テニス メンタル

ストローク

「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

学生や若い方とテニスをすると、本当に鋭くて良いボールを打つ方が多い。

それでも、少し前に移動したり、低いボールになると・・・途端に崩れていくケースが多くなります。

練習から、そういうボールをしっかりワンバウンドで打てるよう、追いかけていますか?

2バウンドで返球する癖が付いていれば、試合で戦うなど論外です。

 

「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

 

1.テニスは浅いボールを引き出すスポーツ

プロテニス選手の試合、ジュニアでも上のレベルになると、浅いボールはチャンスボール。

サービスライン内側に弾んだ瞬間から、相手に大きく展開されてそのポイントを挽回するのはしんどくなります。

その浅いボールをいかに引き出すかを考えるのが重要ですが、もっと重要なのが引き出したときにアナタがしっかり攻撃できるかどうか。

バリエーションと正確性を、しっかり相手に見せ付けられるかどうかが試合の鍵を握ります。

 

2.ベースラインのプレーと、どんな「差」を付けられるか?

浅いボールを攻撃していく際に、注意すべきポイントは何でしょうか。

まずは、フットワーク。

前に移動しながらテイクバックを終え、オープンスタンスで低いボールにも対応できるようにしましょう。

高いボールはクローズドスタンスでしっかり打ち込んでいく。

低いボールはスピン、スライス両方が打てるようになっておくと便利です。

相手が態勢を崩していればスピンで更に追い込み、こちらが少し苦しいときにはスライスで処理してそのままアプローチ、またはポジションによってはベースラインに戻ってもOK。

スライスで時間を作る感覚が、前のボールを処理するときには重要です。

 

3.ネットプレーで終わらせる、という意識で普段の練習を

ストロークからネットプレーにつないでいく意識が無ければ、相手は全く怖くありません。

3回戦くらいのレベルになると、相手もパッシングショットやドロップショット、色々な技を正確に駆使してくるでしょう。

浅いボールからの攻撃に躊躇していては、強い相手は倒せない。

だからこそ、ネットプレーも磨いてポイントを逆算していく意識が練習から必要です。

ストロークだけ、ボレーだけ、というショットが別れた練習だけでなく、この「浅い」ボールの処理のようなつなぎのプレーもしっかり意識して、練習量を積みましょう。

 

テニスの試合で強くなりたければ、「コートのどこにいても自分のプレーができる」という感覚が必要。

もちろんストロークが得意な人はベースラインが居心地が良い。

だけどそれは、試合序盤で相手も知るところになります。

前に出されたときも、バリエーションのあるテニスが正確にできること。

まずはこのベースラインより少し前のプレーを、しっかり磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう

    試合の中で、ストロークが強い人ってどんなイメージでしょうか?左…

  2. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に

    相手が打った瞬間に、そのショットがどこにバウンドするのか分かるかな?…

  3. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為には…

  4. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス 構え

    サーブ

    ダブルスの試合、サービスがしっかり相手のボディを突けたときには「しっかり前衛はポ…
  3. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来て…
PAGE TOP