テニス 不器用

メンタル

「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

テニスの試合に慣れていない、と感じる人。

皆さんは、どんな方という印象でしょうか・・・?

私は、一言で言えばこういう人。

よく、「視野が狭い」という言葉がありますが、それともちょっと違うニュアンス、だと思います。

試合では色々な景色、が目の前に広がりますよね。

それに耐えられない人、慣れていない人が「試合慣れしていない人」だと思います。

 

「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

 


 

1.倒すべき相手が、目の前にいる現実

試合って、そうですよね。

練習とは違う。

言葉は悪いですが、殺るか、殺られるかの世界。

相手だって必死なんです。

そんな本気で倒すべき相手、がネットを挟んで目の前にいるという現実。

この視界に慣れていないと、試合なんてもうパニックですよ。

普段の練習は、どこか仲間内の雰囲気があるし、試合形式だって和気あいあいじゃないですか。

本番の試合、知らない人との試合・・・とは、目の前の景色が違い過ぎるんです。

 

2.ポジションによる視界の違いも大きい問題

練習だと、自分の好きな場所から打てる。

ストロークが好きならベースライン、にずっと居れば良い訳ですからね。

誰も咎めない。

でも、試合では・・・どうですか?

浅いボールが来たら前に走らないといけない。

そしてその後、ロブが来たらコートを背にして追いかけて、しかも返球しないといけない。

そんな世界、景色、光景、練習で味わえてますか?

試合慣れしていない人って、練習以外の自分の景色に拒絶反応を起こすんですよ。

そりゃ、いつもの実力なんて出せなくて当たり前です。

 

3.温室育ちとは、こういうこと

自分の気心の知れた仲間、コート。

練習メニュー、雰囲気・・・全てが変わるのが試合です。

いつも意識しないといけないのは、私たちの練習はいつでも温室育ちな環境になりがち、ということです。

「いや、でもそれしか練習環境が無いし・・・」と思う方、多いと思います。

だったら少しでも練習内容を変えたり、自分で成果を記録したり、または試合でありそうな「変わったシチュエーション」を創り出して練習してみませんか?

少しのアクションで、試合慣れ出来る練習、は作れると思いますよ。

 

4.いつも同じ景色を見ている自分に、まず気付こう

普段の練習、いつも同じようなポジション、ショットじゃないかなと。

こういう危機意識は大事です。

なぜなら、アナタが毎回同じだと、対戦相手や練習仲間もそれに慣れてしまう。

悪循環、がそこに発生するんですよね。

逆にどんどんチャレンジしていけば、お互いで相乗効果になっていく。

「毎回試合に出ているのに、実力が出せない」と言う人は、練習から試合慣れしていく、という意識が大事。

そして何かを、変えていきましょう!

 

温室育ち、と言う言葉がありましたが・・・試合に出ている人には、私はもっともっと、たくましい選手になって欲しい。

インドアテニススクール、楽しいし楽ですよね。

でも、どこかビニールハウスのようにも見えてしまうのは、私だけでしょうか?

私は、このサイトを通じてビニールハウスで年中栽培されるような、定型のトマトを作りたいんじゃない。

見た目はいびつでも、味の濃い大地に根差した野性味のあるトマト、をたくさん育てていきたい。

偉そうですが、今日もそんなことを考えています。

だって、その方が楽しいじゃないですか、きっと。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要

    本気でテニスを強くなりたいなら、何が必要でしょうか。時間?環境…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

    試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。試合結果について自…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手の高い打点からのフラットショット、を凌ぐ打ち方とは?
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと
  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    頭の真上のボレー、はフォア?バック?
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備してお…
PAGE TOP