その他

「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

もともと小児ぜんそく患者だった俺は、虚弱体質だった。

走り回ることは好きだったし、運動神経も悪くない。

ただ、激しい運動をするとすぐに発作が起きて呼吸困難に陥り、運動を続けられなくなる。

体力を付ければ克服するんじゃないかと、両親は俺にありとあらゆる運動をさせた。

 

「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

 


 

その結果、体力が付いて発作も起きにくくなり、好きな運動を好きなだけ出来るだけにまでになった。

が、体力だけが発作に打ち勝ったんじゃなくて、呼吸法が重要だったのだ。

呼吸が乱れると発作は一瞬で起きてしまう。

なので子供の頃の俺はとにかくどんなに激しくて辛い運動の時でも、呼吸を正常なリズムで保ち続けることを意識し続けた。

そして、自分で発作が起きない呼吸法を確立させることが出来たんだよ。

でもそうやって身に付けた呼吸法は、後のテニス選手としての俺に大きな影響を与えてくれた

呼吸を整えることで冷静さを維持する事が出来たし、呼吸法をラリーと合わせることで集中力を高めることが可能となった。

「ボールを打つ瞬間、息を吐く」

これは多くの人が知っていることである。

でもテニスで大事なことは、相手との戦い・・・ということ。
 



 

自分が打つ時だけでなく、相手がボールを打つ瞬間にも息を吐いておかないといけないのだ

ここが重要。

相手がボールを打った直後、そのボールの方向に向かって行かないといけないし、そのボールをどこにどういったショットで返球するか考えて決めないといけない。

相手がショットを打つ瞬間に集中する事が出来れば、その後の行動がスムーズに進み易い。

しかも自分が打つ瞬間の呼吸と、相手が打つ瞬間の呼吸を合わせれば、ラリーのタイミングと呼吸のタイミングが合うので、延々とラリーが続いても一定の呼吸リズムを保ちやすく、体力の消耗も最小限に抑えられやすい。

「呼吸のせいで負けた・・・」と自覚する事は少ないと思うが、意外と呼吸が乱れたことで集中力が低下して、冷静な判断が出来なかったり、余計な体力を使ってしまったりしている人って多いよ。

自分が打つ時はもちろんだけど、相手が打つ瞬間も意識して、呼吸を吐いてみよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  2. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない

    テニスの試合に出始めて、まだ日が浅いみなさんへ。ぜひ、頑張って…

  3. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

    よく「練習でしっかり打てるようになってから、試合で使います」という声を…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニス界を「盛り上げる」という話について

    「日本のテニス界について、どう思いますか?」こういう質問を、…

  5. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない

    みなさんは昔、体育の授業ってどんな感じでしたか?大体小学校時代…

  6. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます

    試合後に、対戦相手と話す機会があれば、ぜひ色々聞いてみたい。と…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長…
  2. テニス 準備

    戦術

    試合をすれば、全て出る
  3. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく
PAGE TOP