テニス ダブルス

フットワーク

試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ

試合の中で、つい緊張してしまうと忘れてしまうもの。

その一つが、スプリットステップ、じゃないでしょうか。

リターンの時は出来ても、ラリーになるとつい止まってしまう。

前衛にいても、つい固まって足が動かない・・・という方に、今回はオススメしたいポイントをまとめてみました。

少し意識を変えると、きっとスプリットステップ、癖になりますよ。

試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ

1.ステップ自体の価値を知る

そもそも、「なんで必要なんだ?」をしっかり理解しておかないと。

必要性を感じるようになれば、自然と忘れなくなるのが人間です。

人は、軽くジャンプして着地した直後、はその反動を使って動きやすい。

それも、一足飛びにピュッとその場から離れる、ことが出来るんですよね。

地面、コートの反発力を活かす、力をもらっていると考えましょう。

静止した状態からよりも、着地して膝が少し曲がっていたものを伸ばす、方が楽じゃないですか?

ぜひ、静止した状態から同じように動けるか、試してみて下さい。

スプリットステップ、の価値を再認識出来るはずですよ。

2.ラリーの中で自分でリズムを取る

ステップは、リズムを刻むもの。

実際の選手の中でも、相手が打つ瞬間に着地する人もいれば、少し早め、遅め、と特徴がある。

それらは全て、その人のリズムなんですよね。

常にラリーをしながら、自分で相手に呼吸を合わせていく。

ステップの後にすぐにテイクバック、という感じでセットで意識してみましょう。

ステップ、ターン!

この習慣を身に付けると、すごくステップが楽になりますよ。

3.つま先を使って着地、を意識してみる

実際の試合では、着地はつま先で完了。

かかとまで着地すると、ちょっと次の動作が遅れますよね。

つま先ジャンプ、つま先着地。

ポイント間のオフプレーのときにはかかとを地面に付けてリラックス出来ますが、それ以外はつま先立ちが基本。

くらいのつもりでステップを踏めると、自然にスプリットステップの癖が付いて来ると思います。

4.目線を落としてリラックス

試合の中で、目線が高いとステップを忘れがち。

逆に目線が低いと、膝も適度に曲がって良い感じでステップ、を繰り返していけるでしょう。

自分の中で、いつも目線を低く保てるように、膝を曲げてリラックス。

でも、背中は曲がらないように胸を張る。

このパワーポジションさえキープ出来れば、きっとステップも忘れることは無いでしょう。

5.上に飛ぶのではなく、下に沈む

上にジャンプ!と思うから、結構スプリットステップって大変なんですよね。

今いる状態から、沈んでいくようなイメージで良いと思います。

実際に私も、スタンスを広くして沈む、くらいの方が反応が良くなる。

特に相手が攻撃して来るような場面では、沈むくらいでちょうど良い。

普段の練習でも、上にジャンプよりも下に沈む感じで。

目線も低くなりますし、オススメですよ。

スプリットステップは、テニスの基本。

でも、結構試合になると緊張からか・・・出来ていない人も多いのが気になります。

自分は出来ている、ということって、意外と出来ていないことも多い。

アナタ自身、試合を周りの仲間に見てもらったり、動画で確認してみてはどうでしょう。

「自分はきっと、大丈夫・・・」という人ほど、危ないと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

    今回は、とっておきのテニスの裏ワザ、お伝えします。経験則、から…

  2. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

  3. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ

    試合の中で、ラリーが続いているのに相手に背中を向ける。これは、…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  5. テニス チャンス
  6. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

特集記事

  1. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  4. ダブルス

    ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない
  5. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
PAGE TOP