テニス ボレー

その他

自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよう!

試合中に慌てず、平常心でプレーする為には何が必要なのか。

メンタルが弱い、と自分で自覚のある人はやはり平常心をとかく失いがち。

それは、相手から攻撃されているとき、だけの問題ではありません。

恰好のチャンス、自分たちが予測していたボールが来たときにこそ、この平常心は大事なのです。

 

自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよう!

 


 

1.「チャンスは、決めないと!」と思う時点で、もう違う

「待っていたチャンスが来た!」と歓喜している時点で、もう平常心では無いのかも知れない。

アナタが予測して、その為にポイントメイクをしたのだから、チャンスが来るは言ってみれば当然の結果。

想定通りのボールが来たから、準備していた作戦を遂行するだけ。

そうシンプルに考えるようにすれば、平常心を保てるでしょう。

 

2.「決める」のではなく、「結果的に決まる」のが良いショット

何度もこのサイトで書いてきましたが、自分で決めるショット、という意識は捨てましょう。

自分が攻撃していった結果、決まるのが良いポイント。

平常心を保つ為には、チャンス1回で決まらないことも想定の範囲内にしておくこと。

厳しい攻撃を、淡々と繰り出していくことだけに集中しましょう。

 

3.チャンスよりも、チャンスを引き出すボールに集中しよう

チャンスを引き出すボール、をしっかり自分の中で意識する。

浅いボールを使った前後の揺さぶり、バックハンド狙いを主軸に、しっかりチャンス前に集中力を使いましょう。

そうすれば、意外とチャンスと呼ばれるボールって、平常心で打てるようになります。

逆に予想外の甘いボール、チャンスが来たときって・・・慌ててもったいないミスになったりしますよね。

いつでも、どんなときでも甘いボールは来る可能性がある、ことはしっかり頭に入れておきましょう!

 

チャンスに強いペアって、慌てない。

「この1本!」というところで求められるのは、集中力と平常心。

集中力は、正直経験も必要ですしテニスの実力者には敵わない部分もある。

ですが、平常心を保つトレーニングは、アナタにも出来るはず。

普段の練習から、まずは組み立てに使う集中力から意識していきましょう。

チャンスはもう、そっと決めるだけ、淡々と攻撃していくだけ・・・です。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニスフリークならチェックしておきたい!テニス情報サイトとは?

    最近は、地上波でも放送されるようになったテニス。テレビのニュー…

  2. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

    今はまさに季節に変わり目。少し前まで寒かったと思ったら、20度…

  3. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる

    連休中は縁あって、有明テニスの森公園にいる日が多かった。そこで…

  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  5. テニス ボレー

    その他

    自分のテニスの調子を、ショートラリーから気付けますか?

    毎日の練習、スタート段階から自分の調子を把握する。これが出来る…

  6. その他

    失点した瞬間の態度を、対戦相手は必ず見ている

    思った以上に、見られている。それが、アナタ自身の試合の中での失…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス マナー

    戦術

    テニスの試合でも、調子が悪ければ早めに「選手交代」してしまおう
  2. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに
  3. ダブルス

    意志は大胆な行動で、見せる
  4. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになってい…
  5. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?
PAGE TOP