テニス ストローク

シングルス

意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、改めて感じました。

この作戦、本当に有効です。

ネットプレーが怖い、抜かれそう・・・という方も、騙されたと思って試してみて欲しい作戦です。

 

意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

 

1.ボールが「弾まない」オムニコートの特性を活かす

オムニコートって、基本的にあまりボールが弾まない。

コートの状況や天候、にもよりますが、バウンド後にボールが失速するので打点が低くなりがちですよね。

特に、浅いボールはその傾向が強い。

ストロークのラリーでも、浅いボールってオムニコートだと処理し辛くないですか?

今回は、この点を突いてネットプレーにつなげる作戦。

特に相手のバックハンド、は狙い目ですね。

 

2.ゆっくりスウィングして、意図的に浅いボールを打ってみよう

コツは、「ゆっくり、ゆったりラケットを振ること」です。

少しだけ打点が後ろ、でも良いでしょう。

そうすると、自然にストロークのボールは浅くなります。

それも、打つフォームが変わらないから相手は良い感じに相手は「深いかも」と思ってくれる。

相手のバックハンドを低い打点、でスライスで処理させるようなところ、が引き出せれば大成功!

相手の様子を見つつ、スススッと前に出てそのスライスを仕留めましょう。

 

3.スライスロブ、も頭に入れておく

相手が気付くのは、打つ直前。

「前にいる!」と思ったら、そこからロブ、で切り返してくる可能性も高い。

安心してください、スライスロブは怖く無い、絶対に打ち切れる。

前に出ながら、相手のラケット面を見て打ち出されたボールの角度、でロブを判断したら素早く下がりましょう!

このボールは、絶対に落とさない、ハイボレーで良いのでノーバウンドで処理すること。

相手を走らせるボールは、充分に打てるはずです。

しっかりボレーで攻撃していく、一連の流れを意識しましょう!

 

相手は、やられた気がしないでしょうね。

浅いストロークからの作戦、にはまっていることに気付くのは試合の後、かも知れません。

シングルスでは、後ろの打ち合いからどう展開していくか、が肝になる。

ぜひ、攻撃パターンに入れておいて下さい。

絶対に損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは…

  6. テニス 練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!
  2. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
  3. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
  5. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど
PAGE TOP