戦術

相手がどうリアクションしてくるのか、想定しよう

今年こそ、テニスで結果を出したい。

そう考えているみなさんは、まずこの基本に立ち戻りましょう。

テニスの試合、適度な予測が当たり続けると、調子も上がって来る。

そのためには、アナタ自身のショットにどう相手が反応してくるのか。

ここを、しっかり想定していくのが基本です。

 
 

当たり前のこと、はインパクトが弱い

アナタ自身、試合をしていて感じるはず。

普通の相手、当たり前のようなテニスって、怖く無いですよね。

どんどん打って来る学生、粘り強いだけの女子ダブルス、これはもう想定済。

こういう「普通」の人って、相手のリアクションを見ていないし考えていない。

自分がやりたいテニス、打ちやすいショットを打っているだけですから。

アナタ自身、こうならないようにしっかり意識しないと。

当たり前のことをしていても、インパクトは弱い。

だから、まずは相手に刺激を与えてみることが大事なんです。



普通じゃない、刺激を与えてみる

試合の中で、まずは相手を刺激してみる。

ポーチに動いたり、ストレートに打ったりしてプレッシャーを与えてみる。

そこで、相手はどう反応してくるのか、をイメージしてみましょう。

ダブルス慣れしていない学生なら集中力を乱す可能性は高いし、粘るだけの女性ならより粘ろうとして下がって来るかも知れない。

このイメージが湧けば、その対策も取れますよね。

普通じゃない刺激、を相手に与えてみることから全てが始まる。

試合って、序盤に相手にリアクションを想定出来ると楽ですよ。



経験を積めば、想定力が上がる

だんだん慣れて来ると、分かって来るんです。

「この相手なら、こうやればきっと、こう反応して来るな・・・」と。

違うこともありますが、それもまた良い経験。

自分主体で試す、予測する、確認するを試合の中でルーティーンに出来ているかどうか、が大事です。

刺激を与えれば、人って必ず「その人らしさ」が出るもの。

テニスは、そこからが勝負、です!

   

人間相手なら、テニスは勝てる!

強い人って、人間っぽくない。

全然弱みを見せない、冷徹そうに見えませんか?

そう見えているうちは、勝てないでしょう。

刺激を与えて、こちらも想定して待っておく。

そこで少しでも、予測が当たると自信になるんですよね。

「あ、この人も人間じゃないか」と、本気で想えたら勝負出来る。

大げさな話でも何でもなく、試合って、「この人も自分も同じ人間だな」と思えたら勝てる。

そのためにも、相手のリアクションを想定するって大事なんです。



小さい刺激を与える武器、を用意しておく。

これは、アナタ自身が試合を楽に進めていく為に必要なこと、です。

日常生活でも、そうじゃないですか。

会話しながら、相手が何に反応するのか試す、想定する。

試合でも、一緒です。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の…

  2. 戦術

    試合でプレッシャーを、小さくする方法

    テニスの試合の中で、相手のプレッシャーが凄い。これは、強い相…

  3. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方について

    今回はご質問があった、このテーマについて。実は私も、この問題・…

  4. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

  5. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

  6. 戦術

    足し算から、引き算へ

    テニス歴が、長いみなさんへ。色々なことを経験し、吸収して来た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
  3. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事
  4. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに
PAGE TOP