テニス 練習

練習メニュー

「大学に進学すると、高校時代より練習量が減ってしまう・・・」からこそ、必要な意識について

これから4月にかけて、大学への進学を予定している方も多いはず。

私は大学で体育会のテニス部に所属しましたが、テニスサークルを探すという方も多いでしょう。

恐らく、高校と間違いなく大きく違ってくるのは練習環境と練習時間。

自分たちで考え、実践していくために、必要な心構えについて考えてみます。

 

「大学に進学すると、高校時代より練習量が減ってしまう・・・」からこそ、必要な意識について

 


 

1.大学では、部活もサークルもとにかく「自分中心」で良い

きっと、高校から大学で大きく異なるのは、「自分で決める」ということ。

まずは体育会か、サークルか、サークルでも複数の中から選んだり、インカレサークルのように複数の学校から形成されるサークルもありますしね。

全ては自分の決断次第、ということです。

高校の部活だと選択肢も無い、テニスをするなら一つしかない部活に入るしかないですからね・・・外部のスクールやクラブ、はありますが。

学校の中に複数の組織が存在すれば、テニスコートの取り合いだってあるかも知れない。

いずれにせよ、練習時間は短く限られてくる。

ここで、必要な心構えを考えてみましょう。

 

2.短い練習時間で上達するのに必要なこと

私は、とてもシンプルだと思っています。

 

・事前に1週間、1ヶ月のテーマを決める

・やったことをテニスノートに記載していく

・定期的に外部の試合に出る機会を作る

 

このサイクルを回していく、ことが大事。

自分が「待ち」の態勢になってしまうと、何もかもが受け身になります。

外部の試合に出ようと思ったら、情報を集めたりダブルスならペアを探さないといけない。

定期的に出場する、からこそ練習で必要な要素が見えて来る。

大学生にもなって、自分の練習を他人任せって・・・強くなる人のスタンスじゃない、でしょう。

 

3.「友達が出来て、楽しくテニスが出来れば良い!」って、本当?

いや、自分はそこまで・・・という方もいるでしょう。

高校で充分、厳しい練習してきたし、大学ではのんびりやりたいよ、と思う方も多いはず。

はい、私も少しその気持ちありました。

ですが・・・まぁ、大学一年生になれば分かると思います。

真剣勝負の世界を経験した人は、きっと楽しいだけのテニスってなかなか難しいんですよね。

なぜなら、勝負のスリルこそ楽しい、ということを知ってしまっているから。

どこかで物足りなくなる、のが大学三年生くらいでしょうか。

私の周りにも、こういう人が多かったです。

それでも決めるのは、アナタ自身です。

 

短い練習時間だと、上達が難しい?

そんなことは無いです。

逆に、長い練習時間でも、それが主体的で自分の意志が反映されていなければ、逆に上達の障害になる。

進学は、良いきっかけ。

自分のテニスに対する根本のスタンス、変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

  2. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  4. テニス リーダー

    練習メニュー

    ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム

    テニスの練習って、難しい。だって、毎回試合相手は違うのに、練習…

  5. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう

    テニスについて、考える。「ちゃんと考えてるよ!」と言う人もいる…

  6. テニス 練習

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  2. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  3. その他

    何の代償も無く、強くはなれない
  4. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!
  5. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
PAGE TOP