テニス ストローク

ストローク

力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出ます!

しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を積んでいないと、身に付かないものなのか・・・。

こんな質問を、社会人になってテニスを始めた方からよく聞きます。

答えは、No!

今からでも少しの意識で、力強いストロークを身に付けることは誰にでもできます。

ポイントは、テイクバックからフォロースル―にかけての、「肩の入れ替え」です!

 

力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出ます!

 


 

■ストロークで身体が開くとまずいけど・・・

打つ前に身体が開いてしまうと、打点が安定しません。

特にフォアハンドでは、「身体開くの速い!」と注意される方も多いと思います。

しかし・・・実は、ほんの少し早く身体が開く、要は右利きの方のフォアハンドであれば左肩がより左に動いて胸が正面を向き出すくらいで、ストロークはパワーが出しやすいのです。

腰の回転で身体が動き始めて、少し開いた時点でボールをインパクトすると、よりパワーをボールに伝えやすいのがストロークのコツです。

そしてしっかり振り切って終わる意識が大切です。

 

■フォロースルーは「肩全体」を意識して、後ろ側を前に出す

右利きの方のフォアハンドであれば、打ち終わった後の右肩の位置に着目してみて下さい。

しっかり打った方向に、肘と肩が前に動いているか。

打ち終わったときに左肩前⇒右肩と右肘が前、という態勢になっていますか?

これができていると、重たいボールになって相手を押し込んでいくことができます。

 

■打ち終わってから正面を向く、構え直しは忘れずに

このダイナミックなフォームは、構え直しの早さも求められます。

しっかり意識しないと、打ち終わってまたすぐフォア側に来ると、対応できないケースも多い。

特にボレーヤーに対するときは、よりコンパクトに調整する意識が必要です。

良いショットは、構え直しまでをセットで考えておきましょう!

 

「肩の入れ替え」をしっかり意識できると、より速い準備が身に付きます。

あとはダイナミックなフォームになるので、ストロークにリズムも出て来るでしょう。

しかし、基本的には難しい技術ですので練習が必要。

ぜひ動画を撮影してもらいながら、入れ替えるタイミングを自分自身で研究してみて下さい。

ストロークのパワーアップ、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?

    秋は、テニスの大会のシーズン。みなさんの中にも、勝ちたい試合…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる
  2. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
  3. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの…
  4. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?
  5. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
PAGE TOP