テニス ダブルス

ボレー

ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

ダブルスの試合、サーブ側の前衛。

よく考えると、この選手が一番攻撃的なポジションにいることは間違いありません。

それなのに、イマイチポジションが後ろ、な選手が多いのが気になります。

もちろん、ロブを警戒したり、あえての作戦の部分はあるでしょう。

でも、もっと基本は前で良い。

私は、試合に勝つためにはこれが必要だと思うんですよね。

 

ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

 

1.リターンにプレッシャーがかかる

まず、リターン側の視界をイメージしてみて下さい。

最初の壁、は相手の前衛、な訳です。

その選手が、前にいるのか、少しでも後ろにいるのか・・・では、心情が大きく変わってくる。

たとえ50cmでも、前にいた方が絶対に嫌なはず。

ロブで逃げる選択肢が増える?

でも、相手のファーストサーブが入って精度の高いロブを上げないといけない・・・のも、結構辛いですよ。

これは、リターン側の選手の立場に立ってみれば、気付くはず。

少しでも前、ネットに詰めている前衛の方が、絶対に嫌でしょう。

 

2.ボレーの決定力が高まる

まず、触ればネットミスは少なくなる。

ネットに詰めていれば、それだけで決定力が高まると思って良い。

前衛にいても、意外とネットから遠いとネットミス、が増えるのがテニスですよね。

ネットに詰めていれば、当たり損ないだって良いドロップボレーになることが多い。

決定力が高まるのは、技術よりもポジショニング。

そう覚えておいて損は無いです。

 

3.相手リターンに合わせて動くことが出来る

一言で前に詰める、といっても細かく調整出来る。

味方パートナーのサーブ、に合わせて少し前に詰める方向を変える、だけで触れる可能性が一気に増える。

意外と、ストレートを抜かれなくなるはずですよ。

ネットから遠い場所にいる前衛、の方が抜かれやすいでしょう。

しっかり詰める意識があれば、ボールに合わせた動き、ポジショニングも自然に身に付いていくのです。

 

4.スライスロブは、下がって打てる

「でもロブが怖い・・・」という方は、こう考えましょう。

スライスロブは、絶対に打てます。

下がって打てるロブ、は怖がる必要は無い。

リターンでトップスピンロブが来たら・・・それはもう、相手のナイスプレー。

これを打って来る相手なら、駆け引きで下がる時も必要でしょう。

ですが、よく考えてみて下さい。

パートナーのファーストサーブをトップスピンロブでストレート、に打てる相手、どの程度いますか?

きっと、すごく少ないはず。

それよりも、スライスロブをしっかりケアして、前に詰めながらも絶対に打つ。

相手のラケット面が上を向いたら、すぐに目線を切って下がりましょう!

 

5.味方サーブをパワーアップ出来る

これが一番、です。

プレッシャーを与える、という意味に近いのですが、味方のサーブをパワーアップ出来る。

ダブルスのサーブは、繰り返し言っている通り、前衛の動きと併せての「サーブ」です。

2人で1人のリターン側の選手に、プレッシャーをかける。

パートナーのサーブをキープに導くのは、前衛であるアナタの前へのプレッシャー、推進力です。

味方サーブが入らない・・・イマイチ・・・と嘆いているうちは、一生勝てないですよ。

アナタ自身が動かないから、パートナーがサービスキープ出来ないんです。

 

前に詰める、今の意識より50cmは前で良いでしょう。

この50cmで、相手の印象は全然違う。

パートナーがサーブのモーションに入ったら、前にステップ、フェイントも入れて、どんどんネットに近付いていく。

きっと、ダブルスらしい前衛、になれると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足りない人がほとんど

    テニスは上のレベルになるとポイントゲット、ゴールゲットのスポーツ。…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大

    皆さんは「ドロップボレー」と聞くと、どんなイメージですか?どち…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切った行動を!

    サーブ&ボレーを本気で練習し始めたのは、20歳過ぎてから。それ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

特集記事

  1. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう
  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見え…
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う
  5. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
PAGE TOP