練習メニュー

「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。

それ以外は・・・・雨の日に、廊下に並んで腹筋とか、腕立てとかやった記憶はあるけど、そんな習慣化はされてなかったかな?

卒業して上京し、テニスコーチを始めた頃、周りには選手として頑張っている人達が沢山いたんだけど、その人達の影響で「トレーニング、俺もやらなきゃ・・・」って思い始めて19歳の頃、トレーニングを始めた。

 

「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

 


 

でも最初は気合が入りまくっていたから、暗くなって使えなくなったテニスコートを一人黙々とダッシュしたんだよ。

暗いコートの中、一人頑張っている俺・・・というシチュエーションに、酔っていたのかもしれない。

「俺、カッコいい!!」

なんて思っていたけど、そんな不純な気持ちで始めたトレーニングなんて、長続きするはずもない

1カ月も持たなかった。

一応近所の公営のトレーニングセンターへ週2,3回通ってマシントレーニングをしていたんだけど、その目的の殆どがお風呂とジムトレーナーのお姉さんが目当て。

ちゃんとしたトレーニングはしていなかった。

なんで、ちゃんと出来なかったかと言うと、まだそんなに試合へ出場していなかったから、自分の身体を鍛えようと思わなかったのだ。

本格的にトレーニング始めたのは、やはり戦績が出始めた22歳頃のから。

トレーナーや先輩選手に相談して、どういうトレーニング方法がテニスの結果に繋がるかを本気で考え始め、トレーナーにメニューを作ってもらい、トレーニング指導をしてもらいながらみっちり行った

すると、体力、筋力、精神力のバランスが取れてきて、結果は伸びたのだ。

そうなるとトレーニングは止められない。

練習とトレーニングをしっかりやらないと、気持ちが落ち着かないくらいの考え方になってきたんだけど、やっぱりそこまでしっかり習慣化されないとトレーニングって出来ないね。
 



 

「身体、鍛えたい!」

そう思っている人は、自分一人で気合入れて頑張るよりも、それをしっかり見てくれる人を探した方が良い。

俺の場合はトレーナーを探して、その人にメニュー作りから一緒にトレーニング・・・というとこまで面倒みてもらったけど、練習仲間とか友人とかでも良いから、一緒にやることをお勧めする。

だって、一人じゃあ精神的にきついからね。

結果が出始めると良いんだけど、これから結果出したい人は、トレーニング仲間やトレーナーを探す事を怠りなく!!

しっかり鍛えて戦績残そう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ

    テニスの試合、勝った試合よりも負けた試合。これを、どう活かすか…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  4. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう

    テニスについて、考える。「ちゃんと考えてるよ!」と言う人もいる…

  5. テニス リーダー

    練習メニュー

    ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム

    テニスの練習って、難しい。だって、毎回試合相手は違うのに、練習…

  6. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

特集記事

  1. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!…
PAGE TOP