テニス ミス

練習メニュー

県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

「あの選手のストローク、凄いな・・・」

「サーブ、ブレイク出来る気がしないよ・・・」

そんな選手、皆さんの周りにもきっと何人かいますよね。

そういう選手は、どうやって技術を鍛えてきたのか・・・。

その答えって、意外と簡単だと思いますよ。

何度か書いてきましたが、テニスの成長が早い人ってこういう人です。

 

県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

 


 

1.「真似出来る」という最高の才能

最近だと、動画サイトなんかで簡単にプロ選手の動画も見れますしね。

もちろん、全てを真似することは出来ないし、難しい技術も多いんですが、「これは使えるかも」というのにピンと来るかどうか。

自分のテニスに使えそうなモノを、敏感に感じる力があるかどうかって、テニス選手にとって大事なポイントです。

色々な選手、強い選手がテニス界にも全国にいますが、彼らもたくさん「真似して来た」人たち。

私だって、9割、いやそれ以上が誰かの真似、がベースになっています。

テニスの上達が遅い人ほど、これが出来ないんですよね。

 

2.真似した先に、自分らしさが生まれてくる

よく、逆でとらえられるケースが多いようです。

自分のオリジナリティがあって、そこに良い人の要素を真似していく、追加していく・・・。

私は、逆だと思いますよ。

まず真似から入る。

そこで感じたことを、自分なりに変えていく。

この方が、圧倒的にスピードが速いし効率的。

だって、今目の前に上手い人がいるなら、それが一番「完成形に近い」可能性が高い。

もとろん、可能性の話です。

ですが、同じ人間で、同じくらいの年代、体格。

だったら真似して大枠を決めていった方が、絶対に早いでしょう。

 

3.素直さがあるかどうか

率直に、素直であるかどうか。

人の技術を真似する、ということを受け入れることって、実は結構大変な人も多いじゃないですか。

プライドが高い人もいれば、長年続けてきた技術は変えるのも勇気が要る。

でも、そこに素直さがあれば、きっと人は誰かの真似もできる。

それは別に悪いことでも無いし、むしろ私なら真似されるって最高に嬉しいことですけどね。

テニスの上達が早い人、それは間違いなく「率直で素直」な部分を持っている人だと思います。

皆さんは、どうですか?

 

4.一番見て欲しいのは、実は「グリップ」

私は、最近これを強く感じます。

皆さん、テニスの試合に勝ちたい、強くなりたいと思うなら、ラケットの「持ち方」にもっと神経質にならないと。

グリップが少し違うだけで、テニスのプレースタイルや質は全く違う。

上手い人って、グリップとスウィングスピード、打点の3つがピタッと合っている。

この合っているポイントこそ、盗んで欲しい一番の黄金のセットなんです。

同じようなスウィングをしてもボールが違うのは、きっとグリップか打点が違うから。

でも、グリップからまず、見れば分かるはず。

聞けるなら、直接聞いても良いと思いますよ。

「そもそも、練習やトレーニング、経験が違うんだろ・・・」と諦めるより、グリップを聞ける勇気があるかどうか。

意外と、その次のストロークから全然変わっていく、なんてことはよくある話なんです。

 

5.誰でも倒せる気分になりませんか?

全ての強い人は、コピペである。

そう考えると、格上相手でも何となく「神様みたいな人はいないんだな・・・」と、思えるようになりませんか?

私は、こういう効果って大事だと思いますよ。

確かに、強い人は強い。

でも、その人が一からオリジナルで作った強い武器、なんて実は少ない。

今まで対戦してきた誰か、をさらに少しだけ強くしたようなモノ、なんだと。

全ては延長線上の話、と自分に言い聞かせる。

強引ですが、何となく勝てるような気がしてくる・・・こと、無いですかね?

 

強い人は、モノマネ上手。

そして感覚的に分かってるんだと思います、テニスだけじゃないですからね。

真似から入って、オリジナルが出来ていく。

真似から入れない人は、いつまで経っても進歩しない自分のオリジナルにこだわり続ける。

これが、世の中の性です。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

    テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。…

  3. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

  4. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ

    みなさんは、普段の練習の時に、こういう意識はあるでしょうか。私…

  5. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

    みなさんが、普段当たり前だと思ってやっていること。今までやって…

  6. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャンスです

    面倒くさいと思うのか、チャンスだと思うのか。学生の皆さんからす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっ…
  3. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  5. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
PAGE TOP