テニス ミス

メンタル

試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い

試合中に、やたらと声を張り上げてくる人。

これは、どのレベル、どのカテゴリにいってもいます。

みなさんは、そういう相手との対戦、どうでしょうか?

気持ちの持ちようだと思いますが、私はいつもこう考えています。

 

試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い

 

1.弱いテニス選手ほど、よく吠える

私は自分が選手として、というよりも、ディレクターとして試合をたくさん見て来ました。

その中で、感じたこと。

声を出している選手、ポイントごとに吠えている選手は、実はメンタルが強くない。

静かだと不安、相手のペースになりそうだから声を出しているだけ。

言い方は悪いですが、本当に弱い選手ほどよく吠える。

声を出して威嚇しないと、相手にプレッシャーをかけられないと感じているんだと思います。

客観的にこう考えられると、なんだか可哀そうになってくる。

声出しがうるさい人ほど、メンタルが弱いんですよ。

 

2.ムダな体力を消耗してくれて、ありがとう

大事なポイント、で声を出すのは有りだと思いますよ。

試合の流れを変える、観客を引き込む、自分を鼓舞する。

こういう目的なら、大丈夫。

1試合に1回あるか無いか、ですかね。

でも試合始めからずーーっとうるさい人って、もはやムダな体力を消耗しているとしか思えない。

それに、厳しい状況になってきたら静かになりますしね。

結局、自分が主体なんですよ。

 

3.主役は相手であり、周りで見ている人

声出しで効果がある相手って、どの程度いるでしょうか?

気が小さい人、そもそも格下な人、怯えてくれる人・・・。

勝てる相手なんて、そもそも限られている。

それこそ、強い相手には全然効かないですよ。

それに、見ている周りの人はどうでしょう。

対戦相手なら、「ムダな体力消耗してくれて、助かるな・・・」と思っても、横で試合をしている人は・・・?

迷惑極まりないですよね。

正直、この手のクレームは私もすごく受ける機会が多かったです。

相手がうるさい、じゃないんですよ。

「横のコートでうるさい、アイツを何とかしてくれ!」と、何度選手から言われたことか。

その指摘を、そのうるさい選手にするんですけどね、チェンジコートの時に。

そしたらもう、シュンとなって、負けていく。

帰り際には、「途中で注意されて、調子が狂った。今日の負けは大会運営側の責任だ。」と言ってくる始末。

まぁ、そういう人には早くテニス界から退場してもらった方が良いですから、後追いはしませんでしたね。

 

4.周りの人は、しっかりアナタ自身を見ているということ

3.のような選手、ケースは稀かも知れませんが。

以前にも書きましたが、思っている以上にアナタ自身という人間が見られている。

それがテニスの世界です。

周りの人は、しっかり見てアナタ自身を「こういう人なんだな」と思って格付けしています。

「そんなの、気にしないから」では、強くなれないんですよ、テニスは。

大会であり、仲間から支持されない人は、ある程度の成績で必ず行き詰る。

声出し一つ取っても、アナタ自身周りからいつも「見られている」意識を持って挑みましょう。

 

たかが声出し、されど声出し。

アナタ自身、自分の試合を俯瞰して観たときに、どう見えるのか。

これは、テニス選手として非常に大事な部分です。

品が良いだけでもダメ、でもうるさいのもダメ、だと思います、私は。

そのバランスを取るのは、全てアナタですから。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います

    テニスの試合で緊張でラケットが振れなくなる、グリップが握れなくなる。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方

    テニスの試合に勝ちたい。そう考えると、練習にも緊張感が生まれる…

  3. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

    タフな試合に、勝ち切れるようになる。それは、対戦相手がタフで粘…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って

    テニスの試合に時間制限は無い。さくさく試合が進むと、3セットマ…

  5. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる

    先ほど終了した全豪オープン4回戦、錦織選手とフェデラー選手の試合。…

  6. テニス 夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  2. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから
  3. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識…
  4. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  5. テニス リターン

    練習メニュー

    テニスの試合で「ロブで抜かれても、追いついてしっかり返球」できるイメージを作る練…
PAGE TOP