしてあげるだけでOK。

 

■固形洗剤とつけ置き洗いで、白さは保てる!

用意するのは、固形洗剤の「ウタマロ」と液体洗剤の「アリエール」。

ウタマロは泥汚れを落とすのに適した石鹸で、ドラッグストアにも置いてあることが多いです。

 

 

アリエールは液体洗剤のタイプを選択。

色々な洗剤で試しましたが、私の中ではアリエールが一番落ちたような気がします。

 

まずは土や泥を出来るだけはたいて落とし、ウタマロを水で泡立てながらこすり洗い。

このとき、使い古した歯ブラシなどがあると、汚れを掻き出せて便利。

掻き出さないと、泥汚れは落ちません。

そしてその後は、汚れがひどい箇所に液体洗剤のアリエール塗って、1時間くらい置いておきます。

家の流しでやってしまうと迷惑になるので、ビニール袋のようなものに入れると良いでしょう。

その後は、普通に洗濯機で洗えば完了!

10分くらいのこのひと手間、でみなさんもぜひ実感してみて下さい。

 

高校生の皆さん、家の洗濯機ではソックスの汚れは落ちません。

まずは自分の手でひと手間、加えてみませんか?

自己管理も、テニス選手の実力の一部。

ソックスを大事にできる選手は、絶対に試合でも強くなる。

節約にもなりますし、ぜひ一度試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. + POWER CUP について
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ

    毎日暑い日が続いてますが、この夏こそテニスの強さが問われるシーズン。…

  3. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

    「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・…

  4. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  5. テニス 練習

    テニス知識

    「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

    個人でも部活の練習でも、「ボールカゴ」で何を使うか・・・は皆さん悩みの…

  6. テニス知識

    「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが大切

    俺は比較的、故障が少なかった選手だったと思う。一度靭帯損傷の怪…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確
  2. ストローク

    テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない
  4. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう
  5. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない
PAGE TOP