テニス ドロップショット

ダブルス

ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。

マークを自分に集中させて、味方に決めてもらうようなプレー。

これって、チーム競技だけ、の話でしょうか?

いや充分、テニスにも活かせると思いますよ。

 

ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

 

1.ダブルスのパートナーに活躍して欲しかったら、その環境を整えよう

どうもダブルスの試合で結果が出ない、パートナーの調子が上がらないときに意識して欲しいこと。

それは、アナタ自身が相手の集中力を「削ぐ」ことが出来ているかどうか。

前衛にいるとき、が典型的な例ですよね。

相手のストローク、まずは前衛からプレッシャーをかけていく。

そしてストロークの力を削いで、パートナーの後衛に活躍してもらう。

真っ向勝負を許しているようだと、アナタ自身が「オトリ」になれていない、ということです。

 

2.「オトリ」は辛いけど楽しい

実際は、すごく地味なことの繰り返し。

相手の集中力を削ぐ、意識を自分に向かせる・・・ということは、実際にボールが飛んでくる可能性も高いということ。

そこでミスしては、オトリどころか足を引っ張るだけ。

そうならないように、しっかり「しぶとく、相手の注意を引き付ける」ことが大事。

すぐに得点、にならなくても良い。

相手の集中力を乱し、試合で勝てば良いのですから。

粘り強く、相手が何をやれば嫌がるのか・・・を真剣に考えることが良いオトリへの第一歩です。

 

3.工夫上手は、オトリ上手

でも、実際の試合ではどうでしょう。

フェイントを入れたり、ポジションを変えたりしても・・・効かない、相手に全然プレッシャーになっていないということも多いと思います。

そんなときには、きっぱり変える。

相手の性格、実力によって、効果的なオトリ作戦は変わって来ます。

だからこそ、工夫しないとダメ。

そしてしっかり相手を観察して見抜く、自分に意識を向けさせる洞察力、を磨くこと。

こういう意識は、私生活から意識して欲しいんです。

テニスの試合だって、いわば私生活の延長線上、ですしね。

 

相手の注意を引く、気を引く。

なんだか恋愛みたいですが、そういうのが上手い選手は試合の駆け引きも上手い。

自分をオトリにして・・・実は主役はパートナー、最高じゃないですか。

「あれ?どっちにやられたんだっけ・・・?」みたいに相手が感じるダブルスペア、になっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

    ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。…

  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  3. ダブルス

    沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい

    ダブルスの試合で、相手が並行陣の時に。相手の足下に沈めて、そ…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について

    男子ダブルス、またはミックスダブルスで、こういう試合は必ずあります。…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
  2. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  3. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
  4. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?
  5. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい
PAGE TOP