その他

試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です

テニス部で頑張っている皆さん、特にキャプテンとしてチームをまとめている人は、日々大変だと思います。

自分のテニス以外にも、練習メニューを考えたり試合の申込みをまとめたり・・・と、やることがたくさんあって悩むことも多いはず。

そこで、今回は発想を少し変えてみたいと思います。

強いテニス部には、厳しくてリーダーシップのあるキャプテンが絶対的な存在でいて・・・と思いきや、実はそうでもない場合もあるんです。

そんなチームのキャプテンは、「上手く任せることができる人」でした。

 

試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です

 


 

■全てを自分一人でやろうとすると、必ずパンクする

責任感が強いと、良い方向に作用することもありますが、難しい部分もあります。

「全部を自分でやっていこう」と考えると、どこかで必ずパンクしてしまいます。

まず考えるべきは、「自分のテニスをしっかり、向上させていくこと」です。

そのうえで、チーム全体を強く、良い方向へ導いていかなければならない。

大事なのは、「自分が向いている、チームに一番貢献できる」という部分以外は、任せてしまうということです。

 

■一度自分でやってみて、判断はそこから

私は以前、練習メニューを考えることは大好きで自信がありました。

ですがそれ以外の、例えば試合への申込みや練習試合の相手を探す他校への連絡等は、同級生の他メンバーに任せておく。

ガット張り機の管理やボールの管理などは、A型で細かいことに気が付く選手に任せてしまう。

そうやってしっかり仕事を分担できると、チーム全体にも良い雰囲気が生まれ、任された選手も責任感と当事者意識が生まれます。

全国の強い学校は、こういった「分担作業」が上手い。

誰か一人が引っ張っているチームは、その選手=キャプテンが抜けてしまうと急に弱くなってしまう。

リスク管理の意味でも、人に任せられるチームは強いのです。

 

■テニス部での経験は、社会に出てからも活かされる

こいった経験は、大学生になっても社会人になっても必ず活かされます。

以前に、「プライドの高い選手は・・・」という記事でも書かせてもらいましたが、自分に自信が無い部分で無理をする必要は無い。

むしろ周りのチームメイトを信頼して「使う」ことこそ、テニス部を通じて培うことができる大事な経験なのです。

アナタ自身、まだ下級生の立場であれば、「使われてみる」というのも一つの大事な要素になります。

「上手に使われる」というと、つい媚びてばかりで嫌な奴・・・みたいに考えがちですが、それは本人のキャラクター次第。

チームの為にしっかり考え、行動できるかどうか、それ次第です。

 

テニスの試合の中でも、「人に任せる、自分を知る」ということが、成長においては大きな鍵になります。

コーチのアドバイスにしても、「自分が本当に自信を持っている部分」についてはしっかり議論する。

逆に自信が無い部分は、どんどん意見を取り入れて変えていく。

客観性を持てれば、アナタのテニスはきっとまだまだ、どんどん良くなる。

さぁ、ちょっと考え込んでそうなキャプテン、部長がいれば、積極的に声をかけてみませんか?

「自分に○○を任せてみてください!」と。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    テニス界を「盛り上げる」という話について

    「日本のテニス界について、どう思いますか?」こういう質問を、…

  2. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たときです

    良いプレーが出来ている、技術もあるのに、なぜか試合で勝てない人。…

  3. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!

    22歳の時にアメリカへ3カ月行って、色んな大学で練習をさせてもらった。…

  4. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

    昨日から開幕した、全国選抜高校テニス大会。今年は5年ぶりに私も…

  5. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

    ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。とはいえ…

特集記事

  1. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる
  3. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
PAGE TOP