テニス ストローク

ストローク

力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出ます!

目次

しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を積んでいないと、身に付かないものなのか・・・。

こんな質問を、社会人になってテニスを始めた方からよく聞きます。

答えは、No!

今からでも少しの意識で、力強いストロークを身に付けることは誰にでもできます。

ポイントは、テイクバックからフォロースル―にかけての、「肩の入れ替え」です!

 

力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出ます!

 


 

■ストロークで身体が開くとまずいけど・・・

打つ前に身体が開いてしまうと、打点が安定しません。

特にフォアハンドでは、「身体開くの速い!」と注意される方も多いと思います。

しかし・・・実は、ほんの少し早く身体が開く、要は右利きの方のフォアハンドであれば左肩がより左に動いて胸が正面を向き出すくらいで、ストロークはパワーが出しやすいのです。

腰の回転で身体が動き始めて、少し開いた時点でボールをインパクトすると、よりパワーをボールに伝えやすいのがストロークのコツです。

そしてしっかり振り切って終わる意識が大切です。

 

■フォロースルーは「肩全体」を意識して、後ろ側を前に出す

右利きの方のフォアハンドであれば、打ち終わった後の右肩の位置に着目してみて下さい。

しっかり打った方向に、肘と肩が前に動いているか。

打ち終わったときに左肩前⇒右肩と右肘が前、という態勢になっていますか?

これができていると、重たいボールになって相手を押し込んでいくことができます。

 

■打ち終わってから正面を向く、構え直しは忘れずに

このダイナミックなフォームは、構え直しの早さも求められます。

しっかり意識しないと、打ち終わってまたすぐフォア側に来ると、対応できないケースも多い。

特にボレーヤーに対するときは、よりコンパクトに調整する意識が必要です。

良いショットは、構え直しまでをセットで考えておきましょう!

 

「肩の入れ替え」をしっかり意識できると、より速い準備が身に付きます。

あとはダイナミックなフォームになるので、ストロークにリズムも出て来るでしょう。

しかし、基本的には難しい技術ですので練習が必要。

ぜひ動画を撮影してもらいながら、入れ替えるタイミングを自分自身で研究してみて下さい。

ストロークのパワーアップ、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?

    今回は、スライスのアプローチショットについて。本当にちょっと…

  2. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?

    色々記事で書いてきましたが、私が一つ、得意なショットを挙げるとすれば何…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  4. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?

    最近よく、頂くご質問の中から。「片手バックハンドストロークです…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

    特に、これはダブルスの試合で使えるテクニック。無理に、空いてい…

特集記事

  1. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  2. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、…
  4. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
  5. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
PAGE TOP