テニス スライス

戦術

スピン禁止、さぁどうする?

私は、練習でこのシチュエーションで試合をしてました。

最初は先輩からの提案で、「なんかやりにくいし、嫌だなぁ・・・」と思いながらやってたんですけど。

気が付けば、スライス使いになれたのもこの原点となる練習試合があったからだと感じています。

スピン禁止、アナタならどう戦いますか?

 

スピン禁止、さぁどうする?

 


 

1.フラットか、スライスか

実際は、この2種類の中でもスライスが主体になる。

良いスライスとフラット気味のショットって、ほぼ同じような打感ですからね。

スライスだけで、どう戦えるのか、を試してみる。

スピンが一切使えない、サーブでもリターンでも、です。

アナタなら、どう戦いますか?

このルールで試合をしてみると、自分の特性もよく分かると思いますよ。

 

2.スライスでストローク攻撃、難しい!

まず困るのは、ストロークで強打出来ないということ。

これにいかに頼っていたのか、に気付くはずです。

スピンならしっかりラケットを振って、相手を押し込んでいけるのに・・・スライスなら、球速は出辛い。

相手からエースを取るようなストロークは、なかなか難しいと思います。

でも、それはコートを横にしか使えていなかった、ということ。

縦に使う、相手と自分が前後に動くという視点があれば、スライスでも充分に戦えます。

 

3.ネットプレーに、いかに使えるかということ

これが分かるでしょう、スライス限定で試合をすると。

自分が前に出るのにも、ボレーにも、スマッシュにも。

スライスはすごく使えるし、便利でミスも少なくなる。

ネットプレーが苦手な人も、「全部スライスで良いんだ」と思えると、逆にやりやすいですよ。

スライス限定のルールで試合をするなら、ネットプレーは必須。

だって、相手もスピンのパッシングショットは打てない訳ですから。

本当にこれは、良い練習になります。

 

4.意識しないと使わない、伸びないのがスライス

私自身、もっと学生時代から使っておけば良かった・・・。

そう思える日々、です。

速いボールを求めるばかりで、全部が直球勝負。

それでは、相手も慣れるし安定感も無い。

スライスって、なかなか練習でも使う機会少ないと思うんです。

特に学生のみなさんは、ですね。

「スピン禁止で、試合をしてみる」だけで、意識は変わりますよ。

深く考えず、遊び感覚でぜひやってみて下さい。

 

最初から良い当たり、回転、出来なくてOK。

スライスしか使えない状態でこそ、人は本気で考えて、上達出来ます。

自分の今のスピン系のショットを活かすためにも、スライスは必要。

そのための練習、意識改革の場が必要でしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている

    テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。これには、まず考え方か…

  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  3. 戦術

    「自分と試合やるの、やだろうな」

    と、いかに相手に思ってもらうかどうか。自分自身にも、暗示をか…

  4. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

  5. 戦術

    戦いの前には、やることを絞る

    試合の前に、みなさんはどんな準備をしていますか?練習してきた…

  6. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと
  2. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単
  5. フットワーク

    前衛の縦の動きは、相手にバレにくい
PAGE TOP