戦術

相手がどうリアクションしてくるのか、想定しよう

目次

今年こそ、テニスで結果を出したい。

そう考えているみなさんは、まずこの基本に立ち戻りましょう。

テニスの試合、適度な予測が当たり続けると、調子も上がって来る。

そのためには、アナタ自身のショットにどう相手が反応してくるのか。

ここを、しっかり想定していくのが基本です。

 
 

当たり前のこと、はインパクトが弱い

アナタ自身、試合をしていて感じるはず。

普通の相手、当たり前のようなテニスって、怖く無いですよね。

どんどん打って来る学生、粘り強いだけの女子ダブルス、これはもう想定済。

こういう「普通」の人って、相手のリアクションを見ていないし考えていない。

自分がやりたいテニス、打ちやすいショットを打っているだけですから。

アナタ自身、こうならないようにしっかり意識しないと。

当たり前のことをしていても、インパクトは弱い。

だから、まずは相手に刺激を与えてみることが大事なんです。



普通じゃない、刺激を与えてみる

試合の中で、まずは相手を刺激してみる。

ポーチに動いたり、ストレートに打ったりしてプレッシャーを与えてみる。

そこで、相手はどう反応してくるのか、をイメージしてみましょう。

ダブルス慣れしていない学生なら集中力を乱す可能性は高いし、粘るだけの女性ならより粘ろうとして下がって来るかも知れない。

このイメージが湧けば、その対策も取れますよね。

普通じゃない刺激、を相手に与えてみることから全てが始まる。

試合って、序盤に相手にリアクションを想定出来ると楽ですよ。



経験を積めば、想定力が上がる

だんだん慣れて来ると、分かって来るんです。

「この相手なら、こうやればきっと、こう反応して来るな・・・」と。

違うこともありますが、それもまた良い経験。

自分主体で試す、予測する、確認するを試合の中でルーティーンに出来ているかどうか、が大事です。

刺激を与えれば、人って必ず「その人らしさ」が出るもの。

テニスは、そこからが勝負、です!

   

人間相手なら、テニスは勝てる!

強い人って、人間っぽくない。

全然弱みを見せない、冷徹そうに見えませんか?

そう見えているうちは、勝てないでしょう。

刺激を与えて、こちらも想定して待っておく。

そこで少しでも、予測が当たると自信になるんですよね。

「あ、この人も人間じゃないか」と、本気で想えたら勝負出来る。

大げさな話でも何でもなく、試合って、「この人も自分も同じ人間だな」と思えたら勝てる。

そのためにも、相手のリアクションを想定するって大事なんです。



小さい刺激を与える武器、を用意しておく。

これは、アナタ自身が試合を楽に進めていく為に必要なこと、です。

日常生活でも、そうじゃないですか。

会話しながら、相手が何に反応するのか試す、想定する。

試合でも、一緒です。

ピックアップ記事

  1. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

    テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?強打とタッチプレー、…

  2. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

  3. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ

    自分の実力を、正確に把握するということ。これは、テニスでは実に…

  4. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる

    「相手の調子が良かったから、負けました」「自分の調子が悪かった…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合では、「どこに打ちたいか」よりも、「どこに打てるか」で考えないと

    試合では、やっぱり現実的に戦うこと。これが出来る人が、コンスタ…

  6. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう
  2. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
  3. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
PAGE TOP