テニス ボレー

その他

自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよう!

試合中に慌てず、平常心でプレーする為には何が必要なのか。

メンタルが弱い、と自分で自覚のある人はやはり平常心をとかく失いがち。

それは、相手から攻撃されているとき、だけの問題ではありません。

恰好のチャンス、自分たちが予測していたボールが来たときにこそ、この平常心は大事なのです。

 

自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよう!

 


 

1.「チャンスは、決めないと!」と思う時点で、もう違う

「待っていたチャンスが来た!」と歓喜している時点で、もう平常心では無いのかも知れない。

アナタが予測して、その為にポイントメイクをしたのだから、チャンスが来るは言ってみれば当然の結果。

想定通りのボールが来たから、準備していた作戦を遂行するだけ。

そうシンプルに考えるようにすれば、平常心を保てるでしょう。

 

2.「決める」のではなく、「結果的に決まる」のが良いショット

何度もこのサイトで書いてきましたが、自分で決めるショット、という意識は捨てましょう。

自分が攻撃していった結果、決まるのが良いポイント。

平常心を保つ為には、チャンス1回で決まらないことも想定の範囲内にしておくこと。

厳しい攻撃を、淡々と繰り出していくことだけに集中しましょう。

 

3.チャンスよりも、チャンスを引き出すボールに集中しよう

チャンスを引き出すボール、をしっかり自分の中で意識する。

浅いボールを使った前後の揺さぶり、バックハンド狙いを主軸に、しっかりチャンス前に集中力を使いましょう。

そうすれば、意外とチャンスと呼ばれるボールって、平常心で打てるようになります。

逆に予想外の甘いボール、チャンスが来たときって・・・慌ててもったいないミスになったりしますよね。

いつでも、どんなときでも甘いボールは来る可能性がある、ことはしっかり頭に入れておきましょう!

 

チャンスに強いペアって、慌てない。

「この1本!」というところで求められるのは、集中力と平常心。

集中力は、正直経験も必要ですしテニスの実力者には敵わない部分もある。

ですが、平常心を保つトレーニングは、アナタにも出来るはず。

普段の練習から、まずは組み立てに使う集中力から意識していきましょう。

チャンスはもう、そっと決めるだけ、淡々と攻撃していくだけ・・・です。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  2. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  3. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

  4. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた

    テニスの試合に出場するときに、会場に到着したらまず何を行いますか?…

  6. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
  2. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い
  3. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!…
  5. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません
PAGE TOP