テニス ボレー

ボレー

自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。

特に、こちらがプレッシャーをかけてミスをしてくれているのであれば、それはもうミスではなく実力で獲ったポイント。

ネットプレーで、こういう意識があると戦いやすい。

しっかりアウトを誘うようなプレー、出来ていますか?

 

自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

 


 

■プレッシャーをかけて無理をさせれば、相手のボールはアウトしてくれる

ネットプレーの醍醐味は、ここにあります。

しっかり相手を追い込んで、ラストは破れかぶれのショットを打ってもらう。

そうするとネット、またはアウトしてくれる可能性が高くなる。

アナタも、身に覚えがありませんか・・・?

ダブルスでは特に、並行陣を敷けばそれだけでストローク対ストロークにしか慣れていないような相手はプレッシャーがかかる。

いかに「アウトを誘うか」が大事です。

 

■振り遅れ、を誘うには何が必要か?

相手のストロークの打点、アウトするときって少し後ろになる、振り遅れていることが多いですよね。

その為に、必要なプレーって何か・・・と考えると、まずは2歩、3歩と相手を動かすこと。

そして、スライス回転がかかったボレーを打って打点を低くする、バウンドして滑らせていくのがコツです。

「難しそう・・・」と思った方もいると思いますが、ボレーは速さじゃない。

コースとスライス回転、という部分を意識すれば、きっと初中級の方から実践出来るはず。

走らせて、打点を下げさせてみれば、きっと相手のミスは増えてくるでしょう。

 

■「アウト」は期待するのではなく、予測する

相手のアウト、は期待してはダメ。

期待していると・・・何が起きるかというと、入っているボールまで「ウォッチ」してしまう。

期待して見逃してみたけど、やっぱり入ってた・・・となると、試合の流れは一気に変わります。

ニュアンスだけの違いかも知れませんが、期待するのではなく、予測する。

「こういうとき、大抵あの人はアウトするんだよな・・・」と思っておけば、軌道を一瞬で判断出来る。

それでも入ってしまうときは、ありますけどね。

でもオンラインくらいなら、仕方ない。

やっていることは間違っていないので、テニス自体は変える必要は無いでしょう。

 

相手のアウトも、ナイスボレーでノータッチエースでも同じ1ポイント。

ここの認識が、まだまだ皆さん甘いような気がします。

試合で実際多いのは・・・どちらでしょうか?

相手のイージーミス、そこにアナタが「誘うミス」を加えてみて下さい。

きっと勝てる試合、増えるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

    ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  4. ボレー

    ドロップボレーは、反応で打てるようになろう

    試合でキレイに、ドロップボレーを決める。来年こそ、ダブルスの…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあり…

  6. ボレー

    ストロークの強打をブロックボレーで返すのは、簡単です

    速いストロークを、ボレーで返す。これが難しいと感じている方は、…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている
  2. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習…
  3. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には…
  5. リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4…
PAGE TOP