その他

出来ないのではなく、やっていないだけ

色々アドバイスされるけど、出来ないことばっかり。

毎回同じコーチから、同じことを言われて嫌になる・・・。

そんなみなさん、どこか勘違いしていませんか?

もしかしたら、それは出来ないのではなくやっていない。

それだけかも知れない、ですよ。

 

出来ないのではなく、やっていないだけ

 


 

1.やれば出来る、じゃなくて出来てしまう

そもそも、出来た、出来ない、の考え方は人それぞれ。

ほとんどの人の「出来る」という表現は、つまり「ポイントが取れる」ということ。

やってポイントが取れなかったら、それは出来なかったこと、になってしまう。

これって、どうなんでしょう。

私は、すごくもったいないことだと思いますよ。

ポイントが取れるか取れないかって、それは分からない。

そこを基準にしたら、どうなると思いますか?

私は何も出来ない人ばかり、になってしまうと思います。

 

2.実行=出来た、で良いはず

アナタ自身、出来ることはもっとあるはず。

もしかしたら、もう出来ているかも知れないんです。

「ポーチボレーが出来ない」という人は、先に動いてポーチを打つだけでも大成功。

これを考え過ぎて、ポイントが取れないと失敗、だからもう何も出来ない、という風になってしまう。

実行出来た、というだけで「出来た」で良いんです。

これを自分でハードルを上げてしまうと、試合に勝てなくなる。

そこに気付けるかどうか、です。

 

3.試合だと、失点も相手にダメージになる

練習と違うのは、ここです。

練習で失敗しても、さほど自分にも相手にも影響は無い。

試合で失敗、失点すると、どうなるのか。

相手にポイントに入る、のは自分へのダメージですが、それだけじゃない。

相手には「動かれた」というダメージが残る。

ダメージを与えることが出来る、という自信が付けば「出来る」という感覚も養えるんですけどね。

失点=失敗、出来なかった、という発想ばかりの人が多い。

どちらが試合相手として嫌か、は一目瞭然でしょう。

 



 

4.出来ない=やっていない、ということ

これを強く、意識しましょう。

自分にとって出来ないことは、やっていないこと。

やっていることは、出来ていること、出来ること。

これで良いじゃないですか。

失点か得点かは、あまり関係ありません。

出来ないことが多い人は、ただやってないことが多いだけ。

テニス選手としての殻を破るには、自分の発想を変えないとダメですよ。

 

5.お勧めの練習法

例えば、作戦をパートナーにゆだねてみる。

自分にどう動いて欲しいのか、を聞いてその指示通りに動いてみて下さい。

指示を出す方も、出来る出来ないは関係ない、やるかやらないか。

サーブからポーチ、チェンジ、を前衛にやってもらう。

こういうのを、仲間内の試合形式でまずはやってみましょう。

得点につながらなくても、「出来る、使える!」という感覚は養えるはずですよ。

 

出来ないこと、なんて本当は少ない。

自分はまだまだやっていないか、失点が怖くて動けていないだけ。

これは本当に、成長曲線に大きく影響して来ますから。

ぜひ、意識して自分を見つめなおしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

    「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」私たちはどこか…

  2. テニス メンタル

    その他

    言葉は強く、残り続ける

    昨日の祝日は、本棚の片づけを。年末年始は広島に帰省していたの…

  3. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういった…

  4. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

  5. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割
  3. テニス 準備

    フットワーク

    フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく
  5. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
PAGE TOP