テニス サーブ

ストローク

普段のテニスの練習の中で、「スライス限定ラリー」を行うことでコートを前後に扱う感覚が養われます

スライスに自信がある人、どのくらいいるだろうか?

特に学生の頃は、自分自身そんなに意識して練習することが無かったけど、今改めて思い出すとすごく勿体無い。

応用が利くこのスライスショット、無理やりにでも覚えておけば、試合で必ずアナタを助けてくれる技術になります。

 

普段のテニスの練習の中で、「スライス限定ラリー」を行うことでコートを前後に扱う感覚が養われます

 


 

■同じ構えから、深いアプローチと浅いドロップショット

テニスコートを前後に使う必要性はこのサイトでも書いてきましたが、それもスライスの技術が求められます。

フォアハンド、バックハンドともに、スライスの構えから深さに変化を付けられると、相手からしたらたまったもんじゃないですよね。

特にバックハンドでアプローチショットとドロップショットの組み合わせが出来ると便利。

その為には、普段の練習、ショートラリーからスライス限定で縛ってラリーしてみること。

そうすることで、回転のかかったボールに低く入る構えも自然と身に付くでしょう。

 

■ボールの速さは要らない

スライスでは実際、遅さも大きな武器になります。

滞空時間を稼げればテニスでは守備位置に戻り、態勢を立て直すことができて便利。

速いスライスは逆にリスクも高く、あまりお勧めできません。

 

■速い構えで、相手に「タメ」を見せ付けることが大事

スライスショットのコースの打ち分けも、しっかり練習しておきたい。

例えばダブルスのゲーム形式を、スライスに限定して行ってみると・・・もしかすると、ストレートロブが増えるかも知れませんね。

ポーチに出られやすくなりますので、それを回避するにはロブが必要。

その時に必要なのが、速いテイクバックを相手に見せ付けて、「どこでも打てますよ、どうしますか?」というメッセージを送ること。

これも練習メニューでスライス限定に縛ることで、チームの中で自然に身に付いていく技術なのです。

 

技術の習得には、思い切った練習の変化も大事。

ボレーを覚えたければ、思い切って練習から「サーブ&ボレー」にトライしてみる。

多少ポイントを落としたり、格下相手に負けたりしてもそれは我慢。

スライスも同じです。

トップスピンに慣れている、得意な人ほど、自分の殻を破るきっかけにしてもらいたい。

是非一度、ショートラリーからスライス限定!にしてチームで取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  2. テニス スライス

    ストローク

    ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?

    試合が始まってみて、やりにくい相手。色々あると思いますが、リズ…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  5. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

  6. テニス 戦術

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
  3. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに
  4. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識してい…
PAGE TOP