サーブ

西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

目次

昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。

ですがそんな中で、中国から嬉しいニュースが届きましたね。

深センオープンを予選から勝ち上がった西岡選手が、見事優勝!

日本人男子としては史上5人目の快挙、となりました。

私もLIVE配信で見てましたが、西岡選手はもちろん、対戦相手のエルベ―ル選手も凄かった。

シングルスの戦いにおいて、すごく勉強になった試合でした。

 

西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

 


 

1.エルベ―ル選手とは?

あまり聞かない名前、ですよね。

ですが、ダブルス好きな方はご存知なはず。

2015年、16年と全米オープン、ウィンブルドンと男子ダブルスで優勝し、フランステニス界の屋台骨を支える選手。

シングルスのランキングはそこまで高くないのですが、言わずと知れたダブルスの名手です。

どんな試合をするのかすごく楽しみだったんですが、やはり・・・上手くサーブ&ボレー、を取り入れてましたね。

最近ではあまり見ないスタイルですが、ダブルスでプレーしている方ならシングルスでも使える作戦。

本当に見応えがある試合、でした。

 

2.下がる西岡選手と、ネットに出るエルベ―ル選手

ダブルス巧者というだけあって、サーブのコントロールが良い。

身体の線は細いですが、しっかり膝を使って高いトスに回転をかけるサーブ、そこからのネットプレー。

西岡選手も下がって応戦してましたが、結構苦しんでましたね。

下がってのリターン、からですと、「当たり損ないのような、ファーストボレー」が触れない。

テニス界屈指の脚力を誇る西岡選手でも、ノットアップになってしまうシーンが何度かありました。

これは、私たちのテニスでも非常に使えます。

パッシングショットが得意な相手を、ベースライン上で左右に走らせてもダメ。

追い付いて抜かれるのがオチでしょう。

 

3.丁寧なグランドスマッシュ、も参考になる!

2.のように西岡選手を走らせて、最後はチャンスを引き出す。

やっと届いたスライスでロブ、高い軌道でフワッと上がるボール、決めるの難しいじゃないですか。

それも、エルベ―ル選手は非常に落ち着いた処理、で対応していたのが印象的でした。

落としてグランドスマッシュ、簡単そうで試合では難しい。

何せ、相手の西岡選手は下がって反撃のチャンスを伺ってますからね。

左右両方に打てる構えを作って、ギリギリまでコースを隠す。

これ、なかなか出来ないんですよ、シングルスの試合で。

プロ選手の、地味ですけどシンプルで参考にしたいショット、それがグランドスマッシュです。

 

4.でも最後はやはり、ミスが少ない西岡選手が強かった

ストローク戦では、やはり強いですね。

ミスが少ない、打ち合いの中で仕掛けないでもポイントが取れるのは西岡選手の凄いところ。

対戦相手に無理をさせて、ふとしたポイントでは急に自分から打ちにいく。

これ、レベルはさておき私たちのシングルスの試合でも使えるテクニック。

基本は粘り、だけど要所で打っていく。

このリズムが取れる人は、シングルスの試合でメリハリを付けることが出来ますから、相手も嫌。

西岡選手、やはり勝負センス抜群です。

ファイナルセットに入っても、負ける気はしなかったと思いますよ。

それくらい、どこか余裕を感じるような試合運びでした。

 

以前にも書きましたが、「仲間が結果を出せば、引き上げられる」のがテニスです。

杉田選手、ダニエル選手がATP大会で優勝して、それが西岡選手の自信になったことは間違いないでしょう。

次は、私たちの番ですね。

秋の試合シーズン、仲間を引っ張っていくくらいの結果、出してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

    サーブを強くして、キープ率を上げたい。そう考える人は、多いはず…

  2. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

  3. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  5. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの有効性

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず
  2. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要…
  3. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない
  4. 水分補給

    全豪オープンを観て感じる、痙攣の恐怖と対戦相手の難しさ
  5. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは…
PAGE TOP