テニス ダブルス

ダブルス

守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペアはどんな相手ですか?

もちろん力で押してくる、コンビネーションでしっかり攻撃してくる相手も嫌ですが、しっかり守備の意識が高いペアも対戦していて嫌だな・・・と感じることはありませんか?

試合に強いダブルスペアは、テニスをよく知っていて守備力が高い。

特に攻撃されたときにロブで凌いで、しっかり反撃していく展開が多いと、試合でも良い流れが生まれますね。

今回は、ロブで凌いでいきつつ、そのときのパートナーの動きと意識に着目してみましょう。

 

守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

 


 

■味方のパートナーが守備的なロブを上げるタイミング、感じてますか?

強い相手と対戦すれば、どうしても攻撃されてしのぐ場面も増えてくる。

ダブルスはコート上に2人いますから、ノータッチでエースを獲られるよりは何とか触れる機会が多いはず。

厳しいボールでも、しっかりロブを上げることが出来れば、まだチャンスはあります。

その「ロブで凌ぐ」ことに対して、ペアとの共通認識は持ててますか?

「えっ、そこでロブ!?」という感じだと、コートカバーへの1歩が遅れてダブルスでは致命的な遅れになります。

普段の練習や試合の中から、「ここは苦手だから、ロブにする」または、「相手はスマッシュ苦手そうだから、ロブを増やすね」などの会話は、しっかり行うようにしておきましょう、

 

■基本的にはロブを上げたら2人で下がって守備的に

ロブを上げたら、基本は2人で下がって守備的な陣形を敷きます。

「上げた!」と一声パートナーにかけているペアも、試合会場では多くいますよね。

一番良いのは、この声をかけなくても感覚的に「次はロブかな」と感じて、速いポジション変更が出来ると良い。

またそのロブが守備的なのか、攻撃的なのかによって、微妙にポジショニングも変わってきます。

攻撃的なロブであれば、アナタ側にチャンスがくる可能性も大!

ロブだからと言って、一概に守備的な意識ばかり強く持つのはもったいないのです。

 

■相手がしっかりスマッシュを打ってきそうな時には、広めのスタンスでステップを

強い相手はスマッシュをしっかり打ってくる

だからこそ、アナタも出来る限り広い守備範囲でカバーできるように、スプリットステップはスタンス広めで構えましょう。

自分の触れる範囲に飛んできたボールは、絶対に触って返球したい。

まずはその強い気持ちと、相手のラケットヘッドをしっかり観察する癖を付けましょう。

また、相手の性格も考えてみて「安全策を取る傾向が強い」相手には、センターを塞ぐようにヤマを張るのもOK。

とにかくいつでも反撃する、しっかり触る、という意識を持って、待ち構えましょう。

 

ロブを上げる、厳しい状況から逆転できるポイントが試合の中で一つでもあると、かなりの確率で試合の流れは変わります。

テニスは「ポイントを獲り切る」のが非常に難しく、特にダブルスでは1つのチャンスで決まるのは難しい。

ぜひ、相手にそういう「難しさ」を与えられるようなペアを、アナタ自身目指してみて下さい。

守備的であり、しっかり反撃も出来る。

そんなペアが、テニスの試合ではトーナメントを勝ち抜いていくのです。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  2. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について

    雁行陣の弱点について、試合ではどんどん突いていくという貪欲になって欲し…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める

    ダブルスの試合で、私自身が前衛で意識していること。もちろん、基…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる

    テニスの成長が早い人は、毎回試合ごとに強くなっていく。どこか、…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも…
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか
  5. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです
PAGE TOP