テニス 練習

練習メニュー

模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。

それは、なぜなのか。

今回、ハッキリ書いておきたいと思います。

人の真似なんて、つまらないし自分らしさが失われてしまう・・・という気がする。

人の真似をする、模倣をする、ということについて、もっと貪欲になって欲しい。

その方が、絶対にテニスが強くなりますから。

 

模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

 

1.模倣こそ、貪欲で素直な姿勢の現れ

逆に、真似しない人・・・の方が私は不思議ですけどね。

上手くいっている人、を真似てみる方が絶対に早い。

人間は誰しも、手足が2つあって頭が一つ、そんなに大差はありません。

観て感じて、自分でもやってみる。

だって、先輩やコーチは必死で工夫して、もしかしたら誰かを真似て、自分で一番使える形に仕上げている訳ですからね。

真似するには、どうすれば良いのか。

そこを徹底的に考えておく、ことが大事なんです。

 

2.テニスで真似したいのは、準備の技術

実際に、真似しようと思っても上手くいかない。

「やっぱり難しい技術なんだな・・・」と、諦めるのは早いですよ。

真似しないといけないのは、準備の部分。

打ち方が真似できないのは、そもそも打てる態勢で入れていないだけ、な場合が多い。

それを、技術不足だと勘違いして諦めてしまう。

それってもったいないですよ。

本当に真似したい、上手い人は、どんな準備をしているのか。

スプリットステップ、フットワークにテイクバック、といった打つ前の動作、こそ大事。

ここを真似ることが、なかなか出来ないんですよ。

つい、華やかな部分ばかり真似しようと、焦ってしまいますからね。

ぜひ、準備段階を注意して見て欲しい。

プロ選手の動画、試合でも、同じですよ。

 

3.一番オススメなのは、「なりたい選手」を見つけること

みなさんも、ぜひ見つけて欲しい。

私自身、プロ選手や身近な選手で、たくさんいました。

「ストロークはこの選手、ボレーはこの選手」みたいな感じで良いと思います。

大事なのは、そこに「なぜ?」と付け加えること。

なぜ、この選手のようなプレーをしてみたいと自分は思ったのか。

そこに、アナタらしさが詰まっているはず。

ぜひ、しっかり観察して動画を見て、真似して欲しい。

「こうなりたい!」と思うモチベーション、があれば必ず近付いていくもの。

この機会にしっかり考えてみること、が大事ですよ。

 

4.模倣を繰り返せば、オリジナリティが生まれてくる

いきなり「自分らしさ」なんて生まれて来ない。

なぜなら、圧倒的な「試行錯誤」が足りないからです。

誰かを真似よう、と思って必死になれば、毎回自分を捨てて新しいことに取り組める。

自分らしさを一から作るのって、こういう試行錯誤があって自分なりに探していく、から出来ること。

一人でモヤモヤしていても、自分らしさなんて生まれて来ない。

アクションを多く起こした人にこそ、オリジナリティって宿るんです。

テニスだけでなく、仕事や勉強でもそうじゃないですか?

まず公式、型から入ってみる。

徹底して真似てみて、そこから自分らしさがスタートしていくんです。

 

5.自分らしさとは、つまりは「配球」でしょう!

私は、テニスではこう思いますよ。

アナタ自身が、どういうボールを打つのか。

打ち方・・・も確かに自分らしさ、の一部ですが、結局はそこからどういうボールを打てるのか、が大事。

そのアナタが打ったボールこそ、配球こそ、アナタらしさじゃないですか?

そこを形作っていくには、やっぱり色々な模倣から入っていくこと、が一番。

多くの工夫を、率直に愚直に繰り返す、そんな人こそ強いオリジナリティを持ったテニス選手になっていくでしょう。

 

「自分らしいテニスって、何だろう・・・作らなきゃ・・・」と、焦る必要は無いですよ。

私だって、たくさんの人のテニスの模倣、の上に出来ています。

ちょっとずつ、「これはオリジナルかな」という部分も、出来てはきていますけどね。

まだまだ、これからです。

自分らしさ、の檻の中に入るのも、嫌じゃないですか。

いつだって、私は誰かを真似出来るくらい、貪欲でいたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている

    試合で勝ちたい、と考えているみなさん。つい、焦ってしまいがちで…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  3. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

  4. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  5. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
  3. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ
  4. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
PAGE TOP