ダブルス

雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。

でも、しっかり守備もしたい。

この役割を担うのは、前衛です。

前衛がしっかり洞察力を持ってプレー出来れば、雁行陣はまだまだ強くなる。

キーワードは、メリハリです。

 

雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

 


 

1.ダブルスの前衛は、難しい・・・?

と、たくさんの方からお悩みの声を頂きます。

ダブルスの前衛、何をしたら良いのか分からない、と。

確かに、待っていてもボールは来ないし、相手にボレーされたらそれを守らないといけない。

自分の判断力、決断力が求められるところですよね。

これは、何度も書いて来ましたが私たち日本人が苦手にするところ、でしょう。

後衛のように粘ってひたすらつなぐ、チャンスを作る方が得意な方が性格上多い。

だからこそ、チャンスがあるとも言えますね。

 

2.何を感じるか、が大事

ラリーの中で、何を感じるのか。

それは、ただ立ってるだけなら気付きません。

後衛同士のラリーで、どっちの選手が押しているのか。

自分のパートナーなのか、それとも相手の後衛なのか。

それによって、自分が攻撃に出るべきか、相手の前衛をケアするべきか・・・が、変わって来ますよね。

自分のパートナーが押しているなら、しっかりセンターに詰めてポーチで加勢したい。

この感じる力、があるかどうかが前衛として大事。

鈍感な人は、ずっと目の前にボールが来るまで動きません。

 

3.相手後衛の癖、を見抜こう

後衛同士で、どちらが押しているのか、と同時に。

もう一つしっかり見極めたいポイントがあります。

それは、相手後衛の癖。

テイクバックが遅いような相手は、特にその癖が顕著に現れやすい。

「クロスにしか打てないような恰好」になっている、と気付かないとダメなんです。

「あ、毎回この深いボールはクロスだな」と気付ければ、楽にポーチに出られる。

ボールは必ず、相手のラケットから打ち出される、のがテニスですから。

癖を見抜こうという意志さえあれば、道は拓けます。

 

4.もっともっと、プレッシャーをかけていこう

ここぞ、という場面ではしっかりプレッシャーをかける。

これは、洞察力以上に大事なこと。

スタートを切る決断の部分で洞察力は大事ですが、そこからどれくらいセンターに詰めることが出来るのか、はもっと大事。

アナタ自身が考えている以上に、もっとダブルスでは前衛がプレッシャーをかけて良いんですよ。

自分の後衛が押している、クロスに来る癖を見抜けたような時。

または、とにかく分からないけど何か興さないとそのまま負ける時。

どんどん、前衛は動いていきましょう。

 

雁行陣ですから、もっと大胆で良い。

後ろは後衛がしっかりカバーしてくれる、と信じて前衛は動きましょう。

洞察力は、なかなかすぐには身に付かない力、かも知れません。

意識し続けた人にだけ、急にふっと降りて来る。

そんな力かも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる

    ダブルスの並行陣、皆さんはセンターを守る意識、どの程度あるでしょうか?…

  2. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

    ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。…

  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  6. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
  2. シングルス

    シングルスの試合で、「どこに立って待てば良いのか・・・?」ポジショニングがよく分…
  3. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しま…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
  5. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと
PAGE TOP