テニス 夜

練習メニュー

「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。

テニスに限らずですが、自分一人で闇に紛れて人知れず、コツコツ練習すること。

その練習で上手くなっていく・・・ことがベストなんですが、テニスってそれだけじゃ難しい。

個人練習、大事です。

ですが、闇に紛れて一人で練習、だけで飛躍的に上手くなることは無いでしょう。

 

「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

 


 

1.「突然変異」をどこかで期待しても無理

闇に紛れて練習していると、どこかから「技の閃き」が降りて来る。

そんな淡い期待をしていても、実際は厳しい。

テニスで新しい発見をしたり、技が閃いたりするのは、一人じゃ無理なんです。

閃いた技術を身に付けるには一人での反復練習も大事ですが、テニスは相手ありきの対人スポーツ。

人がどう反応するのか、変えたらどう相手も変わるのか・・・を考えて試行錯誤していくから、技が生まれて来るのです。

 

2.「人と会いたくない」選手は、どこか自分を認められていない人

私も個人練習は大好きでしたが、それってどこか逃げているような時期でもある。

人に見られたくない、急に登場して周りをあっと驚かせたい・・・みたいな希望が、どこかにあったと思います。

テニスって、そんなに甘くない。

人にまだまだ、自分のテニスを見られたくない・・・ようなとき、つい個人の闇練習に終始してしまいがちなんですよね。

自分の殻の閉じこもっていても、何の進歩も無いです。

 

3.「人に聞けば一瞬で変わる」ことが、テニスではたくさんある

時間は皆に、平等に流れている。

いかに効率的に使っていくか、もっともっとアナタ自身考えてみて良いでしょう。

悩んでいることがあれば、人に聞いたり話したりすることで一瞬で解決することだって、テニスにはよくあること。

私もバックハンドのストロークで悩んでいたときに、グリップチェンジのコツを聞いた瞬間に一気に上達しました。

闇に紛れて練習していても、そんな閃きは絶対に無い。

明るいところで、皆と一緒に模索し合うことこそ、テニスの上達には大事です。

 

夜の個人練習、それはそれで大事です。

メンタルの強さを養ってくこと、にもつながりますからね。

でも、どんどん明るい場所で自分のテニスを陽に当てることも大事。

自分で意識してバランスを取って、成長していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. + POWER CUP について
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう

    以前にも少しご相談頂きました、テニススクールでの練習について。…

  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です

    今の練習に、疑問を感じている方。部活やサークル、テニススクール…

  4. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?

    試合の中で、緊張した場面で力を発揮する。これが出来る、自信が…

  5. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスター…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

特集記事

  1. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
  2. サーブ

    リターンダッシュを、引いて待ってはいけない
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  4. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ
PAGE TOP