テニス 格上相手

戦術

「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。

一つは、ラケットの真ん中に当たらない、当たり損ねる等の技術的ミス。

もう一つは、ポジショニングなどの戦術のミス。

この2つのミスや失敗、しっかり分けて考えることがテニスには大事です。

 

「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

 


 

■技術的なミスを0にできる人はいない

「アンフォースドエラー」という言葉が、テニス界にはあります。

「アンフォースド」とはつまり、力が加えられていない、相手からプレッシャーの無い状態ということです。

つまりは、いつもは出来ていることが出来ない、イージーミス。

しかし技術的なミスを、0に出来る人なんてもちろんいません。

ラケットの真ん中でボールを捕えられ続けられる人など、いません。

そこをしっかり意識して、もちろん0になるように練習する訳ですが、あまり神経質に考え過ぎて一つのミスを悔い続けるのは、試合の中では得策では無いのです。

 

■逆に、戦術的なミスは限りなく0にできる

戦術的なミスはどうでしょう。

もちろん相手によって、「裏をかかれた・・・」というようなときはあるでしょうが、ベーシックな作戦を実行しない、というミスは限りなく0に出来る。

例えば、アナタがベースラインからドロップショットを打ったとき、しっかり前のスペースをカバーできるポジションに立てていますか?

これを実践しないのは、ミスというよりは怠慢です。

そんな基本、「知らなかった」というのは実にもったいない。

セオリーとなる部分の戦術は、しっかり全て把握して実行する。

もちろん、相手が試合巧者であれば逆をカバーしたり・・・ということもあると思いますが、アナタ自身に戦術の意図があるかどうか

今一度、しっかり確認してみましょう。

 

■「高い確率で出来ること」を続けるのがテニス試合、だけどその中でのトライは必要

「言ってることが、矛盾してるじゃないか・・・」と感じるかも知れませんが、このバランスは大事。

高い成功確率のショットで試合を組み立て、その中でトライする部分はトライしていく。

この「トライ」の部分で発生する技術的なミスは、全く気にする必要ありません。

むしろ、多少ミスしてもリスクを冒すくらいの怖さが、相手にとっては嫌なもの。

逆にディフェンシブになる部分では、先ほどのドロップショットの場面のように、セオリーに応じたディフェンスが出来るように意識する

こういったメリハリが、アナタの試合を強くしてくれることでしょう。

 

よく考えてみたら、「テニスの基本戦術」についてあまり自信が無い・・・という人も、いるでしょう。

積極的に先輩やコーチ、周りの試合が強い仲間に聞いてみて下さい。

きっとセオリーだけでなく、独自の考えも教えてくれるでしょう。

でももっと大事なのは、「なぜ、その戦術がセオリーなのか」というのを、アナタ自身で考えること。

数学の公式も、中身を理解するから覚えられますよね。

テニスも同じです。

セオリーは理解しなければ、覚えられませんし身体が反応しません。

ぜひこの機会に、じっくり考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

  2. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。…

  3. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  4. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

    皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか?身…

  5. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  6. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

特集記事

  1. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで…
  3. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
PAGE TOP