テニス メンタル

練習メニュー

「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。

ストローク側(ベースライン)から走っていく動き、相手の足元に打つ為の打ち方をしっかり鍛えましょう。

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~上級

■目的:ドロップショットを打たれたときに、前に走って冷静に処理する練習

 


 

【練習方法】

コート縦半面を用いて、1対1のラリー形式で行う。

片方の選手が、サービスライン付近から浅いボールを球出しする。

それを相手が前にダッシュして、拾ったところからラリーをスタート。

甘いボールは叩いても良いが、1球目はミスしないようにコートに収める。

球出し側が1~2球交代でローテーションし、前に走る側の選手は時間で交代。

 

【発展練習】

①球出し側が、浅いボール(ドロップショット)の中に深いボールも混ぜる。

相手が浅いボールを予測して、ダッシュしそうになったところに、深いボールが来るのでそれに対応する。

球出しの瞬間を見極めて、青側は素早く反応し補球体制に入る。

 

②球出しをアレーコート(コートの端寄り)に出して、その方向にネットに詰めてみる。

球出し側は、ストレートを抜かれないよう注意しつつ、相手が拾った次のボールで仕留める。

拾う側はロブもOK、詰めてきた相手になんとか触られないように意識する。

実戦を想定した練習で、相手のラケット面をよく見ることが大事。

 

【ポイント】

ベースラインでのラリーとは違い、ネット際ではポジショニングのミス、ショットコースの選択ミスが即失点に繋がってしまう。

浅いボールを前に追いかけつつ、頭の中で様々なコースを想定して相手と駆け引きをする余裕を持てるように意識して練習しましょう。

青の練習がメインのようにも見えますが、赤側は「相手を前におびき出す」→「拾わせた次に仕留める」というイメージを養うことが大切。

試合で使うことが多いパターンなので、しっかり反復練習しましょう。

 

【メニュー作成者より一言】

プロの世界でも、前後にコートを広く使える選手は少ない。

特に日本人選手は「自らペースを変える」ということに、慣れていない。

画一化された教育、金太郎飴のような育成に問題があるとはいえ、テニスというゲームを動かすには縦に広いコートを使うことこそ、醍醐味。

この練習を繰り返せば、前後に走らせる、自分も走るというテニスの風景に慣れることができる。

浅いボールの処理の技術が身に付けば、テニスの幅が大きく拡がること間違い無し。

最初はなかなか難しいですが、初中級レベルから是非取り入れてもらいたいメニューです!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

    テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。個人テーマ、ク…

  3. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  4. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

    皆さん、家や学校でラケットの素振り、していますか?「地味だし面…

  5. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

    普段の練習で、意識したいこと。私たちはつい、「練習の為の、練習…

  6. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    ライジングショットをふかさない為には、「ラケットを持つ腕の肘の位置を高く」意識す…
  2. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ
  3. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い
  4. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
PAGE TOP