テニス 雨

日々の雑記

「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

今週の月曜日から、更新が滞ってましてすみませんでした。

仕事で離島に行ってまして、電波が届かず過去記事のポストも出来ずで、ご心配(?)をおかけしました。

 

日々の生活、テニスから離れた生活って、色々感じるところが多い。

刺激って、いつも自分から求めているようで・・・実は9割は毎日、同じことの繰り返し。

新しいことをしないと、と皆さんに訴えていながらも、いかに自分がぬるま湯に浸かったような生活をしていたのか。

日本ですがいつもの環境を飛び出してみると、すごく分かります。

周りは何も言ってくれない、高校生にもなればもう大人。

自分でしっかり、自分を動かしていかないといけないんです、テニスも含めて。

 

そんな中で、改めて最近私が感じていること。

「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

ということ。

私自身、すごく人に何かを言うのが苦手で、相手に遠慮して言えないことが多い。

でも結果的に、自分の人生を振り返ってみて、それで良かったのかと本気で考えてみると・・・後悔の念が大きい。

特に、自分のダブルスパートナーですね。

「もっと、あれを話しておけば良かった」

「勝ちたい気持ち、確認しておけば良かった」

こういう考えは、思い出すたびに沸いてきます。

 

ここで一つ、皆さんにもアドバイスを。

私が最近意識しているのが、最初の話始めの部分。

言いたいこと、だけを最初から話しても相手は威圧的に感じるだけ。

だからまずは「言われて嬉しいこと」から、相手に伝える。

これだけで、だいぶ聞いてくれる耳と心、を持ってくれるはずです。

 

「最近、お前すごくサーブ安定してて良いよね。でも俺はコントロール重視だから、ポーチに動いて欲しい」

みたいな感じで、話してみる。

ポイントは、最後をハッキリさせること。

「動いてくれると嬉しい」じゃダメで、「動いて欲しい」と伝える。

そしてその次のステップとしては、「具体的にどう動くのか」まで決めておく。

そうやってお互いにしっかり、責任が生じるようにしておくことが大事なんです。

「嬉しい」レベルの話だと、相手も「まぁ、やって嬉しいくらいならやらなくても良いか・・・」となる。

中途半端、だと試合では勝てないんです。

 

厳しいようですが、しっかりハッキリ、話すこと。

これは私も、最近意識していることです。

皆さんが考えるべきは、「相手にどう思われるか」では無いはず。

「どうやったら勝てる試合を増やしていけるのか」ということ。

そこに挑戦していく限り、遠慮は不要です。

T-PRESSはこれからも、「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれるをモットーに、これからも更新していきます。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

    冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。冬季オリンピックも、…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる

    なんだかこの時期って、色々思い出しませんか?季節の変わり目、年…

  4. テニス 陸上

    日々の雑記

    1つのことだけに集中する、だけが素晴らしいことじゃない

    少し前の話になりますが、先週末に行われた陸上の日本選手権。男子…

  5. 日々の雑記

    T-PRESSのYouTubeチャンネルが目指すもの

    みなさんのお陰で、T-PRESSのYouTubeチャンネルの登録者数…

  6. テニス 調子

    日々の雑記

    「恥」を知れば、テニスはもっと強くなる

    今日も記事を読んで頂き、ありがとう御座います。ちょっとずつ、夏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
  2. 戦術

    勝ち方を見つける、という技術
  3. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?
  4. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない
PAGE TOP