メンタル

テニスは教わるのではなく、研究せよ

目次

みなさんへ、私からお伝えしたいこと

この5年間、多くの時間をYouTubeの撮影に割いてきました

このブログも更新せず、本当に申し訳ありませんでした

だからこそ、少し溜まった想いをここで書かせてください

テニスを教わろう、習おうと思っているみなさん

ハッキリとお伝えしておきますね、それは危険です

教わったテニスは、身にならない

いや、本当にそうなんですよ

YouTubeで動画を公開して、イベントでもレッスン形式で行っていながら…なんですが

教わるだけだと、テニスは絶対に身になりません

そんなことを言えば詐欺なんじゃないか、と感じる方もいると思いますが

教わるだけでは、テニスは上達しません

これが学生時代の試験勉強だったり、受験に必要な暗記であれば違うんですが

テニスって、競技自体が生き物のようなもの

アナタ自身がコントロールできる範囲って、限られているんですよ

対戦相手が、どんな相手かは分からない

分かったとしても、どんなテニスをするかは確証がない

それが当たり前ですし、それがテニス

そこに対応する技術って、試合の現場でみなさんが感じていることだと思います

「教わったテニス、習ったテニスだけでは通用しない」

と感じることはありませんか?

本当に「腹落ち」してる?

私は、今までたくさんの指導者と生徒の関係を見てきました

長い年月をかけての関係もあれば、イベントレッスンのような「初対面」での関係もあります

その中間で言えば、まさにT-PRESSのような「普段動画では見ているけど、会ってアドバイスをもらうのは初めて」というようなケースもあるでしょう

私がいつも見ているのは、「本当に腹落ちしてるのか?納得しているのか?」という点です

例えば土居コーチのアドバイス、これに反応する人はどうか?

私は、頷いている人の目をしっかり見るようにしています

そうすると、色々なことを感じ取れるんですよね

日本人は、「分かったふり」をする人種です

腹落ちしていなくても、その場で反論する人はいない

でも、私には分かります

その人自身が、「納得していない、理解していない、反論したいけど押し殺した」という表情が

私は、それこそがその人の成長の源泉だと思っています

自分自身でヒントを得て、それを研究するかどうか、なんです

テニスって、ここで大きく分かれ道があります

「言われたことを実践できるように頑張る」というのは、非常に素晴らしい考えです

ですがそれはもう、アナタ自身に委ねられている部分が大きい

「自分で研究し、明日からのテニスに実践していく」ことは、アナタ自身でしかコントロールできないんです

研究こそ、成功体験になる

人から教わったこと、習ったことを実践するのも大変なことです

その能力が長けている人もいます、テニスが上達するのも早いでしょう

でも、でもです

私が伝えたいのは、きっとT-PRESSのみなさんなら、研究ができるはずなんです

自分自身で、落とし所を作る

研究して、自分で自分を納得させる

そうしないと、身体が反応するくらいまでに脳に落とし込めないんですよ

研究して、自分で研究してこそ、成功体験が積める

それこそまさに、アナタ自身の宝であり財産なんです

「教わった」と思っている以上、手柄ってコーチじゃないですか?

そのちょっとした違いが、アナタ自身の弱さになるのがテニスです

T-PRESSは、厳しい試合や大会に身を置く皆さんを応援するメディアです

だからこそ、本気で寄り添いたいし、本音で繋がりたい

テニスは、自分で研究しましょう

それが間違っていても良いんです、自分で研究して発表して、結果を受け入れる

そこからスタートです

大丈夫、最後まで必ずT-PRESSは寄り添います

逆に「ただ教わっているだけ、習っているだけ」の人は…どうでしょう

T-PRESSは合わないかも知れない…ですね

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

    相手も強いし自分の調子も悪い。色々思考錯誤してみたけど、どうに…

  2. メンタル

    一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する

    私たち、プロではない一般の試合を見ていて、感じること。いや、プ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない

    試合の中で、自分で勝手に自分のショットを評価する人。それも、大…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで

    準備、の大切さ。何度も書いて来ましたし、その中で「自分への疑い…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

    全豪オープンもここからが佳境!今日、今まさに錦織選手の試合も始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人
  3. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備して…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です
PAGE TOP