テニス メンタル

メンタル

テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。

それは、ミスをした後のアクション、でしょう。

試合に強い選手は、この部分を間違いなく考えている。

相手に差を付けられる部分、だと自分で認識してるんですよね。

 

テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

 

1.「ミスしたときこそ、堂々とする」選手は強い

どんなに悔やんでも、ミスや失点は覆らない。

だったら、何を試合で考えるべきでしょうか?

そう、そのミスや失点を、どう相手に印象付けて試合の中で活かすか、じゃないでしょうか。

私も意図的に、大事な場面でミスしたらあえて「堂々と想定内」なフリをします。

そうすると、相手は「全然気にしてないな・・・なんでだ・・・」となってくれるかもしれない。

内心は、めっちゃ落ち込んでますけどね。

基本は相手にどう見られているのか、を基準に考えているので。

誰にでも出来ること、だと思いますよ。

 

2.「ミスした後に、あえて同じショット」を打つのも有効

つい、避けてしまいがちですよね。

例えばロブをミスした後のポイントは、ロブを打つのが怖い。

だからこそ、逆にロブを打つ。

相手は「ロブが無い」と思っているかも知れないし、自分自身「ミスは続かない、今度は絶対に成功させる」と言い聞かせる意味も込めて。

あえて同じショットを打って来る相手って、メンタルが強いというか、試合慣れしてるなと私は思ってしまう。

ミスに落ち込まない、影響されない選手ってやっぱり強いですよ。

 

3.自分の中で「ミス」という言葉を無くしていこう

試合ですから、どうしても失敗はある。

それも、たまにしか失敗しないようなショット、でミスすることもあれば、「かなり厳しい状況」で想定内のミスもあるでしょう。

こういったもの、全て含めて事前にしっかり準備出来てますか?

準備出来ていれば、その次のアクションだって堂々と、全てを想定通りに進行出来るはず。

ミスという言葉を無くして、全てを確立で考えて想定内で進めていく。

それが試合に強くなる、ということだと思います。

 

実際には、試合で感情的になったりもする。

でも・・・どうでしょう、ミスして嘆いている人って、本当に失点を嘆いていると思いますか?

「違うんだよー!今のは、普段は入るんだよー!」と、ちょっと言い訳っぽく周りを誤魔化したい、と思っているんじゃないですかね?

そういう虚栄って、強い相手からはすぐにばれてしまう。

無理してカッコつけずに、しっかりミスを想定した準備、していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく

    皆さんの周りでも、こんな人いませんか?練習中から、やたらと「し…

  3. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

    先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。「先輩との試合では…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い

    ジャッジが汚い、そんな相手と試合で対戦するとき。こっちのメンタ…

  5. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?

    ふと、思い出してみる。自分の小学生時代を。きっかけは、…

  6. メンタル

    努力に必要なのは、勝算

    「テニスを頑張りたいけど、どうも続かない」「モチベ―ションが落…

特集記事

  1. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイン…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!
  4. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレー…
PAGE TOP