その他

「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

もともと小児ぜんそく患者だった俺は、虚弱体質だった。

走り回ることは好きだったし、運動神経も悪くない。

ただ、激しい運動をするとすぐに発作が起きて呼吸困難に陥り、運動を続けられなくなる。

体力を付ければ克服するんじゃないかと、両親は俺にありとあらゆる運動をさせた。

 

「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

 


 

その結果、体力が付いて発作も起きにくくなり、好きな運動を好きなだけ出来るだけにまでになった。

が、体力だけが発作に打ち勝ったんじゃなくて、呼吸法が重要だったのだ。

呼吸が乱れると発作は一瞬で起きてしまう。

なので子供の頃の俺はとにかくどんなに激しくて辛い運動の時でも、呼吸を正常なリズムで保ち続けることを意識し続けた。

そして、自分で発作が起きない呼吸法を確立させることが出来たんだよ。

でもそうやって身に付けた呼吸法は、後のテニス選手としての俺に大きな影響を与えてくれた

呼吸を整えることで冷静さを維持する事が出来たし、呼吸法をラリーと合わせることで集中力を高めることが可能となった。

「ボールを打つ瞬間、息を吐く」

これは多くの人が知っていることである。

でもテニスで大事なことは、相手との戦い・・・ということ。
 



 

自分が打つ時だけでなく、相手がボールを打つ瞬間にも息を吐いておかないといけないのだ

ここが重要。

相手がボールを打った直後、そのボールの方向に向かって行かないといけないし、そのボールをどこにどういったショットで返球するか考えて決めないといけない。

相手がショットを打つ瞬間に集中する事が出来れば、その後の行動がスムーズに進み易い。

しかも自分が打つ瞬間の呼吸と、相手が打つ瞬間の呼吸を合わせれば、ラリーのタイミングと呼吸のタイミングが合うので、延々とラリーが続いても一定の呼吸リズムを保ちやすく、体力の消耗も最小限に抑えられやすい。

「呼吸のせいで負けた・・・」と自覚する事は少ないと思うが、意外と呼吸が乱れたことで集中力が低下して、冷静な判断が出来なかったり、余計な体力を使ってしまったりしている人って多いよ。

自分が打つ時はもちろんだけど、相手が打つ瞬間も意識して、呼吸を吐いてみよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス センス

    その他

    「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

    よく、テニスの上達には「センス」が大事だと言われます。確かに、…

  2. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

  3. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

  4. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  5. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について

    「てにすまんプロジェクト」で色んな学校に訪問して部活の指導を行うように…

  6. テニス グリップテープ

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  3. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい
  5. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける
PAGE TOP