ダブルス

雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。

でも、しっかり守備もしたい。

この役割を担うのは、前衛です。

前衛がしっかり洞察力を持ってプレー出来れば、雁行陣はまだまだ強くなる。

キーワードは、メリハリです。

 

雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

 


 

1.ダブルスの前衛は、難しい・・・?

と、たくさんの方からお悩みの声を頂きます。

ダブルスの前衛、何をしたら良いのか分からない、と。

確かに、待っていてもボールは来ないし、相手にボレーされたらそれを守らないといけない。

自分の判断力、決断力が求められるところですよね。

これは、何度も書いて来ましたが私たち日本人が苦手にするところ、でしょう。

後衛のように粘ってひたすらつなぐ、チャンスを作る方が得意な方が性格上多い。

だからこそ、チャンスがあるとも言えますね。

 

2.何を感じるか、が大事

ラリーの中で、何を感じるのか。

それは、ただ立ってるだけなら気付きません。

後衛同士のラリーで、どっちの選手が押しているのか。

自分のパートナーなのか、それとも相手の後衛なのか。

それによって、自分が攻撃に出るべきか、相手の前衛をケアするべきか・・・が、変わって来ますよね。

自分のパートナーが押しているなら、しっかりセンターに詰めてポーチで加勢したい。

この感じる力、があるかどうかが前衛として大事。

鈍感な人は、ずっと目の前にボールが来るまで動きません。

 

3.相手後衛の癖、を見抜こう

後衛同士で、どちらが押しているのか、と同時に。

もう一つしっかり見極めたいポイントがあります。

それは、相手後衛の癖。

テイクバックが遅いような相手は、特にその癖が顕著に現れやすい。

「クロスにしか打てないような恰好」になっている、と気付かないとダメなんです。

「あ、毎回この深いボールはクロスだな」と気付ければ、楽にポーチに出られる。

ボールは必ず、相手のラケットから打ち出される、のがテニスですから。

癖を見抜こうという意志さえあれば、道は拓けます。

 

4.もっともっと、プレッシャーをかけていこう

ここぞ、という場面ではしっかりプレッシャーをかける。

これは、洞察力以上に大事なこと。

スタートを切る決断の部分で洞察力は大事ですが、そこからどれくらいセンターに詰めることが出来るのか、はもっと大事。

アナタ自身が考えている以上に、もっとダブルスでは前衛がプレッシャーをかけて良いんですよ。

自分の後衛が押している、クロスに来る癖を見抜けたような時。

または、とにかく分からないけど何か興さないとそのまま負ける時。

どんどん、前衛は動いていきましょう。

 

雁行陣ですから、もっと大胆で良い。

後ろは後衛がしっかりカバーしてくれる、と信じて前衛は動きましょう。

洞察力は、なかなかすぐには身に付かない力、かも知れません。

意識し続けた人にだけ、急にふっと降りて来る。

そんな力かも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

  2. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く

    ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。ストローク、リターンも…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  4. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!…
  2. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない
  3. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・…
  4. ストローク

    「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!
  5. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
PAGE TOP