テニス ポジショニング

ボレー

バックボレーの方が、実は簡単です

「とにかく、バックボレーが苦手なんです・・・」

という、みなさん。

それって、本当ですか?

バックボレーが難しくて、テニスが嫌になる、試合なんてもう無理という方も、たくさんいると思います。

でも、私はずっとこのスタンスなんですよね。

みなさんに、少しでもヒントになると、嬉しいです。

 

バックボレーの方が、実は簡単です

 


 

1.みんながそう言っているから、じゃない?

どうでしょう、これってありません?

「バックボレーは難しい」のが、テニス界の常識。

コーチから教わる時も、「難しいですが・・・」というスタンスで、聞かされる。

周りを見ても、難しそうな雰囲気で、打っている。

だから、難しいもの、とバックボレーを決めつけてしまう。

これは、もったいないこと、です。

そしてチャンスでもある!と、私は思うんですよね。

 

2.なぜ、バックボレーの方が簡単?

私の考えは、シンプルです。

なぜ、バックボレーの方が楽か。

それは、ネットプレーの構え自体が、「バックボレーで待っている待ち方」だからです。

例えば、↓のようなフェデラー選手の動画を見てみましょう。

基本のボレーの構え、「バックボレーで使うラケット面」を前にして構えている、と思いませんか?

フォアハンド側で読んで、構えを変えることはありますが、基本はバックボレーで待っている。

このポイント、を押さえると、ネットプレーはすごく楽になる。

バックボレーの方が簡単、と思えますからね。

 

3.動く量が少ない方が、絶対に楽

そもそも、ミスが減ります、ミスの要素が少ないですから。

バックボレーで待っている、バックボレーに来る。

ほとんどラケットを動かさないで打てるから、すごく楽なんです。

私も試合では、身体の正面から少しフォアハンド寄り、までバックボレーで打つ。

リーチ、はフォアより少し短い分、身体に近いボレーはさばきやすいですから、バックボレー。

ぜひ、練習から構えの意識、変えてみて下さい。

自分はバックボレー寄り、なんだと。

 

4.ボレーを打つラケット面、を意識しよう

3.の準備をするにも、この意識が大事です。

ボレー、ストローク、両方ですが、テニスは「使うラケット面」が決まっています。

フォア側ならこっち、バック側ならこっち、のような感じで。

この基本、分かっていても「構えの意識に活かせていない」人、多いんですよね。

ボレーを打つラケット面、まず「バックボレーはどっち?」から、意識してみましょう。

これで、絶対変わります、反応速度。

「こっちがバックボレーのラケット面」と、感じながら、相手に向けて待つ。

絶対に、これだけで変わります!

 

「何だ、そんな基本」と、思った方も多いと思います。

これが大事なんです、本当に。

ネットプレーの構えは、ストロークの構えと微妙に違う。

ストロークの時には、フォアハンドで待って回り込んだりしますからね。

それは、時間があるから。

ネットプレーは反応勝負なので、バックボレーで待つのが基本。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い

    ボレー戦の中で、ボールが浮いて相手のハイボレー。まずい!と思う…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

  5. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?

    試合ですぐに、自分のボレーが浮いてしまう。それが怖くて、なかな…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ファーストボレーまで頑張る、だけで並行陣で勝てるようになるはず
  5. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない
PAGE TOP