テニス 雨

戦術

テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ

これから梅雨の時期。

テニスの試合会場では、必ず雨で待機・・・という試合が増えていくでしょう。

プロ選手の試合でも、中断をはさんで別人のように蘇る選手もいれば、崩れていく選手もいる。

その差って・・・何でしょうか?

考えて準備出来ること、はあるはずです。

 

テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ

 


 

1.大会ルールの確認

意外と見落とされがちですが、大事です。

まず、再開後にウォーミングアップは出来るのか?いきなり本番から再開、なのか。

ルール上では中断時間に応じて正式なアップ時間は決められていますが、ローカルールやそのときの試合の進行状況によって変わるはず。

事前に自分で大会本部でチェック、の癖を付けましょう。

 

2.コート移動の有無

試合の再開が、雨が降る前の同じコートとは限らない。

いつの間にかコート移動が張り出されていて、気付いたときには棄権扱い・・・なんて選手、ざらにいます。

試合会場の中でのコート移動はもちろん、しっかり掲示物と連絡経路を確認しておきましょう。

人任せ、にしていては絶対にダメです。

 

3.着替えの準備

雨の中での試合を終えたなら、すぐに着替えること。

「またすぐ、小雨の中で再開するかも・・・」と思って待っている間に、風邪を引いてしまう選手を何人も観て来ました。

勝ち上がりたいなら、明日も明後日も、きっと試合がある。

当日のことだけしか考えられない選手は、いつまで経ってもトーナメントを勝ち上がりません。

 

4.ポイントパターンの整理

試合が中断する前まで、どんな試合をしていたのか。

これは、確実に整理しておきましょう。

近くで観戦していた仲間がいれば、客観的な情報をもらうこと。

「お前のフォア、良かったよ!」とかじゃなく、「フォアハンドのダウンザラインは2本しか打ってない、相手はバックハンド側に寄っている」という情報を、得ておく。

アナタ自身、雨で中断した仲間にこういう情報を与えてあげることの出来る、選手になりましょう。

 

雨での中断、得意!と言えるように。

そうなれば、雨が降って来ても、降りそうな天気でも、一定のメンタルで試合を継続出来るはず。

うろたえている人は・・・もう、天候に左右されて勝ち目が無い。

ちょっとした意識、準備で違うと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

    テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。こ同じような競技は…

  2. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

  3. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと

    テニスついて考えて、試合で勝つ為にプレーする。出来そうで出来な…

  5. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ

    攻撃力をアップして、試合に勝ちたい。そう考えている方、ペアの…

  6. 戦術

    上手い下手、強い弱いなんて簡単には分からない

    つい、私たちはすぐに判断してしまいがち。試合で対戦する相手、…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  2. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に
  3. メンタル

    リードしている側が苦しい、のがテニスの試合です
  4. リターン

    相手に差を見せる、ことがリターンゲームでは大事
  5. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
PAGE TOP