テニス ポジショニング

ボレー

バックボレーの方が、実は簡単です

「とにかく、バックボレーが苦手なんです・・・」

という、みなさん。

それって、本当ですか?

バックボレーが難しくて、テニスが嫌になる、試合なんてもう無理という方も、たくさんいると思います。

でも、私はずっとこのスタンスなんですよね。

みなさんに、少しでもヒントになると、嬉しいです。

 

バックボレーの方が、実は簡単です

 


 

1.みんながそう言っているから、じゃない?

どうでしょう、これってありません?

「バックボレーは難しい」のが、テニス界の常識。

コーチから教わる時も、「難しいですが・・・」というスタンスで、聞かされる。

周りを見ても、難しそうな雰囲気で、打っている。

だから、難しいもの、とバックボレーを決めつけてしまう。

これは、もったいないこと、です。

そしてチャンスでもある!と、私は思うんですよね。

 

2.なぜ、バックボレーの方が簡単?

私の考えは、シンプルです。

なぜ、バックボレーの方が楽か。

それは、ネットプレーの構え自体が、「バックボレーで待っている待ち方」だからです。

例えば、↓のようなフェデラー選手の動画を見てみましょう。

基本のボレーの構え、「バックボレーで使うラケット面」を前にして構えている、と思いませんか?

フォアハンド側で読んで、構えを変えることはありますが、基本はバックボレーで待っている。

このポイント、を押さえると、ネットプレーはすごく楽になる。

バックボレーの方が簡単、と思えますからね。

 

3.動く量が少ない方が、絶対に楽

そもそも、ミスが減ります、ミスの要素が少ないですから。

バックボレーで待っている、バックボレーに来る。

ほとんどラケットを動かさないで打てるから、すごく楽なんです。

私も試合では、身体の正面から少しフォアハンド寄り、までバックボレーで打つ。

リーチ、はフォアより少し短い分、身体に近いボレーはさばきやすいですから、バックボレー。

ぜひ、練習から構えの意識、変えてみて下さい。

自分はバックボレー寄り、なんだと。

 

4.ボレーを打つラケット面、を意識しよう

3.の準備をするにも、この意識が大事です。

ボレー、ストローク、両方ですが、テニスは「使うラケット面」が決まっています。

フォア側ならこっち、バック側ならこっち、のような感じで。

この基本、分かっていても「構えの意識に活かせていない」人、多いんですよね。

ボレーを打つラケット面、まず「バックボレーはどっち?」から、意識してみましょう。

これで、絶対変わります、反応速度。

「こっちがバックボレーのラケット面」と、感じながら、相手に向けて待つ。

絶対に、これだけで変わります!

 

「何だ、そんな基本」と、思った方も多いと思います。

これが大事なんです、本当に。

ネットプレーの構えは、ストロークの構えと微妙に違う。

ストロークの時には、フォアハンドで待って回り込んだりしますからね。

それは、時間があるから。

ネットプレーは反応勝負なので、バックボレーで待つのが基本。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを誘える

    遅いボールは打ちやすい?きっとテニスをやっている人は、この答え…

  4. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?

    試合の中で、バックハンドハイボレーを打つ時。ゆっくりした相手の…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

    強いダブルスペアはポーチに積極的で、しっかりポイントに繋げていく。…

  6. ボレー

    低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う

    ボレーが苦手な人の、泣き所と言えばコレ。低い位置でのボレー、ロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雪

    その他

    「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ
  2. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない
  3. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?
  5. 日々の雑記

    自分が良いと思ってやる、それが最善手
PAGE TOP