テニス メンタル

戦術

試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくなる

試合で使う作戦、皆さんはしっかり実践出来ていますか?

せっかく準備しても、使わないで終わると意味が無いですし、本当の意味での「失敗」に終わります。

私がオススメするのは、何でも良いので、自分で作戦名を考えてみること。

子供だましと思うかも知れませんが、具体的に短い名前を名付けると試合がすごく楽しくなりますよ。

 

試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくなる

 

■私がシングルスで多用するのは、「2人でボレー対決大作戦」

例えば私は、シングルスの試合でよくこの作戦を使います。

要は簡単で、ドロップショットを打って自分も前、相手も前、という状況を作ってボレーでガチンコ勝負!

私はストロークで打ち合うよりも、こうやって相手を動かしてボレー戦に持ち込んだ方が楽。

結果的に失点しても、自分の得意な形を混ぜていく、しかも自分のオリジナルの作戦名で。

何だか、少しワクワクしてきませんか?

 

■「ハッタリ」でも良い、作戦なんて

テニスの作戦なんて、8割がハッタリで良い。

技術もあって、確信もある作戦は、ベースとなるプレーなのでもはや作戦でも無いような気がします。

今回、名前を付ける作戦は、ある意味奇襲に近い。

具体的に、「何を使って」「どこで勝負する」が分かるとすごく良いですね。

ダブルスでも幅が拡がるはずです。

「リターンダッシュ大作戦」

「1球目から挨拶代わりのストレートアタック」

「あえてセカンドサーブでサーブ&ボレー作戦」

名前を付けて準備するだけで、少しだけ勇気が湧いてきませんか?

 

■作戦は実行した時点で、成功!

作戦を実行したら、しただけ経験値が溜まります。

例え試合で負けても、アナタの経験値は残る。

ゲームのように、勝たないと経験値を得られる訳では無い、のがテニスの良いところ。

それなのに、何も準備しないで、何の経験もしないで敗退していく人たち・・・強くなりたいって、口だけですか?

 

準備して試す、そして改良していく。

最初から完璧な作戦なんてないし、みんな失敗しながら良いものに改良していくのです。

初めから、求め過ぎない。

やってみて感じて、変えていきましょう!

さぁ、まずは5つ、アナタなりの名前でテニスの作戦、考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

    私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。その中で、結構多いミ…

  2. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  3. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入れば、良いメンタルで戦える

    テニスの試合、対戦相手とどう向き合うのか。これが上手い選手は、…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
  2. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    試合の中では「自分が攻撃しているのか、させられているのか」については常に意識して…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について…
PAGE TOP