テニス 不器用

メンタル

「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

テニスの試合に慣れていない、と感じる人。

皆さんは、どんな方という印象でしょうか・・・?

私は、一言で言えばこういう人。

よく、「視野が狭い」という言葉がありますが、それともちょっと違うニュアンス、だと思います。

試合では色々な景色、が目の前に広がりますよね。

それに耐えられない人、慣れていない人が「試合慣れしていない人」だと思います。

 

「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

 


 

1.倒すべき相手が、目の前にいる現実

試合って、そうですよね。

練習とは違う。

言葉は悪いですが、殺るか、殺られるかの世界。

相手だって必死なんです。

そんな本気で倒すべき相手、がネットを挟んで目の前にいるという現実。

この視界に慣れていないと、試合なんてもうパニックですよ。

普段の練習は、どこか仲間内の雰囲気があるし、試合形式だって和気あいあいじゃないですか。

本番の試合、知らない人との試合・・・とは、目の前の景色が違い過ぎるんです。

 

2.ポジションによる視界の違いも大きい問題

練習だと、自分の好きな場所から打てる。

ストロークが好きならベースライン、にずっと居れば良い訳ですからね。

誰も咎めない。

でも、試合では・・・どうですか?

浅いボールが来たら前に走らないといけない。

そしてその後、ロブが来たらコートを背にして追いかけて、しかも返球しないといけない。

そんな世界、景色、光景、練習で味わえてますか?

試合慣れしていない人って、練習以外の自分の景色に拒絶反応を起こすんですよ。

そりゃ、いつもの実力なんて出せなくて当たり前です。

 

3.温室育ちとは、こういうこと

自分の気心の知れた仲間、コート。

練習メニュー、雰囲気・・・全てが変わるのが試合です。

いつも意識しないといけないのは、私たちの練習はいつでも温室育ちな環境になりがち、ということです。

「いや、でもそれしか練習環境が無いし・・・」と思う方、多いと思います。

だったら少しでも練習内容を変えたり、自分で成果を記録したり、または試合でありそうな「変わったシチュエーション」を創り出して練習してみませんか?

少しのアクションで、試合慣れ出来る練習、は作れると思いますよ。

 

4.いつも同じ景色を見ている自分に、まず気付こう

普段の練習、いつも同じようなポジション、ショットじゃないかなと。

こういう危機意識は大事です。

なぜなら、アナタが毎回同じだと、対戦相手や練習仲間もそれに慣れてしまう。

悪循環、がそこに発生するんですよね。

逆にどんどんチャレンジしていけば、お互いで相乗効果になっていく。

「毎回試合に出ているのに、実力が出せない」と言う人は、練習から試合慣れしていく、という意識が大事。

そして何かを、変えていきましょう!

 

温室育ち、と言う言葉がありましたが・・・試合に出ている人には、私はもっともっと、たくましい選手になって欲しい。

インドアテニススクール、楽しいし楽ですよね。

でも、どこかビニールハウスのようにも見えてしまうのは、私だけでしょうか?

私は、このサイトを通じてビニールハウスで年中栽培されるような、定型のトマトを作りたいんじゃない。

見た目はいびつでも、味の濃い大地に根差した野性味のあるトマト、をたくさん育てていきたい。

偉そうですが、今日もそんなことを考えています。

だって、その方が楽しいじゃないですか、きっと。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス 並行陣

    メンタル

    テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

    毎日暑い時期になりました。どれだけ高いモチベーションでテニスを…

  2. メンタル

    努力に必要なのは、勝算

    「テニスを頑張りたいけど、どうも続かない」「モチベ―ションが落…

  3. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?

    秋は団体戦の季節。高校生では選抜予選、各地域のテニス協会主催で…

  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

  6. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

特集記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ
  2. テニス 主将

    戦術

    男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要
  3. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
PAGE TOP