テニス ストローク

シングルス

テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。

サーブ、リターン、そしてアナタが打つ3球目のボールをどう展開していくイメージで戦うか。

特にシングルスの試合では、この展開力が大きな武器になるのでしっかり身に付けておきたいところ。

攻撃のイメージがしっかり出来ていれば、サービスゲームでも自信を持って臨むことが出来ますよね。

どんな意識が必要かを、今回は考えてみましょう。

 

テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

 


 

■サーブはまず、相手を動かすのが目的と考える

サーブで必要なのは、しっかり相手を動かす意識。

速いサーブでも、相手が打ちやすいタイミングとコースに打っていては、3球目で攻撃できるボールは来ない可能性が高い。

相手をしっかり動かすことができれば、それだけ態勢も崩れやすくオープンスペースも出来る。

センターへのサーブは相手リターンも攻撃し辛く、左右に均等なスペースが出来ますので相手も守り辛い。

ワイド方向へのサーブははっきりオープンスペースが出来ますので、そこを活用していくのが基本的な作戦になります。

 

■相手リターンの癖を早めに見抜く

サーブでしっかりコースに打てれば、遅くても大丈夫。

きっとリターンの癖が、見えてくるはずです。

テニスにおいて、大抵試合で勝てない選手は、リターンにバリエーションが無い。

バックハンドはスライスだけ、センターへのサーブは山なりで返してくる、など、どこかに特徴と穴が見えてくるはずです。

その癖を見抜くことが、3球目で攻撃していくアナタにとって重要なミッションです。

傾向さえ分かればサーブを打ったと同時にポジションを少し調整して、「待ってました!」と攻撃していくようなポイントが増えてくるでしょう。

 

■攻撃のパターンを両サイドで最低2つ、できれば3つ欲しい

アドバンテージサイド、デュースサイドの両サイドで、作戦をしっかり用意しましょう。

ワイドに入れて、出来たオープンスペースへライジングショットで攻撃していくセンターへのサーブは思い切ってサーブ&ボレーに出る、等、どんなパターンでもOKです。

大事なのは、アナタの武器を確認しておくこと。

自信のあるショットで展開していきたいので、そこから逆算して「打ちたいショットに、相手のボールを誘導する」ような意識を持ちましょう。

この攻撃パターンが3つくらいあれば、相手も迷ってくる。

安易なリターンが出来ない、と考えれば、それだけ無理をしてミスが増えてくるかも知れません。

 

サーブに力のある選手ほど、この3球目の意識を強くすることで試合に強くなります。

アナタ自身、「良いサーブを打ちたい・・・!」という意識が強いかも知れませんが、ここは意識を変えましょう。

3球目までセットで、アナタのサーブと考えてみてはどうでしょうか?

1球目のサーブで仕留められなくても、その返球でしっかりポイントに繋げれば良い。

結果5球目、7球目になるかも知れませんが、大事なのは3球目でどういう展開で相手にプレッシャーをかけたかどうか。

試合の中で、意識してサービスゲームを行うだけで、きっとキープ率が上がるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  4. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン

    シングルスの試合、まず一つ攻撃のパターンが欲しいと思ったとき。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メ…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう
  3. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト
  4. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」
PAGE TOP