テニス 夜

練習メニュー

「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。

テニスに限らずですが、自分一人で闇に紛れて人知れず、コツコツ練習すること。

その練習で上手くなっていく・・・ことがベストなんですが、テニスってそれだけじゃ難しい。

個人練習、大事です。

ですが、闇に紛れて一人で練習、だけで飛躍的に上手くなることは無いでしょう。

 

「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

 


 

1.「突然変異」をどこかで期待しても無理

闇に紛れて練習していると、どこかから「技の閃き」が降りて来る。

そんな淡い期待をしていても、実際は厳しい。

テニスで新しい発見をしたり、技が閃いたりするのは、一人じゃ無理なんです。

閃いた技術を身に付けるには一人での反復練習も大事ですが、テニスは相手ありきの対人スポーツ。

人がどう反応するのか、変えたらどう相手も変わるのか・・・を考えて試行錯誤していくから、技が生まれて来るのです。

 

2.「人と会いたくない」選手は、どこか自分を認められていない人

私も個人練習は大好きでしたが、それってどこか逃げているような時期でもある。

人に見られたくない、急に登場して周りをあっと驚かせたい・・・みたいな希望が、どこかにあったと思います。

テニスって、そんなに甘くない。

人にまだまだ、自分のテニスを見られたくない・・・ようなとき、つい個人の闇練習に終始してしまいがちなんですよね。

自分の殻の閉じこもっていても、何の進歩も無いです。

 

3.「人に聞けば一瞬で変わる」ことが、テニスではたくさんある

時間は皆に、平等に流れている。

いかに効率的に使っていくか、もっともっとアナタ自身考えてみて良いでしょう。

悩んでいることがあれば、人に聞いたり話したりすることで一瞬で解決することだって、テニスにはよくあること。

私もバックハンドのストロークで悩んでいたときに、グリップチェンジのコツを聞いた瞬間に一気に上達しました。

闇に紛れて練習していても、そんな閃きは絶対に無い。

明るいところで、皆と一緒に模索し合うことこそ、テニスの上達には大事です。

 

夜の個人練習、それはそれで大事です。

メンタルの強さを養ってくこと、にもつながりますからね。

でも、どんどん明るい場所で自分のテニスを陽に当てることも大事。

自分で意識してバランスを取って、成長していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  2. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

    良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。こういう経験、み…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない

    テニスの練習って、みなさん普段どんな感じでしょう部活やサークル…

  4. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  5. 練習メニュー

    「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

    選手時代、ボール出し練習をよく行った。ボール出し練習だから、ゆ…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

特集記事

  1. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  2. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ
  4. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てな…
  5. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
PAGE TOP