テニス ボレー

フットワーク

相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に

試合に出ている人、強い人って、すぐに分かります。

練習でも試合でも、とにかく「相手の当たり損ない」に強い。

これを諦めるのか、しっかり追うのかって、やっぱり大きな違いになりますよ。

みなさんも、普段の練習からどうでしょう?

しっかり意識して、走り出せてますか?

 

相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に

 


 

1.当たり損ない、は試合でよくあるショット

例えば、リターン。

アナタのサーブを相手が打って、「ガシャ!」となるようなケース多いですよね。

それがフワッと前衛の上に飛んで、そのままイン・・・になるようなパターン、1試合で1ポイントくらいはあるじゃないですか。

でも、それを追える人って、意外と少ない。

当たり損ない、だからインでもアウトでも仕方ない、という気持ちがあるんだと思います。

それでは、試合に勝てない。

正直甘い、としか言えないんです。

 

2.マッチポイントが、これになるかも知れない

大事なポイント、で、これが起きるかもしれない。

悔やんでも、インになればプレーは続行ですからね。

当たり損ない、とかそういうのは関係無い。

しっかりと追える癖、が付いているかどうか、が大事なんですよね。

練習から、相手の当たり損ないの音を聞いて、身体が止まらないようにしておく。

当たり損ない、こそ起こり得るんだと、理解しておく。

そうしないと、試合でずっと負け続けますよ。

 

3.強い選手は知っている、当たり損ないも自分の実力だと

実際、強い選手は、ここを理解しています。

当たり損ないだけど、ミスショットじゃない。

しっかり振っている、ラケットを伸ばしているから、当たり損ないにもなる。

リターンなら、前に入りながらの当たり損ないって、意外と相手コートに入るんですよ。

だから、計算内。

そして、その当たり損ないが入ることを知っているから、自分は諦めないで次に備えている。

結局は、この差がすごく大きくなる、のがテニスの試合です。

 

4.当たり損ない、の音に慣れよう

まずは、これです。

当たり損なった時の音、で身体を止めない、そして変な回転になってもしっかりと返球する。

アウトを願う、のは観客の仕事。

コート上で戦っている選手なら、相手の当たり損ないをしっかり最後まで追うこと、が大事。

小さいことですが、普段の練習から意識出来ていないと、なかなか試合では出来ないこと。

でもそれが、大きな差になっていくのがテニス、です。

 

当たり損ないで、アナタ自身もガッカリする必要も、時間も無い。

したたかに、そこからのポイントをしっかり自分のものにすること、が大事です。

思い出してみて下さいよ、結構当たり損ないで入るボール、多いじゃないですか。

追って間に合わなかったら、しょうがない。

追えないで終わる、ことが一番ダメ、な訳ですから。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス 練習

    フットワーク

    テニスにおいて「ボールを目で追う」だけでは、良い反応にはならない

    テニスの試合で、素早い反応で返球したい。そう考えると、まず「ボ…

  2. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークに、スランプや調子の波は無い

    「そんなの、当たり前じゃん」と思った方、分かっているなら始めましょう。…

  4. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。そうい…

  5. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

    トレーニングは大事だけど、なかなか取り組むことが出来なくて・・・と、悩…

  6. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?

    ポーチに動いて、しっかり決めることが出来る前衛。スプリットス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?
  3. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  4. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が…
  5. テニス 練習

    戦術

    試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識
PAGE TOP