テニス メンタル

練習メニュー

「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。

ストローク側(ベースライン)から走っていく動き、相手の足元に打つ為の打ち方をしっかり鍛えましょう。

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~上級

■目的:ドロップショットを打たれたときに、前に走って冷静に処理する練習

 


 

【練習方法】

コート縦半面を用いて、1対1のラリー形式で行う。

片方の選手が、サービスライン付近から浅いボールを球出しする。

それを相手が前にダッシュして、拾ったところからラリーをスタート。

甘いボールは叩いても良いが、1球目はミスしないようにコートに収める。

球出し側が1~2球交代でローテーションし、前に走る側の選手は時間で交代。

 

【発展練習】

①球出し側が、浅いボール(ドロップショット)の中に深いボールも混ぜる。

相手が浅いボールを予測して、ダッシュしそうになったところに、深いボールが来るのでそれに対応する。

球出しの瞬間を見極めて、青側は素早く反応し補球体制に入る。

 

②球出しをアレーコート(コートの端寄り)に出して、その方向にネットに詰めてみる。

球出し側は、ストレートを抜かれないよう注意しつつ、相手が拾った次のボールで仕留める。

拾う側はロブもOK、詰めてきた相手になんとか触られないように意識する。

実戦を想定した練習で、相手のラケット面をよく見ることが大事。

 

【ポイント】

ベースラインでのラリーとは違い、ネット際ではポジショニングのミス、ショットコースの選択ミスが即失点に繋がってしまう。

浅いボールを前に追いかけつつ、頭の中で様々なコースを想定して相手と駆け引きをする余裕を持てるように意識して練習しましょう。

青の練習がメインのようにも見えますが、赤側は「相手を前におびき出す」→「拾わせた次に仕留める」というイメージを養うことが大切。

試合で使うことが多いパターンなので、しっかり反復練習しましょう。

 

【メニュー作成者より一言】

プロの世界でも、前後にコートを広く使える選手は少ない。

特に日本人選手は「自らペースを変える」ということに、慣れていない。

画一化された教育、金太郎飴のような育成に問題があるとはいえ、テニスというゲームを動かすには縦に広いコートを使うことこそ、醍醐味。

この練習を繰り返せば、前後に走らせる、自分も走るというテニスの風景に慣れることができる。

浅いボールの処理の技術が身に付けば、テニスの幅が大きく拡がること間違い無し。

最初はなかなか難しいですが、初中級レベルから是非取り入れてもらいたいメニューです!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ

    テニス選手として、試合に出ること。これをしっかりと目指す、まし…

  4. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー

    人数が多いときでも、しっかり2対1のラリー練習がしたい。特にボ…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  6. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて

    テニススクールやサークル、部活でも実施した経験、ある方も多い3列ラリー…

特集記事

  1. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
  5. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる
PAGE TOP