戦術

実力で勝負、その実力とは?

テニスの試合で、必要な実力。

それは、言い出せば、書き出せば、キリが無いでしょう。

それに、私以外のたくさんの方の意見もあるはず。

正解は無い、だけど改めて私自身の考え方、スタンスを書いておきたいと思います。

テニスの試合、初対面の相手も多い。

であれば、これが基本じゃないでしょうか。

 
 

全ては勘違い、で終わる

実際の試合、こうだと思います。

試合が始まって、色々観察しようとするけど、よく分からない・・・。

よく分からないままに始まり、よく分からないままに、終わる。

1セットマッチなら、こういう試合が7割じゃないでしょうか。

結局、結果的には「勘違い」したままに試合が終わる。

私は、この「勘違い」をどう自分の味方にして利用するか、だと思います。



「お前、よくあの人に勝ったな・・・」という、褒め言葉

私が高校時代、先輩に言われてすごく印象に残っていること。

高校の頃練習試合で他校に行って何度か試合をした後に、最後は一緒に少しだけ練習する、という時間がありました。

そこで、私の先輩と、私が試合でギリギリ勝った相手とラリーしたときに、言われました。

「あの人に、本当に勝ったの??」と。

確かに、自分でもそう思った記憶があります。

どう見ても、相手の方が強いし上手い、経験豊富。

でも、当時の私は「なんちゃってサーブ&ボレー」でシングルスの試合も、誤魔化しながら勝っていくスタイルでした。

それがはまって、たまたま勝ったようなもの。

でも、「勘違いさせる力」は上手く働いていたと、今でも自負しています。



勘違いさせる力こそ、実力

だと、私は思います。

こういう内容の記事を書くと、「また邪道なテニスを・・・」と、お叱りを頂くかも知れませんが。

本当の実力って、結局は相手にどう思われるか、恐れられるか。

試合が終わってみて、「なんだ、大したこと無かったんじゃないか・・・」というのは、最高の褒め言葉です。

もし仮に、本当に凄い実力を持っていても、その対策をバッチリされたらなかなか勝てない。

いや、本当に凄いショットを持っていたら、話は別ですよ。

でも、テニスの試合はほぼ実力が近い感じの相手、な訳じゃないですか。

その大前提で、いかに相手を勘違いさせていくか。

そこに、試合の上手い、下手があると私は思っています。

   

自分で勘違い、してみない?

今日は1月1日。

どうでしょう、まず自分で自分を勘違い、してみませんか?

良い意味で、自分を勘違いしてみること、もテニスの試合では大事な要素。

そうじゃないと、相手を勘違いさせることも難しいですよ。

もちろん、客観的な視点は持ちつつ、バランスを取って。

相手を勘違いさせるために、堂々と、ハッタリをかますくらいの試合前の意識、でちょうど良いでしょう。



「でも、それって実力なの・・・?」と思いますか?

色々な考え方、があって良いと思います。

でも、これだけは言えるでしょう。

誰が何と言おうと、「コート上で、どんなテニスをしたのか」がアナタ自身の実力。

それだけは、常に意識したいですね。

今年も一年、みなさんと一緒に私もサイト更新、動画作成、そして自分のテニスを頑張っていきます!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    プレーに波がある人は、「上の部分」をコントロールしていこう

    試合中に良いとき、悪いときがハッキリしている人。なかなか試合で…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある

    不思議なもので、あるんですよ。どんなに練習しても、練習しても…

  3. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  4. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

    みなさんも、「忘れられない勝利」の試合ってあると思います。勝ち…

  5. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

  6. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    今日でしか書けないこと、感じたこと
  2. その他

    【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 12/5(木)にて実施します…
  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  4. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように
  5. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく…
PAGE TOP