テニス メンタル

メンタル

テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。

それは、ミスをした後のアクション、でしょう。

試合に強い選手は、この部分を間違いなく考えている。

相手に差を付けられる部分、だと自分で認識してるんですよね。

 

テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

 

1.「ミスしたときこそ、堂々とする」選手は強い

どんなに悔やんでも、ミスや失点は覆らない。

だったら、何を試合で考えるべきでしょうか?

そう、そのミスや失点を、どう相手に印象付けて試合の中で活かすか、じゃないでしょうか。

私も意図的に、大事な場面でミスしたらあえて「堂々と想定内」なフリをします。

そうすると、相手は「全然気にしてないな・・・なんでだ・・・」となってくれるかもしれない。

内心は、めっちゃ落ち込んでますけどね。

基本は相手にどう見られているのか、を基準に考えているので。

誰にでも出来ること、だと思いますよ。

 

2.「ミスした後に、あえて同じショット」を打つのも有効

つい、避けてしまいがちですよね。

例えばロブをミスした後のポイントは、ロブを打つのが怖い。

だからこそ、逆にロブを打つ。

相手は「ロブが無い」と思っているかも知れないし、自分自身「ミスは続かない、今度は絶対に成功させる」と言い聞かせる意味も込めて。

あえて同じショットを打って来る相手って、メンタルが強いというか、試合慣れしてるなと私は思ってしまう。

ミスに落ち込まない、影響されない選手ってやっぱり強いですよ。

 

3.自分の中で「ミス」という言葉を無くしていこう

試合ですから、どうしても失敗はある。

それも、たまにしか失敗しないようなショット、でミスすることもあれば、「かなり厳しい状況」で想定内のミスもあるでしょう。

こういったもの、全て含めて事前にしっかり準備出来てますか?

準備出来ていれば、その次のアクションだって堂々と、全てを想定通りに進行出来るはず。

ミスという言葉を無くして、全てを確立で考えて想定内で進めていく。

それが試合に強くなる、ということだと思います。

 

実際には、試合で感情的になったりもする。

でも・・・どうでしょう、ミスして嘆いている人って、本当に失点を嘆いていると思いますか?

「違うんだよー!今のは、普段は入るんだよー!」と、ちょっと言い訳っぽく周りを誤魔化したい、と思っているんじゃないですかね?

そういう虚栄って、強い相手からはすぐにばれてしまう。

無理してカッコつけずに、しっかりミスを想定した準備、していきましょう!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに

    テニスの試合、勝っているときには少しだけ、余裕が生まれる。そん…

  2. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

    テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。そしてそれをすぐ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルとは、テクニック

    受験やテスト、と同じ。知識を活かす、メンタルも私は同じだと思…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  5. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

    月曜日から学校、会社。木曜日はテニススクールに行って、土日はど…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、無意識のうちにこの…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない
  2. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい
  3. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある
  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!
PAGE TOP