テニス ダブルス

ボレー

ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

ダブルスの試合、サーブ側の前衛。

よく考えると、この選手が一番攻撃的なポジションにいることは間違いありません。

それなのに、イマイチポジションが後ろ、な選手が多いのが気になります。

もちろん、ロブを警戒したり、あえての作戦の部分はあるでしょう。

でも、もっと基本は前で良い。

私は、試合に勝つためにはこれが必要だと思うんですよね。

 

ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

 

1.リターンにプレッシャーがかかる

まず、リターン側の視界をイメージしてみて下さい。

最初の壁、は相手の前衛、な訳です。

その選手が、前にいるのか、少しでも後ろにいるのか・・・では、心情が大きく変わってくる。

たとえ50cmでも、前にいた方が絶対に嫌なはず。

ロブで逃げる選択肢が増える?

でも、相手のファーストサーブが入って精度の高いロブを上げないといけない・・・のも、結構辛いですよ。

これは、リターン側の選手の立場に立ってみれば、気付くはず。

少しでも前、ネットに詰めている前衛の方が、絶対に嫌でしょう。

 

2.ボレーの決定力が高まる

まず、触ればネットミスは少なくなる。

ネットに詰めていれば、それだけで決定力が高まると思って良い。

前衛にいても、意外とネットから遠いとネットミス、が増えるのがテニスですよね。

ネットに詰めていれば、当たり損ないだって良いドロップボレーになることが多い。

決定力が高まるのは、技術よりもポジショニング。

そう覚えておいて損は無いです。

 

3.相手リターンに合わせて動くことが出来る

一言で前に詰める、といっても細かく調整出来る。

味方パートナーのサーブ、に合わせて少し前に詰める方向を変える、だけで触れる可能性が一気に増える。

意外と、ストレートを抜かれなくなるはずですよ。

ネットから遠い場所にいる前衛、の方が抜かれやすいでしょう。

しっかり詰める意識があれば、ボールに合わせた動き、ポジショニングも自然に身に付いていくのです。

 

4.スライスロブは、下がって打てる

「でもロブが怖い・・・」という方は、こう考えましょう。

スライスロブは、絶対に打てます。

下がって打てるロブ、は怖がる必要は無い。

リターンでトップスピンロブが来たら・・・それはもう、相手のナイスプレー。

これを打って来る相手なら、駆け引きで下がる時も必要でしょう。

ですが、よく考えてみて下さい。

パートナーのファーストサーブをトップスピンロブでストレート、に打てる相手、どの程度いますか?

きっと、すごく少ないはず。

それよりも、スライスロブをしっかりケアして、前に詰めながらも絶対に打つ。

相手のラケット面が上を向いたら、すぐに目線を切って下がりましょう!

 

5.味方サーブをパワーアップ出来る

これが一番、です。

プレッシャーを与える、という意味に近いのですが、味方のサーブをパワーアップ出来る。

ダブルスのサーブは、繰り返し言っている通り、前衛の動きと併せての「サーブ」です。

2人で1人のリターン側の選手に、プレッシャーをかける。

パートナーのサーブをキープに導くのは、前衛であるアナタの前へのプレッシャー、推進力です。

味方サーブが入らない・・・イマイチ・・・と嘆いているうちは、一生勝てないですよ。

アナタ自身が動かないから、パートナーがサービスキープ出来ないんです。

 

前に詰める、今の意識より50cmは前で良いでしょう。

この50cmで、相手の印象は全然違う。

パートナーがサーブのモーションに入ったら、前にステップ、フェイントも入れて、どんどんネットに近付いていく。

きっと、ダブルスらしい前衛、になれると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!…

    「試合の流れが変わる」というのを、アナタはテニスの試合で感じることはあ…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  3. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアップ!

    バックハンドボレー、どうしても力は入り辛いですよね。片手でも両…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合で、一番最初にやるべきこととは?

    ダブルスの試合で、まず最初にやっておきたいこと。みなさんは、何…

  5. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

    強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。バウンド…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

    私は、最近常々感じていることがあります。ストロークが得意、ネッ…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる
  2. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!
PAGE TOP