その他

出来ないのではなく、やっていないだけ

色々アドバイスされるけど、出来ないことばっかり。

毎回同じコーチから、同じことを言われて嫌になる・・・。

そんなみなさん、どこか勘違いしていませんか?

もしかしたら、それは出来ないのではなくやっていない。

それだけかも知れない、ですよ。

 

出来ないのではなく、やっていないだけ

 


 

1.やれば出来る、じゃなくて出来てしまう

そもそも、出来た、出来ない、の考え方は人それぞれ。

ほとんどの人の「出来る」という表現は、つまり「ポイントが取れる」ということ。

やってポイントが取れなかったら、それは出来なかったこと、になってしまう。

これって、どうなんでしょう。

私は、すごくもったいないことだと思いますよ。

ポイントが取れるか取れないかって、それは分からない。

そこを基準にしたら、どうなると思いますか?

私は何も出来ない人ばかり、になってしまうと思います。

 

2.実行=出来た、で良いはず

アナタ自身、出来ることはもっとあるはず。

もしかしたら、もう出来ているかも知れないんです。

「ポーチボレーが出来ない」という人は、先に動いてポーチを打つだけでも大成功。

これを考え過ぎて、ポイントが取れないと失敗、だからもう何も出来ない、という風になってしまう。

実行出来た、というだけで「出来た」で良いんです。

これを自分でハードルを上げてしまうと、試合に勝てなくなる。

そこに気付けるかどうか、です。

 

3.試合だと、失点も相手にダメージになる

練習と違うのは、ここです。

練習で失敗しても、さほど自分にも相手にも影響は無い。

試合で失敗、失点すると、どうなるのか。

相手にポイントに入る、のは自分へのダメージですが、それだけじゃない。

相手には「動かれた」というダメージが残る。

ダメージを与えることが出来る、という自信が付けば「出来る」という感覚も養えるんですけどね。

失点=失敗、出来なかった、という発想ばかりの人が多い。

どちらが試合相手として嫌か、は一目瞭然でしょう。

 



 

4.出来ない=やっていない、ということ

これを強く、意識しましょう。

自分にとって出来ないことは、やっていないこと。

やっていることは、出来ていること、出来ること。

これで良いじゃないですか。

失点か得点かは、あまり関係ありません。

出来ないことが多い人は、ただやってないことが多いだけ。

テニス選手としての殻を破るには、自分の発想を変えないとダメですよ。

 

5.お勧めの練習法

例えば、作戦をパートナーにゆだねてみる。

自分にどう動いて欲しいのか、を聞いてその指示通りに動いてみて下さい。

指示を出す方も、出来る出来ないは関係ない、やるかやらないか。

サーブからポーチ、チェンジ、を前衛にやってもらう。

こういうのを、仲間内の試合形式でまずはやってみましょう。

得点につながらなくても、「出来る、使える!」という感覚は養えるはずですよ。

 

出来ないこと、なんて本当は少ない。

自分はまだまだやっていないか、失点が怖くて動けていないだけ。

これは本当に、成長曲線に大きく影響して来ますから。

ぜひ、意識して自分を見つめなおしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  2. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶対必要!

    あまり詳しくは覚えていないけど、幼稚園に入園した頃から喘息の発作に苦し…

  3. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

  4. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚悟しよう

    テニスの試合を勝ち抜いていけば、周りの目も変わってくる。アナタ…

  5. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている

    気付いたこと、感じたことを、1~2行で書いておく。これで立派な…

  6. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

    ダブルスの試合を観ていると、感じること。それは強い人、ペアを引…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  2. テニス 格上相手

    その他

    「テニス節約術」って、考えたことありますか?
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見え…
  4. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの「ウォーミングアップだけ」じゃもったいない!ショートラリーを活用した練習…
PAGE TOP