テニス メンタル

サーブ

試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです

「良いサーブを打ちたい!」と、誰もが口にする。

でも、アナタ自身の良いサーブって、どんなサーブでしょうか?

試合で使えて、効果的にキープにつなげていけるサーブ。

私は、どんなレベルでもこの考え方、でサーブを考えることが大事だと思っています。

 

試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです

 

1.球速が速ければ、良いサーブ?

私は、そうでもないと思いますよ。

だって、例えばダブルスで、アナタが前衛にいたとして・・・めちゃくちゃ速いサーブを、パートナーが打ってくれる。

これって、ありがたいことですか?

もし私が前衛だと、辛い。

だって、速いサーブにはそれだけ速い反応、タイミングでポーチを合わせていかないといけない。

動き出しの精度も求められるし、リターンの速度も速いでしょう。

試合で使えるサーブって、速いサーブ、というより「ここしかリターン、出来ないだろ!」というようなサーブ。

みなさんも、喰らった経験ないですか?

 

2.「ここしか打てない」ところに、前衛を配置する

これが、強いダブルスのサービスゲームです。

センターへのサーブで、ほぼセンターにしかリターン出来ないようなサーブにしておいて、そこに前衛がポーチで入っていく。

「ここにしか打てない」のに、その「ここ」を塞がれてしまう。

理想的ですよね。

もちろん、そんな簡単にはいかないケースも多いと思いますが、このパターンを引き出すサーブ、こそアナタに必要なサーブ。

相手リターン、そのコースを限定出来るサーブ。

特にダブルスでは効果的だと思います。

 

3.相手の強引なナイスショットは、気にしない

何度も書いてきましたが、想定外の無理した相手のショット、リターンは捨てる。

続かないですから、絶対に。

自分とパートナーの中で、「こういうリターンを引き出して、ここで決める」をパターン化する。

その為のサーブって、やっぱりコントロールですよね。

前衛もその方が、動きやすい。

速度は多少遅くても良い、回転系で、バウンド後に失速しないことも大事。

リターンのコースを限定出来れば、アナタ自身、もう勝利は近いですよ。

 

4.センターはセンターへ、ボディへはロブをケアする

私が使うのは、2パターンのサーブ。

まずはセンターへのサーブで、しっかりセンターへのリターンをケアする。

ケア、と言いますか、前衛にポーチで触ってもらう形ですね。

それから、ボディへのサーブ。

これは、踏み込んで来るリターンの相手に有効で、スライスのロブが返ってくるケースが多い。

だから、前衛にはロブケアで下がっていてもらう、のも良い作戦です。

たまにそれ以外、のリターンも来ると思いますが、それはある程度仕方無い。

予想していたリターン、ここしか打てないと思った「ここ」はしっかり塞いで、ポイントを取る。

これだけで、グッとダブルスらしくなりますよ。

 

5.ファーストサーブから、コントロール重視で良い

私はいつも、このスタンスです。

ファーストサーブに、速度を求めない。

リターンのコースを限定させること、を第一にしています。

速くても、打ち頃の場所に飛んだらリターンが優位でしょう。

そうならない為に、普段から自分のサーブのコントロールに厳しく、ですね。

これはアナタにしか出来ないこと、なんですから。

 

リターンのコースを限定して、前衛が触る。

テンポの良いサービスゲームって、こんな感じじゃないですか?

意図的に、たくさんそういうポイントを増やしていきましょう。

前衛に花を持たせるサーバーって、なんだか素敵じゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多く…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

  4. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

    サーブを打つときに、トスアップの動作がスムーズな人って、どんな感じでし…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスで…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  3. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
  4. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  5. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
PAGE TOP